Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

DATE : 2008年10月26日(sun)


会場:サーファーズ・パラダイス市街地コース

天候:快晴

気温:24〜26℃

全長:2.795マイル


2008年シーズンの開催前にチャンプカー・シリーズを併合したIRL IndyCarシリーズは、チャンプカーのオーストラリアでのイベントを受け入れることとなり、初めての南半球遠征を果たした。ただし、今大会はノン・チャンピオンシップのエキシビションとなる。レースはクイーンズランド州のリゾート地、ゴールドコーストのサーファーズ・パラダイスで行われた。

ホテルとコンドミニアムのビルが林立する海岸前のダウンタウンに設定されるストリートサーキットは、全長が2.795マイル(約4.5キロ)と長く、フロントとバックの2本のストレートにはチャレンジングなシケインが設けられている。

決勝日は朝からすばらしい快晴に恵まれた。地元ドライバーたちの予選での活躍も手伝ってか、ストリートサーキットには多くの観客が押し寄せ、24台のマシンは大観衆の前でスタートを切った。高速ストリートサーキットでのレースでは、序盤にパワーがトップを快走したが、17周目に単独アクシデントを起こしてリタイア。そこからは、予選3番手から2位へと順位を上げたブリスコーと、逆に3位へと順位を下げたディクソンによる優勝争いが展開された。

武藤は、スタート直後の混乱に巻き込まれて19位まで順位を大きく落としたが、1台ずつ着実にパスしてポジションをばん回していった。1回目のピットストップを行ったタイミングがよかった上、武藤のラップタイムが終盤には上位陣と大差のないレベルにまで向上。燃費も狙い通りの数字を実現したことで、武藤はスタート時より8つ上の8位でゴールした。


武藤コメント

昨日までとは違うセッティングを投入し、それがいい結果をもたらしたと思います。レースでのマシンは、グリップが全体的に高くなっていましたし、フロントが昨日までよりも思い通りの向きに向いてくれるようになっていました。金曜日には4秒ほどもあったトップとの差が、レースの後半には1秒にまで縮まっていました。もちろん、まだ1秒あるわけですから、十分ではないのですが、今回のレースを戦ったことで僕らはストリートコース用のセッティングで大きな進歩を遂げられました。来シーズンに向けて、これは大きな成果だったと思います。