Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

HIDEKI'S BLOG

blog archives

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2008年7月 のアーカイブ

    R13.エドモントン決勝結果

    2008年7月26日 土曜日
    会場:レクソール・スピードウェイ/エドモントン・シティセンター空港特設コース
    天候:晴れ
    気温:26〜28℃

    会場:レクソール・スピードウェイ/エドモントン・シティセンター空港特設コース

    天候:晴れ

    気温:26〜28℃


    IndyCarシリーズ第13戦はカナダのエドモントンで開催された。エドモントンは北海道北端の稚内よりも北に位置するアルバータ州の州都。IRL IndyCarシリーズは創設13年目にして初めてカナダでのレースを開催するに至った。今シーズンの開幕前にはカレンダーに組み込まれていなかったイベントだが、チャンプカー・シリーズとの併合によって08年シーズンに新たに加えられ、夏の6連戦の最終戦としてスケジュールされた。

    サーキットはシティセンター空港の滑走路を使った全長1.96マイルの特設コース。ダウンタウンのほぼ中央という絶好のロケーションである上、カナダが生んだスーパー・スター・ドライバーであるポール・トレイシー(ヴィジョン・レーシング)のスポット参戦がかなったこともあり、決勝日のグランドスタンドは超満員となった。レース・ウィークエンドを通じてとても過ごし易い天候だったが、路面がバンピーで高速なだけに、集中力の維持と強じんな体力が求められる厳しいレースとなった。

    武藤はマシンセッティングが思うように進まず、予選は22番手。エンジン交換を行って最後尾グリッドに下がったチームがあったために21番グリッドからスタートし、1回目のピットストップを終えた時点で17位にまでポジションアップしていた。しかし、28周目にタイヤバリアにクラッシュしリタイア。27位という結果となった。

    過酷な6連戦を終え、ポイントトップはディクソンが保ち、2位カストロネベスとの差を58点から65点へと広げた。なお、ポイント7位でエドモントンのレースを迎えた武藤は、今回10点しか増やすことができなかったがランキング7位を保ち、同時にルーキーポイント最上位につけている。


    武藤コメント

    最初のセットのタイヤではマシンのハンドリングも悪くなく、周りと同じペースで走り続けることができていました。

    ピットストップでポジションを上げることもできました。そのままの戦いを続けたいと考えていましたが、2セット目のタイヤではハンドリングが悪くなってしまいました。フルコースコーション時にタイヤの内圧が下がり、そこから内圧が戻ってこなかったためにスピンしてしまいました。今週はずっと流れが悪いままでした。ソノマでのロードレースではいい走りを見せたいと思いますし、きっとそれが実現できると信じています。



    R13.エドモントン予選結果

    2008年7月25日 金曜日

    会場:レクソール・スピードウェイ/エドモントン・シティセンター空港特設コース

    R12.ミッド・オハイオ決勝結果

    2008年7月20日 日曜日

    決勝日ウォームアップ(7/20 8:30~9:00)

    決勝を5時間後に控えた早朝8時30分におこなわれたウォームアップでトップタイムをマークしたのはライアン・ハンターレイ(1分08秒6282=平均時速118.447マイル)。上位陣のドライバーたちはコースを確かめる程度の走行といった感じで、後方のマシンはセッティング変更を施し、攻めた走りを見せている。予選10位の武藤は、ここでは14位のタイムだった。スコット・ディクソン、トニー・カナーンが武藤に続いている。


