Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

HIDEKI'S BLOG

blog archives

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2008年8月 のアーカイブ

    R16.デトロイト/ベル・アイル決勝結果

    2008年8月31日 日曜日

    決勝日ウォームアップ(8/31 10:15~10:45)

    決勝日の午前中におこなわれたウォームアップでのトップタイムは、ライアン・ハンターレイの1分13秒9003(平均時速100.839マイル)だった。武藤英紀は1分15秒4300(平均時速98.794マイル)で14位、武藤のチームメートではトニー・カナーンが1分14秒8882(平均時速99.508マイル)で7位、ダニカ・パトリックが1分16秒3838(平均時速97.560マイル)で18位、マルコ・アンドレッティは1分16秒8456(平均時速96.974マイル)で22位となっている。注目のスコット・ディクソンは1分14秒1593(平均時速100.486マイル)で2位、エリオ・カストロネベスは1分14秒8960(平均時速99.498マイル)で8位となった。


    決勝(8/31 15:45~)

    ph_r15オーバーテイクの難しいベル・アイルのコースでは、武藤の16位というスタート位置は決して有利なものではない。1周目は、ミルカ・デュノーがターン4でスピンした以外は大きな混乱もなかった。武藤は上位進出を狙ってピットインのタイミングをずらすなどの作戦が欲しいところだが、ここではあまりに早すぎる。何とか上位進出を狙った作戦を敢行したが、うまくはまらなかった。レース序盤はスコット・ディクソンがトップを走りレースをコントロールしているように見えたが、18周目に出たフルコースコーションでディクソンはピットイン、ところが2位にいたエリオ・カストロネベスはピットに入らずステイアウトし、トップを奪取する作戦をとった。この作戦が功を奏し、カストロネベスはピットインで1周だけオリオール・セルビアにトップを明け渡した以外、快走を続ける。ところが終盤になってカストロネベスのペースが上がらなくなり、2位につけていたジャスティン・ウィルソンがトップに立つ。レースは2時間を終了した時点の87周でチェッカーとなり、そのままウィルソンが優勝した。カストロネベスは、インディカー・シリーズ新記録となる今シーズン8度目の2位となった。ディクソンは5位になり、チャンピオン争いはいよいよ熾烈なものになってきた。武藤はポイント獲得を目指して着実な走りを見せ11位で完走。武藤のチームメートはトニー・カナーンが3位、ダニカ・パトリックがアクシデントに巻き込まれたせいもあって16位、マルコ・アンドレッティはマシントラブルもあって18位となっている。<br/>これでシリーズポイントトップのスコット・ディクソンと2位のエリオ・カストロネベスの差は30ポイント。次戦シカゴランドで決着が付くことになる。武藤は総合で10位につけ、ルーキー・オブ・ザ・イヤー争いでは334ポイントでトップだが、今回優勝したジャスティン・ウィルソンが321ポイントと迫ってきている。

    R16.デトロイト/ベル・アイル予選結果

    2008年8月30日 土曜日

    第16戦はアメリカの自動車工業の中心都市で、別名モータウンとも呼ばれるデトロイトを流れるデトロイト川に浮かぶベル・アイル(ベル島)にある公園に作られた特設ストリートコースを使っておこなわれる。面積982エーカーの島の東端に構成されたコースは、1992年から2001年まで「デトロイトグランプリ」としてCARTのレースが開催され、インディカー・シリーズは2007年から開催されている。コンクリートウォールに囲まれたコースは逃げ場がなく、フルコースコーションの多いサバイバルレースが転回されることで知られている。レースの正式名称は「デトロイト・インディ・グランプリ」。


    プラクティス01(8/29 10:50~12:20)

    1回目のプラクティスは、早朝に降った雨で所々ウェットな箇所の残るコンディションだ。武藤は、初めて走るコースを覚えながらバンピーなコースを走り出した。セッションの後半になって路面も乾き、スリックタイヤで思い切りアタックできる状態になった22周目、武藤は1分16秒4874(平均時速97.428マイル)をマークし12位につけた。このセッションのトップタイムはポイントリーダーのスコット・ディクソンの1分13秒.9714(平均時速100.742マイル)で、それに続いたのがポイント争いをしているエリオ・カストロネベスの1分14秒4954(平均時速100.033マイル)、チャンピオン争いを繰り広げる2人だけが100マイルオーバーだった。3位はライアン・ブリスコーの1分14秒9002(平均時速99.492マイル)。武藤のチームメートではトニー・カナーンが1分15秒6494(平均時速98.507マイル)で4位、ダニカ・パトリックが1分15秒7323(平均時速98.399マイル)で6位、マルコ・アンドレッティは1分17秒6144(平均時速96.013マイル)で20位に終わっている。


