Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

HIDEKI'S BLOG

blog archives

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2009年4月 のアーカイブ

    Round03 カンザス決勝結果

    2009年4月27日 月曜日

    photo_races_09_r32009年IRL インディカー・シリーズ第3戦ロードランナー・ターボ・インディ300は、カンザス・スピードウェイで2日間のイベントとして開催された。世界最大のイベント、Indy500を目前に控え、今季初のオーバルレースには22台がエントリーした。

    決勝日の天気予報では降雨確率が高く、レースが行われるかが心配されたが、幸いにも大きな雨雲はカンザスシティの西側を通過し、予定通りの夕方4時前に決勝はスタートした。

    レースを通じて強風が吹き続ける難しいコンディションのもと、高速で疾走するマシンを見事にコントロールして勝利を飾ったのは、スコット・ディクソン(Target Chip Ganassi Racing)だった。レース中盤にライアン・ブリスコー(Team Penske)がトップを奪ったが、ピットストップに入るタイミングが実に不運で、大幅なポジションダウンを喫した。

    トップに復活したディクソンは、22番手スタートから2位まで浮上してきたエリオ・カストロネベス(Team Penske)との間隔を保ち、0.7104秒の差をつけて今季初勝利のチェッカーフラッグを受けた。

    3位でゴールしたのはトニー・カナーン(Andretti Green Racing)で、ブリスコーは4位、ダニカ・パトリック(Andretti Green Racing)が5位だった。第2戦を終えてポイントリーダーとなっていたダリオ・フランキッティ(Target Chip Ganassi Racing)は、アクシデントにより18位に沈み、ポールポジションからスタートしたグラハム・レイホール(Newman/Haas/Lanigan Racing)は7位でのゴールとなった。

    武藤英紀(Andretti Green Racing)は予選13番手からスタートし、すぐさま10番手まで順位を上げたが、ピットアウト時に他チームのエアホースを踏んでペナルティを受け、 13番手へ後退した。しかし、そこから激しいチャージを見せ、今季初のトップ10入りとなる8位でのフィニッシュを果たした。


    武藤英紀 決勝後コメント

    スタートからマシンのハンドリングはまずまずでした。アンダーステアの傾向があったのですが、ピットインした際にセッティングを変更し、レース終盤にはいいマシンにすることができていました。カンザスでは、去年も同じ時期にレースが行われたのですが、今日に比べるとずい分とスピード感がありました。でも今年はコックピット内での操作なども落ち着いて行いながら戦うことができました。8位という結果では喜ぶことはできませんが、内容の濃いレースとなっていたと思います。Indy500に向け、いいレースを戦えたと思います。

    Round03 カンザス予選結果

    2009年4月26日 日曜日

    RL インディカー・シリーズは、大陸中央部のカンザス州カンザスシティへと移動して第3戦を迎えている。2009年4月25日(土)、全長1.52マイル、コーナーに15度のバンクがつけられたスーパースピードウェイ、カンザス・スピードウェイで予選が開催され、20歳のグラハム・レイホール(Newman/Haas/Lanigan Racing)が4周の平均時速211.311マイルでポールポジションを獲得した。今シーズンの開幕戦セント・ピーターズバーグでインディカー史上最年少ポールを獲得したばかりの若手アメリカ人ドライバーは、早くもキャリア2度目のポールポジションを記録した。 前日のプラクティスでは最速だったスコット・ディクソン(Target Chip Ganassi Racing)は、6番目にアタックしてトップタイムをマーク。そして、チームメートのダリオ・フランキッティ(Target Chip Ganassi Racing)がさらにそれを上回ってトップに立った。その直後、エリオ・カストロネベス(Team Penske)が2番手に甘んじたため、フランキッティのポールが決定したと思われた。しかし、最後のアタッカーとしてコースインしたレイホールが見事な走行で大逆転し、ポールを奪取した。 予選終了後、フランキッティとカスロトネベスの予選タイムは無効となった。アタック中にコース内側の白線をカットしたことに対するペナルティによるもので、彼らはそれぞれ20番、21番グリッドへと降格された。これにより、最前列でレイホールの隣りに並ぶのはルーキーのロバート・ドーンボス (Newman/Haas/Lanigan Racing)へと変わり、Newnan/Haas/Lanigan Racingが初めてのフロントロー独占を達成した。予選3番手はダニカ・パトリック(Andretti Green Racing)、4番手はディクソンだった。 武藤英紀(Andretti Green Racing)は、走行開始からマシンのハンドリングが思わしくなく、予選ではダウンフォースを大きく削るセッティングをトライしたが、グリップ不足から13番グリッドを得るにとどまった。