    決勝(7/20 13:30~)

    ph_r12朝のウォームアップ走行後に、コースは雷雨に見舞われ、せっかく路面に付いたラバーもすっかり落ちてしまった。午前中におこなわれたインディライツのレースが大荒れの展開となったこともあり、インディカーの決勝も大幅に遅れてスタートすることになった。路面は濡れているが、青空が広がり日差しがまぶしい難しいコンディションで、全車ウェットタイヤを履いてのスタートとなったが、どこでスリックタイヤに履き替えるかが、まず勝負のポイントとなった。1周終了時点でいきなりピットに飛び込んだのは、ヴィットール・メイラ、ダレン・マニング、2周目にはウィル・パワー、グラハム・レイホールが続いてスリックタイヤに変えた。武藤は3周目にスリックに履き替えようとしたが、無線の交信状態が悪く4周目にピットインすることになった。レースは、ピットインのタイミングとイエローフラッグのタイミングが運を左右する展開だったが、武藤は2回目のピットインで右後輪の交換に時間がかかり、ポジションを落としてしまう。それでも諦めず、レース前の雨で湿気が高く、しかも気温の高い、ドライバーにとって過酷なコンディションの中で、後半はアンダーステアに苦しみながらも懸命のドライビングを続け、最終的に予選結果よりも上の9位でゴールした。優勝はライアン・ブリスコー、2位にエリオ・カストロネベス、3位にはスコット・ディクソンが入った。武藤のチームメートではトニー・カナーンが7位、ダニカ・パトリックが12位だった。マルコ・アンドレッティはレース中盤に4台のマシンが絡むアクシデントに巻き込まれリタイアとなっている。ルーキー・オブ・ザ・イヤー争いでは武藤英紀が276ポイントで依然トップ、2位には245ポイントでウィル・パワー、3位には215ポイントでグラハム・レイホールが続いている。

    R12.ミッド・オハイオ予選結果

    2008年7月19日 土曜日

    第12戦は。全長2.258マイル(約3.61㎞)の起伏のあるコースを85周するロードコースでのレース。本来ロードコースは得意な武藤英紀にとって、まずは1次予選突破が目標となる。ストレートと高速コーナーが中心の前半セクションと、起伏に富んだ地形に複雑なコーナーが組み合わされた後半のセクションは、高度な運転テクニックとセッティング能力が要求されるテクニカルなコースだ。


    プラクティス01(7/18 10:40~12:10)

    1次予選突破に向けて、重要な目安となる1回目のプラクティス。マシンの基準セッティングが問われるところだが、武藤は好調な走りで1分08秒4521(平均時速118.752マイル)をマークし6位に付けた。トップは1分08秒0301(平均時速119.488マイル)のトニー・カナーン、2位は1分08秒0731(平均時速119.413マイル)のエリオ・カストロネベス、3位は1分08秒2328(平均時速119.133マイル)のスコット・ディクソンだった。トニー・カナーン以外のチームメートではマルコ・アンドレッティが1分08秒5232(平均時速118.628マイル)で8位、ダニカ・パトリックが1分08秒8195(平均時速118.118マイル)で13位に付けている。


    プラクティス02(7/18 15:10~16:10)

    7月18日の午後からおこなわれた2回目のプラクティスでは、マルコ・アンドレッティが一気にタイムを詰め、1分07秒9102(平均時速119.699マイル)でトップに立った。2位は1分08秒1181(平均時速119.334マイル)のエリオ・カストロネベス、3位が1分08秒2268(平均時速119.144マイル)のライアン・ブリスコーと、いずれもタイムアップを果たしている。タイムアップができなかったトニー・カナーンが4位、武藤はこのセッションでは15位のタイムだった。


    プラクティス03(7/19 8:45~9:15 9:15~9:45)

    2組に分けておこなわれた3回目のプラクティスの後半に登場した武藤は、めざましい走りを見せ1分07秒9641(平均時速119.604マイル)で3位に入った。トップは1分07秒5433(平均時速120.349)のエリオ・カストロネベス、2位は1分07秒7065(平均時速120.059マイル)のスコット・ディクソン。武藤のチームメートではダニカ・パトリックが1分08秒3930(平均時速118.854マイル)で7位、トニー・カナーンが1分08秒9476(平均時速117.898マイル)で11位、マルコ・アンドレッティが1分08秒9681(平均時速117.863マイル)で14位となった。AGR勢のトップタイムをマークした武藤には1次予選突破の期待がかかる。


    予選(7/19 11:45~1:15)

