武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

HIDEKI'S BLOG

blog archives

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • ‘RACE-2011’ カテゴリーのアーカイブ

    Round08 ツインリンクもてぎ決勝

    2011年10月16日 日曜日

    タイヤ無交換で精一杯戦った

    午前のフリー走行はウェットで決勝で想定していないタイヤで走行を行ったため順位は悪かったが、バランス良く仕上げる事が出来た。
    決勝のスタートは小林が担当。スタート直後に前車がスピン、他車と接触していたところに危うくぶつかるところだった。接触を避ける為に一時停止してしまい前との差が開いてしまったが、マシンにダメージは無く13番手の位置で走行を続けた。最初は燃料が重くペースを上げられなかった小林だったが、燃料が軽くなるにつれ順位を上げていった。前車のピットインもあり暫定順位が1位になった32周目でルーティンのピットインを行った。小林は自分のスティントでタイヤを無交換で行ける感触を得ていたので、無線でタイヤ無交換作戦を訴えた。武藤はタイヤを交換せず、コースに9番手で復帰した。
    武藤は速く、そして安定したペースで周回を重ねた。終盤はやはりタイヤのグリップを保って走るのが難しくなってきていたが、ペースを落とさず走行を続けていた。しかし、コントロールが難しくなってきていたため、2度の接触をしてしまい、ペナルティを受けてしまい、11位でチェッカーを受けたものの最終順位は13位となった。
    今年、武藤は4年ぶりのGTで、小林は今年デビューした新人という新しい組み合わせで戦ってきた。経験が少ないドライバーの組み合わせで戦った事を考えると、非常に内容の濃いシーズンを送れたと思っている。これも応援して下さったファンの方々と、ご支援下さった協賛企業各社様のお陰です。深く御礼申し上げます。


    武藤英紀のコメント

    「タイヤ無交換の作戦は良かったと思います。でも、終盤コントロールするのが難しくなってきて、順位を落としてしまいました。序盤は順位を上げる事が出来て、ポイントを獲得出来ると思っていたので、残念です。今年1年ありがとうございました。」


    (ARTA Project プレスリリース)

    Round08 ツインリンクもてぎ予選

    2011年10月15日 土曜日

    午前のフリー走行はウェット、チームは8月に行われたタイヤテストのデータをもとに入念にセットアップを進めた。走り出しは雨が強く、最初にドライブした小林もスピンを喫してしまった。しかし、徐々に雨は弱くなり、セッション終盤は浅溝タイヤに履き替えタイムを上げた。順位は14位でセッションを終えたが、予選ではタイムアップを望める手応えはあった。
    今回の予選はノックアウト方式。Q1のアタッカーは小林崇志。チームは硬めのタイヤをチョイスしたので、コースインから入念にタイヤを暖めて、早めにアタックするようドライバーに指示を出した。小林は果敢にアタックを開始したが、5コーナーでスピンをしてしまった。コースに復帰して再度アタックは出来たものの、タイムを縮める事は出来ず14位で予選を終えた。


    武藤英紀のコメント

    「なかなか上手く走る事が出来ませんでした。明日に向けてチームとミーティングして、良い結果を出せるように準備したいと思います。」


    (ARTA Project プレスリリース)

    Round07 オートポリス決勝

    2011年10月2日 日曜日

    午前のフリー走行はいつものように決勝のセットを確認しながらの走行となった。感触は悪くなかったが、午後の気温変化だけが不安要素だった。
    スタートは武藤が担当した。武藤は4番グリッドという好位置から、スタートでポジションアップを狙っていた。しかし、逆に2台に抜かれ6番手で1周目を終えた。その後はポジションをキープしながらの走行となった。オートポリスはタイヤに厳しいサーキットなので、タイヤを労わりながら戦う事が強いられたが、接近戦でタイヤを消耗してしまい徐々に順位を落としてしまう。18周目には14位までポジションを落としてしまうが、19周目にピットインした時は12位までポジションを上げていた。小林に交代し、フレッシュタイヤを履いて13位でコースに復帰。小林は非常に良いペースで周回を重ねるが前後との間隔が開いてしまい単独走行が続いた。終盤は各車タイヤのグリップダウンに悩まされ、数台のマシンがピットインしてタイヤ交換を行ったが、小林は最後まで粘り12位でレースを終えた。


    武藤英紀のコメント

    「悔しいです。今季最高位からのスタートだったので、なんとか順位を上げようと思いましたが、逆に抜かれてしまいました。接戦でタイヤを酷使しすぎたためか、途中からペースが落ちてしまい何も出来ませんでした。非常に難しいレースを経験出来た事は収穫ですが、フラストレーションが貯まるレースだったので、最終戦は良いところを上手くつないでスカッとしたいです。」