    武藤英紀 予選後コメント

    予選にはダウンフォースをかなり削ったセッティングで臨みましたが、それがグリップをあまり感じることのできないマシンとしてしまい、走るのが難しくなっていました。風が強く吹いていたことも悪い方に影響が出ていたと思います。決勝用のセッティングについては、プラクティスの最後の方でよいバランスを見つけたので、明日のファイナル・プラクティスでそれをさらによく仕上げます

    帰宅そして出発。

    2009年4月23日 木曜日

    昨晩、無事にロングビーチから帰宅しました。

    レースは上手くいかなかったけど、LAでは楽しい時間を過ごせました。

    ロジャーさん家で奥さんの美味しい手料理を頂いたり(マジで美味かった!うらやましいな!また食べたい…)、ロジャーさんの子供と遊んだり、買い物をしたり、初のLAを堪能しました。

    今週末はカンザスでレースです。まだ首と手が痛いけど気持ちはやる気に満ちてます。

    ガンバリマス。

    Round02 ロングビーチ決勝結果

    2009年4月20日 月曜日

    photo_races_09_r235回目を迎えるアメリカ最大のストリートレース、ロングビーチ・グランプリで勝利を飾ったのは、ダリオ・フランキッティ(Target Chip Ganassi Racing)だった。2007年にインディ500で優勝し、同年のIRL インディカー・シリーズのチャンピオンにもなったフランキッティは、新たな挑戦を求めて08年からストックカーレースに転向した。しかし、彼は自分がオープンホイールでの戦いを最も得意とし、それが最もエンジョイできるものであると再認識し、今年からインディカーへと復帰した。そして開幕2戦目、真夏のような日差しの下、超満員のファンを前に争われた85周のレースで早くも表彰台の中央に立つこととなった。今回の優勝はフランキッティにとってIRL インディカー・シリーズのロードレースにおける初めてのものとなった。

    予選2番手でフロントロー外側グリッドからスタートしたフランキッティだったが、スタート直後のターン1で4番手まで後退。しかし、Target Chip Ganassi Racingは、マシンを優勝するにふさわしいセッティングに仕上げていた。また、序盤のポジションダウンを逆に利用したピット作戦を採って、26周目にトップの座を手に入れたフランキッティは、マシンの力をフルに引き出す走りを続け、2位以下を突き放して歓喜のチェッカーフラッグを受けた。

    17周目に1台がアクシデントを起こしたとき、フランキッティ陣営はフルコースコーションが出されると予想して彼をピットへ呼び入れた。ところが、ここではフルコースコーションは出されなかった。彼らにとって幸運だったのは、この直後に2台が絡むアクシデントが発生し、フルコースコーションが出されたことだった。

    このフルコースコーションで彼以外のほとんどがピットストップを行ったとき、すでにピットインを済ませていたフランキッティはコース上に残り、難無くトップに躍り出た。しかしながら、1回目のピットストップを早めに行ったため、燃費を大きくセーブしなければライバル勢より一度多いピットインをしなくてはならない状況となった。その結果、55周目まで2回目のピットストップを引っ張ることができればもう1回の給油でゴールまで走りきれる計算のところ、フランキッティは2周届かない53周でピットインを行った。すると、この直後にまたしてもアクシデントによるフルコースコーションが発生。フランキッティは前回同様に他車がピットに入ったことでトップに返り咲くことができた。

    再びトップに立った上、この時点でのフルコースコーション発生によって燃費の心配も不要となったフランキッティは、レース終盤に2位へと浮上してきたポールスタートのウィル・パワー(Team Penske)を悠々と引き離し、キャリア9勝目へと走りきった。2位はパワー、3位は予選11番手だったトニー・カナーン(Andretti Green Racing)だった。