    2組に分けておこなわれる1次予選の2組目に登場した武藤英紀は、このコースでの自己ベストとなる1分07秒9011(平均時速119.715マイル)で4位に入り、ロードコースで初の1次予選突破を果たした。1組目のトップ6はライアン・ブリスコー、トニー・カナーン、マルコ・アンドレッティ、ヴィットール・メイラ、ウィル・パワー、ジャスティン・ウィルソン、2組目はバディ・ライス、スコット・ディクソン、エリオ・カストロネベス、武藤英紀、オリオール・セルビア、ブルーノ・ジュンケイラの6人で、12台が2次予選に挑んだ。武藤は3周目に1分07秒9031(平均時速119.712マイル)を出したが、アンダーステアに苦しみ、このセッションを10位で終えた。残念ながら2次予選突破はならなかったが、チームとしてもやれることはすべてやり尽くした予選だった。3次予選に進んだのは上からライアン・ブリスコー、エリオ・カストロネベス、トニー・カナーン、スコット・ディクソン、ジャスティン・ウィルソン、マルコ・アンドレッティの6人で、最終ステージでエリオ・カストロネベスが1分07秒2480(平均時速120.878マイル)でポールポジションを獲得。2位以下は、ライアン・ブリスコー、マルコ・アンドレッティ、ジャスティン・ウィルソン、トニー・カナーン、スコット・ディクソンの順となった。

    R11.ナッシュビル決勝結果

    2008年7月12日 土曜日

    ph_r11攻めに攻めた、予選用のオーバーステアのセッティングを、決勝に向けて修正してきた武藤のチームだったが、この作戦が裏目に出て、序盤のフルタンクの状態でアンダーステアに苦しむことになってしまう。その後はなんとか順位をキープしていくが、後方からダン・ウェルドンが迫ってきた55周目過ぎあたりで、ピットに向かおうとする武藤は、イン側のマシンを抜いてからピットインしようとしたが、相手が意外に速く、抜き切れないために、今度はそのマシンの後方に入ろうとするが、イン側に続いて何台かが続く状態になってしまい、スピードを大きく落としてしまう。ここで、後続車に次々に抜かれてしまったために、大きく順位を落としてしまった。14位という結果は決して満足できるものではなかったが、レース終盤には、トップ集団と変わらぬスピードを発揮していたことを考えると、惜しいレースだったとも言える。優勝はスコット・ディクソン、2位にダン・ウェルドン、3位にエリオ・カストロネベス、4位にトニー・カナーン、5位にダニカ・パトリックが入った。マルコ・アンドレッティは序盤にスピンしてクラッシュし、リタイアとなっている。

    R11.ナッシュビル予選結果

    2008年7月11日 金曜日

    第11戦の舞台となるナッシュビル・スーパースピードウェイは、1周が1.33マイルのショート・オーバル・コースだ。今シーズンの武藤英紀は、ショート・オーバルでは好成績を残してきている。優勝者には、エレクトリック・ギターの名器、ギブソン・レスポールのスペシャル版が贈られるという、カントリー・ミュージックの聖地での1戦だ。


    ルーキー・プラクティス(7/10 16:00~18:00)

    第9戦のリッチモンドでは、なぜか出走することができなかったルーキー・プラクティスだが、ナッシュビルでは武藤英紀も参加。あっさりとトップタイムをマークした。2位のグラハム・レイホールよりも1マイル以上速いラップ平均速度であり、たしかにルーキーの一員と言うには、パフォーマンスが高いことも事実だ。しかし、ルーキー・プラクティスに出走することで、武藤自身も、そしてチームも貴重なデータがとれることも確かで、できる限り出走したいところだ。


    プラクティス01(7/11 10:15~12:00)