    プラクティス02(8/29 14:00~15:00)

    昼過ぎからおこなわれた2回目のプラクティスで、武藤は大幅なマシンセッティングの変更を試みた。それは1回目に好タイムをマークしたチームメート、ダニカ・パトリックのセッティングを参考にしたものだった。しかしこのトライはうまくいかず、武藤は1分15秒5606(平均時速98.623マイル)で17位のタイムに終わってしまった。ここでのトップタイムは、エリオ・カストロネベスの1分13秒2059(平均時速101.795マイル)で、今度はスコット・ディクソンが1分13秒6996(平均時速101.113マイル)で2番手につけた。2人の熾烈なチャンピオン争いはプラクティスの段階でも激しい。武藤のチームメートでは、ダニカ・パトリックが1分14秒4452(平均時速100.100マイル)で5位、トニー・カナーンが1分14秒6517(平均時速99.824マイル)で6位、マルコ・アンドレッティが1分15秒5702(平均時速98.610マイル)で武藤に次ぐ18位となっている。


    プラクティス03(8/30 8:30~9:00 9:00~9:30)

    昨年のトニー・カナーンのものをベースにした1回目のセッティングに戻した武藤は、30分の短いセッションで14周を走り、1分14秒3779(平均時速100.191マイル)で15位につけた。ここでのトップは、スコット・ディクソンが1分12秒5015(平均時速102.784マイル)で奪還した。しかしエリオ・カストロネベスも1分12秒6237(平均時速102.611マイル)でピタリと2位につけている。武藤のチームメートは、トニー・カナーンが1分13秒8790(平均時速100.868マイル)で10位、ダニカ・パトリックが1分13秒9315(平均時速100.796マイル)で11位、マルコ・アンドレッティは1分14秒5639(平均時速99.941マイル)といまだに100マイルを超えることができずに武藤に続く16位となっている。


    予選(8/30 11:30~)

    2組に分けておこなわれる1次予選の2組目に登場した武藤は、ハンドリングの向上したマシンで果敢にアタックを展開した。しかし、セッションの前半と終盤にフルコースコーションが出る荒れた展開は、武藤のタイムアタックを邪魔することになった。中盤で7位につけていた武藤だが、終盤のフルコースコーションが解けたのは残り3周。武藤は最終計測ラップに自己ベストの1分13秒9010(平均時速100.838マイル)をマークしたが8位に終わり、1次予選突破は果たせなった。<br/>2次予選に進んだのは、エリオ・カストロネベス、スコット・ディクソン、ジャスティン・ウィルソン、オリオール・セルビア、グラハム・レイホール、ライアン・ブリスコー、ライアン・ハンターレイ、トニー・カナーン、EJ.ビソ、ダニカ・パトリック、ダン・ウェルドン、ウィル・パワーの12人。<br/>ここから、エリオ・カストロネベス、スコット・ディクソン、ジャスティン・ウィルソン、オリオール・セルビア、グラハム・レイホールの6人が3次予選に進み、ポールポジションをとったのは1分12秒2861(平均時速103.090マイル)のスコット・ディクソン、それに続くのは1分12秒7649(平均時速102.412マイル)のエリオ・カストロネベス、両者一歩も引かない様相だ。武藤は最終的に16番手からのスタートとなった。武藤のチームメートは、トニー・カナーンが8番目、ダニカ・パトリックが10番目、マルコ・アンドレッティが13番目のスタート位置となった。

    R15.インフィニオン決勝結果

    2008年8月24日 日曜日

    プラクティス04(8/24 09:45~10:15)

    決勝当日の午前中におこなわれた4回目のプラクティスで、武藤はフルタンクのテストを行うとともに、21周を走り込んでマシンのセッティングを詰め、決勝に向けてハンドリングを向上させることに成功した。フルタンクで走って15位というタイムがそれを物語っている。あとは、レース本番で作戦を的中させ、上位を狙うだけだ。