    (ARTA Project プレスリリース)

    Round07 オートポリス予選

    2011年10月1日 土曜日

    ここオートポリスでのSUPER GTの開催は2年ぶり。開催にご尽力頂いた関係者の皆さまと、何よりファンの方々に感謝申し上げます。

    ホンダ陣営にとってオートポリスでのHSV-010の走行は初めてとなる。当然ARTAもテストも行っておらず、最初は手探りの走行となった。また、ドライバーの小林はフォーミュラで走行経験はあるものの、武藤は5年ぶりの走行でコースに慣れる時間が必要と考えていたが、彼らの適応は非常に早く、朝のフリー走行では安定しない路面コンディションの中、4位で走行を終える事が出来た。
    予選1回目は午前の走行より順位を落としたものの、小林は9位でスーパーラップ進出を決める。チームはスーパーラップに向けてセットの微調整を行い、再び小林のアタックで挑んだ。小林は安定した走りでポジションを5つ上げ、今季最高位である4位を得た。


    武藤英紀のコメント

    「小林が凄く頑張ってくれて、今季最高位のグリッドを得る事が出来ました。明日はどちらのスティントを担当するかまだ決まっていませんが、良いレースをして結果を出したいです。」


    (ARTA Project プレスリリース)

    Round06 富士スピードウェイ決勝

    2011年9月11日 日曜日

    <マシン良くも、ECUトラブル>

    午前の走行は雨が降り始めたためウェットタイヤのスクラブと、適正なウェットタイヤの選択のみ行い、コンディションが不安定だったため、マシンのセットアップを進める事は出来なかった。
    スタートドライバーは武藤。スタートでポジションアップを狙っていた武藤だったが、周りのスタートも良くポジションキープとなった。順調に周回を重ねていった武藤は14周目前車を攻略し5位にポジションを上げた。しかし、その周のAコーナーで突然のコースアウト。武藤はステアリングが切れない状態でAコーナーを真っ直ぐ行ってしまった。幸いにもマシンはクラッシュせず、コースに復帰する事が出来たが、ステアリングが切れない状態が続きヘアピンコーナーでマシンを止めた。パワーステアリングのスイッチを切り、なんとかピットまで戻る事が出来た。ECUを交換したが、まだ症状が収まらず再度交換して症状が直った。その後の武藤のペースは非常に良かったが、この時既に4周遅れになってしまい勝負権を失ってしまった。小林に交代した後もペースが良かったので、パワーステアリングのトラブルは非常に悔やまれる結果となった。


    武藤英紀のコメント

    「久々に前からのスタートだったので、スタートで前車を抜けるように意気込んでいきましたが、抜く事は出来ませんでした。しかし、バランスは良く、14周目に5位に上がる事が出来ましたが、その直後のAコーナーで突然右にステアリングを持っていかれてコースアウトしてしまいました。その後は直ったかと思ったら、急に重くなったので、コース脇にマシンを止めました。ピットからの指示で、パワーステアリングのスイッチを入れ直してなんとかピットに戻る事が出来ました。ECUを2度交換してコースに復帰しましたが、既に周回遅れになっていました。その後のペースが良かっただけに非常に残念なトラブルでした。でもマシンを壊さずコースに復帰出来て良かったです。僕たちのマシンはスピードもあるし、決勝でもバランスが良いので、次回は結果につなげたいです。」


    (ARTA Project プレスリリース)

    Round06 富士スピードウェイ予選

    2011年9月10日 土曜日

    <今期ベスト、小林初のSL6位>
    午前の公式練習は小林崇志をメインにセットアップを進めた。鈴鹿でのペナルティポイントにより、武藤は公式練習の最初の1時間は走行が出来なかったためだ。小林は午前中にチョイスしたタイヤをうまく使い切れず、セットアップに悩んでいた。スーパーラップ進出も危ぶまれたが、予選1回目までにマシンのセットを変更し、ようやくバランスの良いマシンが出来上がった。9位で1回目の予選を終え、スーパーラップ進出を果たした。
    スーパーラップのアタッカーは小林崇志。初めてスーパーラップを担当する小林は、アタック時に点灯しなくてはならないヘッドライトの確認をしながら慎重にアタックに入っていった。予選1回目からさらにセットをアジャストして挑んだ小林は1分35秒315のタイムを出し、6位まで順位を上げる事に成功した。



    武藤英紀のコメント
    「予選はウェイトが軽かったので、それに見合った順位だと思います。明日は久しぶりに良いポジションからスタート出来るので、上位に入れるように頑張ります。」