    土曜日のナイトレースとなる決勝に向けて、1回目のプラクティスは金曜日の午前におこなわれた。武藤は23秒0156(平均時速203.340マイル)で5位につけ、なかなか順調な滑り出しを見せた。1位は22秒8711(平均時速204.625マイル)のスコット・ディクソン、2位は22秒9266(平均時速204.130マイル)のトニー・カナーン、3位は22秒9674(平均時速203.767マイル)のマルコ・アンドレッティ、4位が22秒9866(平均時速203.597マイル)のダニカ・パトリックで、トップ5にAGRが4台とも入る好調ぶりが目立った。


    プラクティス02(7/11 13:45~15:45)

    インディ・ライツのプラクティスを挟んで同じ金曜日の午後におこなわれた2回目のプラクティスでは、武藤は23秒2112(平均時速201.627マイル)で16位に終わったが、1回目のプラクティスとの総合成績では7位に付けている。ここでのトップは22秒9172 (平均時速204.213マイル)のスコット・ディクソンで、トータルでもトップを維持している。2位は22秒9733(平均時速203.715マイル)のエリオ・カストロネベス、3位が22秒9745(平均時速203.704マイル)のダン・ウェルドンとなっている。総合順位では、2位にトニー・カナーン、3位がマルコ・アンドレッティ、6位にダニカ・パトリックとAGR勢が好位置をキープしている。


    予選(7/11 17:30~)

    4周の平均速度で争われる予選に、武藤はぎりぎりのセッティングで挑んだ。ほとんどステアリングを切らなくても、マシンが左にターンしていくほどの、スピンするぎりぎりのオーバーステアにしつけられたマシンを巧みにコントロールし、4周トータルで1分32秒0735(平均時速203.316マイル)の好タイムをマークし、武藤自身のキャリアでも最高位の、予選3位を獲得した。予選1位は1分31秒5320(平均時速204.519マイル)のエリオ・カストロネベス、2位には1分32秒0649(平均時速203.335マイル)で武藤のチームメートのダニカ・パトリックが入った。武藤は、アタック中の4周目にロールバーをフロント寄りに振ってタイムアップを果たしたが、それをもう少し前にやっていれば、と悔やんだ。オーバルでの、武藤の速さと巧さが安定してきている。武藤のチームメートでは、トニー・カナーンが7位、マルコ・アンドレッティは11位となっている。

    R10.ワトキンス・グレン決勝結果

    2008年7月6日 日曜日

    ファイナル・プラクティス(7/6 10:30~11:00)

    モーニング・ウォームアップと呼ばれる決勝朝のプラクティスで、武藤は一気に8番手まで順位を上げた。ところが、ここでも絶好調で3番目のタイムを出していたトニー・カナーンが、9周目の走行中に第6ターンで突如コントロールを失い、リアからタイヤバリアにクラッシュし、マシン後部を大破させてしまったのだ。この事故で骨折こそなかったものの、トニーは手首を痛めてしまった。4台のマシンを走らせているAGRのメカニックは総出でトニーのマシンを修復し、何とか決勝のグリッドに間に合わせることができた。


    決勝(7/06 15:30~)

    ph_r10ポール・ポジションのライアン・ブリスコーから、予選最下位のミルカ・デュノーまで、26台のマシンが13列の隊列を組んで決勝はスタートした。エリオ・カストロネベスがストップして6~7周にイエローが出ただけで、序盤は淡々とレースが進む。武藤は7周目にピットインをおこない、10周目時点で16位まで順位を上げている。トップグループが1回目のピットインをおこなった20周前後にはステイ・アウトし、20周目時点で9位にまで順位を上げている。武藤は26周目に2回目のピットインをおこない、30周目時点では13位につけ、上位を狙っている。38周目の8ターンでヴィットール・メイラとEJ.ビソが接触し、メイラはリタイアとなってしまう。この時点でのトップはライアン・ブリスコー。しかし、44周目にエンリケ・ベルノルディがターン1でクラッシュしたのをきっかけに、イエローコーション中にまずミルカ・デュノーとA.J.フォイト4世が接触、さらに長引くイエローの中、タイヤを暖めていたスコット・ディクソンがスピンを喫し、そこにライアン・ブリスコーが追突してしまうアクシデントが発生。このレース4連勝を狙っていたディクソンは11位、ブリスコーも12位でレースを終えることになった。優勝したのはライアン・ハンターレイ。初優勝だ。2位にはダレン・マニング、3位に負傷した手首で戦ったトニー・カナーン、以下バディ・ライス、マルコ・アンドレッティ、ブルーノ・ジュンケイラ、マリオ・モライス、グラハム・レイホールと続き、武藤は9位となった。ちなみにチームメートのダニカ・パトリックは14位だった。<br/>ポイントスタンディングでは武藤は6位、ルーキー争いでは依然としてトップを守っている。