    決勝(8/24 14:30~

    ph_r1420番目のグリッドからスタートした武藤は、順位をキープしたまま周回を重ねるが、タウンゼント・ベルに前をふさがれタイムが伸びない。そこで7周終了時点で早めのピットインを敢行し、渋滞のない場所での追い上げを狙った。ところが、ピットアウトしたのがさらに遅いエンリケ・ベルノルディの後ろで、トップ集団に大きく後れをとることになってしまった。16周目にフルコースコーションが出て、トップ集団との差は詰まったが、このままではまた遅い車に行く手を阻まれてしまうことになりそうなので、武藤は2回目のピットインも早めにおこなうことにした。29周終了時点でピットインを済ませ、後方からレース転回を見守り次に打つ手を狙ったが、この日のレースはそのままフルコースコーションが出ず、波乱の起こらないまま終了してしまった。3回目のピットインも早めにしなければならなかった武藤だが、燃費をセーブしながらねばり強く走行を続け、最終的に13位でゴールした。優勝したのはエリオ・カストロネベス、2位には同じチーム・ペンスキーのライアン・ブリスコーが入った。武藤のチームメートではトニー・カナーンが3位、ダニカ・パトリックが5位、マルコ・アンドレッティは終盤武藤を追い上げたが、前に出るところまではいけず14位となった。次戦のデトロイトは武藤にとって初めてのコースだ。他のルーキー同条件でのテスト走行が望まれる。

    R15.インフィニオン予選結果

    2008年8月23日 土曜日

    第15戦はロードコース。高低差が42メートルもあるという、アップダウンの激しいテクニカルコースだ。高速・低速のコーナー、平坦なコーナー・上りのコーナー・下りのコーナー、ざらにストレートからのハードブレーキングが要求されるため、マシンセッティングの重要性はきわめて高くなってくる。全米でもっとも稼働率の高いサーキットと言われている。


    プラクティス01(8/22 11:00~12:30)

    ルーキーであるはずなのに、なぜかチャンプカーから来たドライバーなどと同等のテストが許可されない武藤は、どうしても苦戦を強いられることになる。1回目の走行でアンダーステアが強く、調整にかかったところで電気系統にトラブルが発生。武藤は充分な走り込みができなかった。テスト走行をしていれば、その症状は早めに出ていたかも知れないので残念だ。このセッションでのトップは武藤のチームメート、トニー・カナーンで、タイムは1分17秒3920(平均時速107.127マイル)、2番手は1分17秒8491(平均時速106.498マイル)のエリオ・カストロネベス、3番手にはもうひとりの武藤のチームメートであるダニカ・パトリックが1分17秒8854(平均時速106.449マイル)で入った。武藤はトラブルのせいもあって1分19秒1142(平均時速104.795マイル)で17番目のタイムだった。


    プラクティス02(8/22 14:00~15:00)

    確かに武藤は昨シーズン、インディプロのレースでここを走ってはいるが、インディカーで走るのとは大違いだ。それでも短いインターバルにセッティングを変えて2回目のセッションに挑んだが、今度はオーバーステアに悩まされることになる。それでもマシンの調整を繰り返し、路面温度が上がって厳しいコンディションになる中タイムを詰め、1分17秒9811(平均時速106.318マイル)とこのセッション9番目(総合では10位)のタイムを出した。このセッションのトップタイムはエリオ・カストロネベスの1分17秒1703(平均時速107.435マイル)、2番手はオリオール・セルビアの1分17秒4712(平均時速107.018マイル)、3番手は1分17秒5851(平均時速106.861マイル)のウィル・パワーだった。武藤のチームメートでは、マルコ・アンドレッティが1分17秒9017(平均時速106.426マイル)で7位、ダニカ・パトリックが1分17秒9345(平均時速106.382マイル)で8位、トニー・カナーンが1分18秒0672(平均時速106.201マイル)で11位になっている。


    プラクティス03(8/23 09:30~10:00)

    予選当日の午前中におこなわれた3回目のプラクティスで武藤は1分17秒2722(平均時速107.293マイル)までタイムを詰めた。充分に1次予選を突破可能なタイムだ。このセッションのトップは、1分16秒5973(平均時速108.239マイル)のライアン・ブリスコー、2番手は1分16秒7436(平均時速108.032マイル)のエリオ・カストロネベス、3番手にはポイント争いトップのスコット・ディクソンが1分16秒9282(平均時速107.773マイル)で入った。武藤のチームメートはトニー・カナーンが1分16秒9451(平均時速107.750マイル)で4番手、ダニカ・パトリックが1分17秒2780(平均時速107.285マイル)で12番手、マルコ・アンドレッティは1分17秒8983(平均時速106.431マイル)で16番手だった。


    予選(8/23 13:15~)