    (ARTA Project プレスリリース)

    Round05 鈴鹿サーキット決勝

    2011年8月21日 日曜日

    午前のフリー走行前に行われたサポートレースは、豪雨のため赤旗中断になった。フリー走行が時間通り行われるか心配だったが、セッション前に雨は止んだ。決勝は雨の予報。ウェットコンディションで決勝のセットを進めながらの走行となったが、マシンのバランスは良く7位でセッションを終えた。特にユーズドタイヤでのバランスが良く、決勝でのポジションアップが期待された。
    今回は500kmという長丁場のレース。ルーティンのピットインは2回あり、スタートドライバーは武藤が担当する事になった。
    スタート前は雨が降っていたが、雨は小ぶりになりスタートが切られた。武藤は無事スタートし、ポジションをキープしたまま1周目を終えた。他車のピットインもあり、中盤までに10位までポジションアップ。9位にポジションを上げた21周目にルーティンのピットイン。ここで小林に交代。しかし、武藤のスティントで300クラスのマシンとの接触があり、ドライブスルーペナルティーを受けてしまう。しかし、小林は慎重な走りで前を追走し、ポジションを9位まで挽回したところで、他車のクラッシュがあり、セーフティーカーが入った。46周目に再スタートを切り、ハイペースで走る小林は54周目に7位までポジションを上げ、55周目に武藤にバトンタッチ。武藤は10位でコースに復帰し、8位までポジションを上げる事に成功したが、雨が止み徐々に路面が乾き始め、レインタイヤを装着しているマシンをコントロールするのが難しくなってきた。前車を抜けそうな勢いだったが、18:30にチェッカーフラッグが振られ、9位でレースを終えた。昨日のバランスの悪さを考えると貴重なポイントを獲得出来たレースと言えるだろう。


    武藤英紀のコメント

    「決勝ではマシンバランスが良く、順位を上げる事が出来たのですが、300クラスと接触してペナルティを受けてしまいました。しかし、決勝のペースは良かったのでレースを上手く組み立てていければ良い結果を出せたのではないかと思い、悔しい思いです。しかし、徐々に良くなってきているので、次回のレースではもっと良い結果を出したいです。」


    (ARTA Project プレスリリース)

    Round05 鈴鹿サーキット予選

    2011年8月20日 土曜日

    8月に行われるこのレースは毎年猛暑との戦いだが、今日は気温が上がらず例年より涼しい予選日となった。
    午前の走行は、今回投入された新しい構造のタイヤのチェックを行いつつセットアップを進めた。だがマシンをタイヤに合わせきれず順位は低迷したが、午後はセット変更を行い予選に挑んだ。
    今回の予選はノックアウト方式の予選で、Q1のアタッカーは武藤英紀。昨年ここでポールポジションを決めた
    小林崇志はQ2を担当する事になった。午前の走行より1秒以上速いタイムを記録する事が出来たが、残念ながらQ1を通過する事が出来なかった。明日は雨の予報なのとレース距離が長いので、チームは戦略を含めたミーティングを進めている。


    武藤英紀のコメント

    「今回投入された新しい構造のタイヤは非常に難しいキャラクターなのですが、ユーズドタイヤのバランスは非常に良かったです。ニュータイヤのウォームアップはタイヤの温度の上がり方が早く、コントロールが難しかったのですが、Q1のアタックではそれほどバランスが悪く無かったので、タイムが伸びなかったのが悔しいです。明日は長い距離のレースですし、ユーズドタイヤのフィーリングは悪くないので、しぶとくいきたいと思います。」


    (ARTA Project プレスリリース)

    Round04 スポーツランドSUGO決勝

    2011年7月31日 日曜日

    2011年7月31日(日)・決勝  会場:スポーツランドSUGO(3.704km)

    天候:曇り  気温:21℃(13:40現在)

    路面温度:22℃(13:40現在)

    コースコンディション:ドライ

    観客:2万7000人


    厳しいレース、なんとかポイント

    午前のフリー走行はレインコンディション。昨日使えなかったレインタイヤを使ったところ、バランス、タイムとも非常に良かったが、決勝はドライコンディションでのスタートとなった。
    スタートドライバーは武藤英紀。スタート後はひとつ順位を上げで走行を続けていたが、前車を抜きにかかったところでタイヤカスを拾ってしまい、バイブレーションが出てしまい、コントロールが難しくなってしまった。タイヤカスが取れた後はハイペースで追い上げ、前車のピットインもあったが、小林崇志に7位でつなぐ事が出来た。
    12位でコースに復帰し、すぐに順位をひとつ上げた。徐々に順位を上げて46周目には9位までポジションを上げた。終盤までバトルを繰り広げたが、300クラスとの接触もあり、最終的には10位でチェッカーを受け、貴重なポイントを獲得した。