    R10.ワトキンス・グレン予選結果

    2008年7月5日 土曜日

    第10戦は、ニューヨーク州ワトキンス・グレン・インターナショナル・レースウェイが舞台のロードコースのレースだ。1961年から80年まで、20年間に渡って、F1世界選手権が開催された、米国屈指の伝統あるテクニカルコースとして知られている。1周3.4マイル(約5.44㎞)は、シーズン中最長で、起伏のあるコースは美しい森に囲まれている。


    プラクティス01(7/04 10:15~11:45)

    金曜日の午前中におこなわれた1回目のプラクティスの武藤英紀のタイムは、1分32秒5050(平均時速131.15016マイル)で、16位だった。トップは1分30秒6586(平均時速133.821マイル)のダン・ウェルドン、2位が1分30秒8769(平均時速133.499マイル)のスコット・ディクソン、3位に武藤のチームメート、トニー・カナーン(1分30秒9140=平均時速133.445マイル)。武藤のチームメートは、マルコ・アンドレッティが1分31秒9566(平均時速131.932マイル)で12位、ダニカ・パトリックが1分32秒5055(平均時速131.149マイル)で17位となっている。


    プラクティス02(7/04 15:30~16:30)

    インディ・ライツのプラクティスを挟んで同じ金曜日の午後におこなわれた2回目のプラクティスでも武藤のタイムは伸びず、1分31秒7231(平均時速132.268マイル)で17位に終わっている。ここでのトップは1分30秒1947(平均時速134.509マイル)のスコット・ディクソン、2位は1分30秒2891(平均時速134.368マイル)のエリオ・カストロネベス、3位には1分30秒6954(平均時速133.766マイル)のヴィットール・メイラが入った。武藤のチームメートでは、トニー・カナーンが1分30秒7700(平均時速133.656マイル)で5位、マルコ・アンドレッティが1分31秒1337(平均時速133.123マイル)で10位、そしてダニカ・パトリックは1分31秒6852(平均時速132.322マイル)で武藤の直前、16位となっている。


    プラクティス03(7/05 9:30~10:30)

    予選のおこなわれる土曜日の午前中におこなわれた3回目のプラクティスで、ようやく武藤のタイムは1分30秒台に入り、1分30秒9439(平均時速133.401マイル)で12位となり、トータルでも同じく12位となった。3回目のプラクティスまでの総合成績でトップは、3回目のプラクティスで1分29秒5822(平均時速135.429マイル)を出したライアン・ブリスコー、2位が1分30秒1947(平均時速134.509マイル=2回目)のスコット・ディクソン、3位には武藤のチームメートであるトニー・カナーンが3回目のプラクティスで1分30秒2707(平均時速134.396マイル)を出して入った。そのほかのチームメートの成績は、3回目のプラクティスで1分30秒2845(平均時速134.375マイル)と一気にタイムを詰めたダニカ・パトリックが4位に、そしてこちらも3回目に1分30秒5684(平均時速133.954マイル)を出したマルコ・アンドレッティは10位と、何とかベスト10入りを果たした。


    予選(7/05 13:30~)