    ここインフィニオンも、ロードコースということで、2組に分けた1次予選、そこを勝ち抜いた上位各6台ずつ計12台による2次予選、そして「ファイアーストーン・ファースト6」と名付けられた、上位6台によるポールポジション争いとなる3次予選という予選方式がとられる。武藤は好調だった朝のタイムをさらに短縮しようと、若干のセッティングの変更を行い、さらにコース前半でのタイムロスを解消するために新しいライン取りにトライした。しかし、この攻めの姿勢が裏目に出て、タイムアタック1周目の3ターン目でスピンを喫し、赤旗を出してしまった。予選中に赤旗を出すと、ルールによりベストタイム2周が没収となってしまうため、2次予選への進出は絶望的になってしまった。<br/>結局、2次予選に進出したのは1グループが上位からオリオール・セルビア、トニー・カナーン、マルコ・アンドレッティ、ライアン・ハンターレイ、マリオ・ドミンゲス、マリオ・モラレスの6人、2グループは上位からウィル・パワー、ライアン・ブリスコー、エリオ・カストロネベス、スコット・ディクソン、ダニカ・パトリック、ジャスティン・ウィルソンとなった。ここからエリオ・カストロネベス、トニー・カナーン、ライアン・ブリスコー、スコット・ディクソン、オリオール・セルビア、ウィル・パワーが3次予選に進み、ポールポジションは1分16秒9027(平均時速107.809マイル)のタイムでエリオ・カストロネベスが獲得した。2位はライアン・ブリスコー、3位にはウィル・パワーが入った。武藤英紀は結局20番目のグリッドとなり、ピットタイミングをずらすなどの作戦を駆使して上位を狙うことになった。

    空青いッス。

    2008年8月21日 木曜日


    pe.JPG

    空が青くて景色も綺麗で最高です。
    今日はメディアの方々とランチをしてきました。
    ルーキーオブザイヤーの事に関しての質問が多かったです。
    勝てますか?自信は?…はい。


    残すところ早いもので3戦です。悔いの残らぬよう戦います!!


    英紀

    かっこいいッス。

    2008年8月9日 土曜日

    昨日はサーキットにアストロズの松井稼頭央選手がINDY CARの2シーターライドに来ていました。

    その際に『今晩、試合を見に来ませんか?』っと誘って頂き行ってきちゃいましたよ!メジャーに。


    普通は絶対入れないロッカールームや控え室、なんとインフィールドにも入れて頂き大変感動しました!


    松井選手、試合前の大事な時間にも関わらずありがとうございました


    ma.JPG

    be.JPG何を見ても新鮮でとにかくクールなんですよ。日本人がただ一人フィールドでプレーする姿は言葉にならない感動を与えてくれました!!


    僕は今日の予選4位でしたが明日は前だけを見て戦います!!


    侍でしょ。


    R14.ケンタッキー決勝結果

    2008年8月9日 土曜日

    ph_r13予選4番手の武藤はポジションをキープし、順調にレースのスタートを切った。序盤はしっかりとトップグループを構成し5位を走行し、51周目の1回目のピット作業を順調にこなす。2回目のピット作業を84周目におこない、順位を少し落としたが、マシンのスピードは速く、充分に上位を狙える走りをしていた。ところが、周回遅れのマシンにラインをブロックされ、アウト側にふくらんだせいでタイヤかすを拾ってしまい、マシンに振動が出てしまう。そのため、早めのピット作業をおこなおうとピットレーンに向かったが、ちょうどそのタイミングでミルカ・デュノがクラッシュし、ピットがクローズになったためにそのままピットレーンをスルーすることになってしまい、さらに順位を落としてしまった。そこで、フルコースコーション中の135周目にピット作業を行い、そのままコーションが続くうちに、142周目に再度給油を敢行し、そのまま燃料をセーブする走りをおこない、最後まで走りきる作戦に切り替えた。ところがいよいよレースが終盤にさしかかり、作戦が功を奏するかに見えた157周目、武藤は異常な振動を感じて緊急ピットインをした。振動の原因は、ドライブ系のボルト折損で、5本あるボルトのうち3本が折れてしまっていた。そのまま走行するのは不可能なため、リタイアとなってしまった。武藤と同じ燃費作戦をとったエリオ・カストロネベスが、燃料ぎりぎりながら2位に入ったことを考えると、武藤英紀は上位入賞、場合によっては優勝の可能性もあっただけに、残念なリタイアとなってしまった。優勝したのはスコット・ディクソン。今季6勝目で、シーズン最多勝利タイ記録に並んだ。2位のエリオ・カストロネベスにゴールラインで並びかけ、ぎりぎりで3位に入ったのは武藤のチームメート、マルコ・アンドレッティ、それ以外のチームメートではトニー・カナーンが8位、ダニカ・パトリックが11位に入っている。武藤の年間ランキングは9位。ルーキー・オブ・ザ・イヤーでは依然トップを維持している。