    武藤英紀のコメント

    「マシンのバランスが良かったので、順位は上げていけると思っていましたが、前車を抜きにかかった時にタイヤカスを拾ってしまいました。それが影響だとは思いますが、バイブレーションが出てしまい、操縦性が悪くなってしまいました。タイヤカスが取れてからはバランスも戻り、ペースも良くなりましたが、小林に良い順位でつなげる事が出来ませんでした。すっきりしないレースでしたが、次の鈴鹿では鬱憤を晴らしたいと思います。」


    (ARTA Project プレスリリース)





    Round04 スポーツランドSUGO予選

    2011年7月30日 土曜日

    2011年7月30日(土)・予選  会場:スポーツランドSUGO(3.704km)

    天候:曇りのち雨  気温:23℃(14:30現在)

    路面温度:24℃(14:30現在)

    コースコンディション:ドライのちウエット


    公式予選結果 15位

    Round03 セパン・インターナショナル・サーキット決勝

    2011年6月19日 日曜日

    2011年6月19日(日)・決勝

    会場:セパンサーキット(5.542km) 周回数:46周

    天候:晴れ 気温:34℃(16:00現在) 路面温度:43℃(16:00現在)

    コースコンディション:ドライ

    観客:3万6000人(主催者発表)


    mutoh


    決勝を想定したセットで挑んだ朝のフリー走行はトラブルも無くメニューを消化出来た。

    心配なのは午後の気温だ。スタートでソフトタイヤを選んだ我々は、このタイヤでなるべく距離を引っ張りたいので、気温が上がり過ぎない事を祈るだけだ。

    ここマレーシアのレースは日本で行われるレースよりスタート開始時間が遅く、夕方4時のスタートだ。スタートドライバーは武藤が担当。スタート直後の混乱をうまく切り抜け、4位までポジションアップ。他のチームのピットインもあり、ドライバー交代をする23周までに2位までポジションを上げた。

    しかし小林に変わるピットストップで、右フロントのホイールの取り付けに手こずってしまい、順位を10位まで落としてしまった。小林は慣れないコースで順位を争いながら、周回を重ねていった。34周目に1台抜いて9位に上がったが、さらに前の車とは差が開きすぎて、9位でチェッカーを受けた。


    武藤英紀のコメント

    「スタートの混乱を上手く抜け出せたのは良かったです。他のマシンとペースも変わりませんでしたし、無理をせずタイヤをいたわりながら、次につなぐ事を考えていました。しかし、トップは同じタイヤでとても良いペースで走っていたので、もう少しタイヤを上手く使えるように頑張りたいです。でも今回のレースは自信につながりました。」

    Round03 セパン・インターナショナル・サーキット予選

    2011年6月18日 土曜日

    2011年6月18日(土)・予選

    会場:セパン・インターナショナルサーキット(5.542km)

    天候:晴れ

    気温:32℃(17:20現在) 路面温度:43℃(17:20現在)

    コースコンディション:ドライ


    マレーシアの日本大使館で行われたイベントに出演する為に、武藤は一足先にマレーシア入りした。
    金曜のドライバーズブリーフィングの後に行われたコースウォークは、コースを下見する為に設けられた時間帯だ。過去にはレンタカーや、自転車で下見をする事も出来たが、今年からは歩きだけの下見となった。

    ここセパンサーキットが2006年以来の走行となる武藤、そして初めての走行となる小林はこの時間帯を使い、入念に下見を行った。コースウォーク時のマレーシアの気温は32℃。しかし、湿度はそれほど高くなく、比較的過ごしやすい日であった。
    土曜午前のフリー走行はトラブルも無くメニュー通りの走行が出来、武藤も小林もこのコースへの適応は問題無さそうだ。
    午前の状態から少しセットを変更したのが当たったのか、武藤はブランクを感じさせない走りで予選1回目を6番手で通過し、スーパーラップ進出を決めた。
    スーパーラップは同じく武藤が担当。マシンの状態は良かったが、セクター1でミスをしてしまい7位で予選を終えた。


    武藤英紀のコメント

    「スーパーラップに進出出来たのは嬉しかったです。しかし、スーパーラップではセクター1でミスをしてしまったのですが、それを差し引いてもトップとのタイム差が開きすぎているのでショックです。明日のスタートドライバーはまだ決まっていませんが、予選で履いたミディアムタイヤは決勝で気温に左右されやすいので、もしスタートドライバーを担当するのであればうまくタイヤを労りながら走りたいと思います。」