    ひさびさのロードコースでの予選は、IRL独特のノックアウト方式でおこなわれる。2組に分けられたドライバーは、それぞれのグループで予選をおこない、それぞれのグループの上位6台、つまり12台で2回目のプラクティスをこない、そこから上位6台がポール・ポジション争いをおこなう。何よりも、最初のセッションで上位6台以内に入ることが肝心だ。ところが、第1グループに出走した武藤英紀のタイムが伸びない。1分31秒4704 (平均時速132.633マイル)でグループ13台中の10位で、勝ち残りを逃してしまった。第1グループの通過者は、上位からブルーノ・ジュンケイラ、トニー・カナーン、ダレン・マニング、ダン・ウェルドン、オリオール・セルビア、マルコ・アンドレッティの6台だった。第2グループからの勝ち残りは、上位からライアン・ブリスコー、ウィル・パワー、ジャスティン・ウィルソン、ヴィットール・メイラ、スコット・ディクソン、ライアン・ハンターレイの6台で、この計12台で2回目の予選がおこなわれ、最終の3回目の予選に勝ち残ったのは、上位からジャスティン・ウィルソン、ライアン・ブリスコー、トニー・カナーン、スコット・ディクソン、オリオール・セルビア、ライアン・ハンターレイの6台だった。6台で争われた3回目の予選で1分29秒3456(平均時速135.787マイル)のタイムでポール・ポジションを獲得したのはライアン・ブリスコー、2位は1分29秒3804(平均時速135.734マイル)のジャスティン・ウィルソン、3位には1分29秒6355(平均時速135.348マイル)のライアン・ハンターレイが入った。武藤のチームメート、トニー・カナーンは1分29秒9938(平均時速134.809マイル)で6台中の最下位となり3列目6番目のポジションとなった。この予選の結果、武藤のスタート位置は10列目20番手となった。トニー・カナーン以外の武藤のチームメートでは、マルコ・アンドレッティがトニーのすぐ後ろ4列目7番手、ダニカ・パトリックが7列目14番手となっている。武藤の決勝での追い上げに期待だ。

    久しぶりの…

    2008年7月4日 金曜日

    明日は久しぶりの(3ヶ月ぶり)ロードコースなので気持ちがワクワクです!オーバルで右にハンドルをターンしてないからな~、滑ったときしか…。

     

    今までマルコのモーターホーム去年のここのオンボード映像を見て勉強してました(何か最近マルコとよくいるなぁ)。

     

    これから音楽を聴いて寝ます。。おやすみなさい。

     

    英紀

     

     

    明日からワトキンスグレンへ!

    2008年7月3日 木曜日

    今日も昨日とまったく同じ事をして楽しみました!

    皆、凄くよくしてくれて嬉しいッス。毎日マリオが料理してくれた肉料理を食べてます。


    チームメイトとも今まで以上に仲良くなれたし良かった!!


    maru.JPG

    マルコの頭ちょっと邪魔ですけど、こんな感じの所です。


    明日から気持ち新たにレースに臨みます。

    英紀


    アンドレッティ家の別荘

    2008年7月2日 水曜日

    リッチモンドのレースが終わった直後に(10分後くらい)チームの飛行機でまずはマイケルの家に飛んで、(半端なくでかいッス。専用のトレーニングジムや、プール、ゴルフコース、とにかくあんな家を見たのは初めてです!マルコはあんな家で育ったとは…)一泊しました。

    翌日、アンドレッティ家の別荘に来ました。参加メンバーは、マリオ、マイケル、マルコ、ダニカ、その家族です。トニーはテストの為、残念賞。。。


    プライベート・レイクもあってジェットスキー(10台近くある)や、パワーボートで遊んでます(競争)。

    マルコとトレーニングしたり、かなり充実してます。ただ携帯電話の電波が一切入りません。。。



    sain.JPG

    写真はマルコがドアにサインしているとこです。

    このドアは写真のおじちゃんの物で、歴代のドライバーにサインして貰っているのだそうです。わざわざニューヨークから持ってきたらしい!!

    セナやピケなど有名な選手のサインがしてありました。僕もしたのですが、小さくね…。

    この人ケニーって人で、ロータス時代はセナやピケ、中嶋さんのタイヤマンをやっていたそうです。


    これから夕飯です。長くなりました。

    英紀