    R14.ケンタッキー予選結果

    2008年8月8日 金曜日

    第14戦ケンタッキーは、昨年のインディプロ・シリーズで武藤英紀が1勝を挙げたコースだ。三角形の1.5マイル・オーバルは、コース幅も広く、2ワイド、3ワイドでのダイナミックなパッシング・シーンが見どころとなる、インディカー・シリーズならではの典型的な高速コースだ。2週間の休暇中に日本に帰国し、リフレッシュした武藤の走りに注目だ。


    プラクティス01(8/08 11:15~13:00)

    6月からスタートした長丁場の6連戦は、武藤英紀のみならず、すべてのインディカーのドライバーにとって厳しい闘いだった。短いインターバルを経て、リフレッシュをはかったドライバーたちの走りに注目が集まった。しかしトップは24秒1983(平均時速220.181マイル)でスコット・ディクソンがとった。2位も24秒2887(平均時速219.361マイル)で同じターゲット・チップガナッシのダン・ウェルドン、3位には24秒3417(平均時速218.884マイル)で武藤のチームメートのダニカ・パトリックがつけ、武藤英紀は24秒3698(平均時速218.631マイル)で4位につけている。チームメートではマルコ・アンドレッティが24秒4193(平均時速218.188マイル)で8位、トニー・カナーンが24秒4480(平均時速217.932マイル)で9位につけている。


    プラクティス02(8/08 14:45~16:45)

    午後からおこなわれた2回目のプラクティスのトップタイムも24秒2177(平均時速220.004マイル)でスコット・ディクソンが獲得した。2位にはパンサー・レーシングのヴィットール・メイラが24秒2768(平均時速219.469マイル)、3位には24秒3062(平均時速219.203マイル)で武藤のチームメートであるマルコ・アンドレッティが上がってきている。武藤英紀はこのセッションでも24秒3087(平均時速219.181マイル)で4位に入ったが、総合では5位となっている。武藤のチームメートのトニー・カナーンは24秒3661 (平均時速218.664マイル)で6位につけたが、総合では8位、ダニカ・パトリックは24秒4277(平均時速218.113マイル)で9位だったが、このセッションでクラッシュを喫し、マシンの右サイドを大破させている。


    予選(8/08 18:30~)

    4周の平均速度で争われる予選をいちばん最初に走り出したのは、武藤英紀だった。1周目24秒4863、2周目24秒.4668、3周目24秒4774、そして4周目に24秒4677、トータルで1分37秒8982(平均時速217.696マイル)と好タイムをマークし、後に続くライバルたちに大きなプレッシャーを与えた。武藤英紀を凌ぐタイムは、トップのスコット・ディクソンの1分37秒3293(平均時速218.968マイル)、2位に入ったヴィットール・メイラの1分37秒5783(平均時速218.409マイル)、3位のダン・ウェルドンの1分37秒5783(平均時速218.409マイル)だけで、武藤は予選4番手、2列目外側のスタート位置を獲得した。武藤のチームメートでは、トニー・カナーンが1分37秒9396(平均時速217.604マイル)で7位、マルコ・アンドレッティが1分38秒0295(平均時速217.404マイル)で9位につけている。ダニカ・パトリックはマシンの修復が間に合わず、走行することができなかったために最後列からのスタートとなっている。

    2008年8月7日 木曜日

    先日帰国した時に、初めてフェラーリを運転しました!!

    いつもお世話になっているK氏の車なんですが、『ちょっと運転して良いよ』の一言に甘えました。

    音がメッチャかっこいい!しびれました。

    fe.JPG


    写真が暗いのが残念ですが…。


    この後、全日本F3に参戦中の中山君の誕生日会に参加させてもらいました。

    その写真は残念ながら訳アリでアップできません…。

    休暇

    2008年8月6日 水曜日

    先週は久しぶりに日本へ帰っていました。

    食事に行ったり、友達と遊んだり、新しい人と知り合ったり、かなり充実した時間を過ごせました。


    31-07-08_0633.JPG

    31-07-08_0631.JPG

    写真はBBQに行ったときの物です。川で泳いだのですが寒すぎました。


    英紀