Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

2009年10月10日(sat)    天候 : 快晴 / 気温 : 29〜33℃

r17


4月上旬に開幕し、17戦で争われた2009年のIRLインディカー・シリーズは、ついに最終戦を迎えた。4年連続でチャンピオン争いは最終戦までもつれ込み、今シーズンは3人のドライバーに王座に就くチャンスがある。

シーズン最後のレースは、フロリダ州ならではの強い日差しが照りつける中で華やかに開催された。全長1.5マイルの高速オーバルコース、ホームステッド・マイアミ・スピードウェイがその舞台となった。

チャンピオンの座を争うドライバー、ダリオ・フランキッティ(Target Chip Ganassi Racing)、スコット・ディクソン(Target Chip Ganassi Racing)、ライアン・ブリスコー(Team Penske)の3人は、ポールポジションからの上位グリッド3つを占めた。彼らを含む23人のドライバーたちは夕方5時、300マイル、200周のレースへとスタートを切った。ホームステッドは朝から猛暑に見舞われており、グリーンフラッグが振り下ろされた時、温度計の針は32℃を指したままだった。

レースはチャンピオン争いにふさわしい激戦となった。200周の戦いは、インディカー・シリーズ史上初めてスタートからゴールまでフルコースコーションが一切出されず、驚くべきハイペースで進んでいった。このレース展開を味方につけたのがフランキッティだった。彼は3回のピットストップでゴールまで走りきり、今季5勝目をマークし、チャンピオンの座を手に入れた。スタートから延々トップ争いを続けたディクソンとブリスコーは、それぞれ残り8周と残り6周で短い給油のために4回目のピットストップを行い、トップの座を明け渡さねばならなかった。残り5周となってトップに躍り出たフランキッティは、燃料切れギリギリでゴールへと飛び込み、07年に次ぐ2度目のインディカー・タイトルを手に入れた。

武藤英紀(Andretti Green Racing)は最後尾に近い19番グリッドからスタートしたが、10周足らずで15位にまでポジションアップ。好ペースで走り続け、60周を消化する前にトップ10入りを果たした武藤は、6位にまで順位を上げてフィニッシュした。今シーズン7回目のトップ10入りで、09年のシリーズランキングは11位となった。



武藤英紀 決勝後コメント

今日はレース用のマシンセッティングも、ピットストップでのセッティング変更もよかったと思います。ピットストップも毎回速く、順位を上げていくことができました。19位というスタート位置を考えれば、6位はいい結果だったと思います。シーズンを通してがんばってくれたチームに感謝します。チームの中の信頼関係を上手に築き上げなければいけないことなど、今シーズンは本当に多くのことを勉強できました。もてぎではアクシデントを起こし、肉体的にゴールまで走り続けるのが大変でしたが、ファンの声援が私を後押ししてくれました。ファンの力のすごさというものを感じることができました。それだけでも今年一年走った甲斐があると思います。