    カナーンの後ろの4位でフィニッシュしたのは、女性ドライバーで昨年のインディ・ジャパン ウイナーのダニカ・パトリック(Andretti Green Racing)。彼女が予選22番手から4位まで大きく飛躍できたのは、レースの序盤にフランキッティと同じ絶妙のタイミングで行ったピットストップと、トップグループと同じラップタイムで走れるだけのマシンセッティング、そして、彼女のミスのないドライビングによるものだった。
    武藤英紀(Andretti Green Racing)は、予選順位と同じ17位で序盤を走行。多くのドライバーと同じく、1回目のフルコースコーション中だった19周目に最初のピットストップを行った。リスタートが切られたあとの24周目、武藤がヘアピン状の最終コーナーへとアプローチした際に数台前で接触があり、1台がスピンして進路をふさいだ。武藤は目の前を走っていたジャスティン・ウィルソン(Dale Coyne Racing)のマシンを避けきることができずマシンにダメージを受けた。ピットに戻ることができた武藤は、曲がったサスペンションとフロントウイングを交換してレースに戻り、20位でゴールした。

    武藤英紀 決勝後コメント

    決勝用マシンのハンドリングはよかったです。チーム全体でロードコース用セッティングを向上させることができていたと思います。ソフトタイヤでスタートし、ハードに履き替えてからもマシンのフィーリングは非常によかった。しかし、何台か前でオーバーテイクをミスしたドライバーがいて、玉突き事故が発生。自分としては前のクルマを避けたつもりでしたが、ぶつかってしまいました。今回は土曜日に自分のミスでアクシデントを起こしたことが大きなマイナスとなっていましたが、開幕2戦で続けてアクシデントに巻き込まれるという不運な面もあったと思います。来週は今シーズン初めてのオーバルレースですから、気持ちをリフレッシュしてレースに臨みます

    Round02 ロングビーチ予選結果

    2009年4月18日 土曜日

    開幕戦が行われたフロリダ州からアメリカ大陸を横断、09年IRL インディカー・シリーズの第2戦はカリフォルニア州のロングビーチで開催される。ロングビーチはロサンゼルスのすぐ南に位置する港湾都市。この町でのストリートレースは今年で35回目を迎える。歴史を重ねる中でいく度かのコースレイアウト変更はあったが、ストリートとは思えないハイスピードでエキサイティングな特徴を踏襲したコースとなっている。南カリフォルニアの地に完全に根付いたビッグイベントはすばらしい天候に恵まれ、明るく華々しい雰囲気の中で予選が行われた。今回のレースからエリオ・カストロネベス(Team Penske)がレースに復帰し、開幕戦よりも1台多い23台のインディカーがロングビーチに集まった。

    走行2日目に行われた予選では、今年から供給されるようになったソフトとハードの2種類のタイヤからどれだけのパフォーマンスを引き出し、グリップの高いソフトタイヤをどのタイミングで投入するか、各ドライバーとチームの力量が試された。予選は第1ステージで23台が12台へ、第2ステージで12台が6台へと絞り込まれた。そして、ファイナルステージに進んだ6台の中からウィル・パワー(Team Penske)が1分9秒7107、平均時速101.631マイルのベストラップを記録してポールポジションを獲得した。金曜日に走らせたマシンにはレース復帰が決まったカストロネベスが乗ることとなり、パワーは予選日の朝から別のマシンでセッティングをし直す必要に迫られた。しかし、そうしたハンディをはね除け、2番手につけたダリオ・フランキッティに0.1568秒もの差をつけてキャリア初のポールポジション獲得を達成した。ルーキーのラファエル・マトス(Luczo Dragon Racing)は、2戦目にしてロードコース予選のファイナルステージ進出を果たしたばかりか、3番手という結果を手にした。参戦2年目のE.J.ヴィソ (HVM Racing)も初ファイナル進出を果たし、4番手に食い込んだ。その一方で、開幕戦でポールポジションを獲得したグラハム・レイホール(Newman/Haas/Lanigan Racing)、開幕戦ウイナーのライアン・ブリスコー(Team Penske)がファイナルステージへと駒を進めることができなかった。レイホールは7番手、ブリスコーは10番手から明日の決勝レースのスタートを切る。

    インディカー・シリーズへのフル参戦2年目を迎えている武藤英紀(Andretti Green Racing)は、予選前のプラクティスでマシントラブルからと思われるアクシデントを起こし、マシンに大きなダメージを負った。武藤もコックピット内部で腕を強打したが、チームが短時間で修理したマシンで予選に出走。ソフトコンパウンドのタイヤを2セット投入して全力でのアタックを行った。残念ながら第 2ステージへの進出はならず、武藤のスターティンググリッドは17番に決まった。

    武藤英紀 予選後コメント

    朝のプラクティスでマシンの調子は非常によかったですが、アクシデントで修理が必要になってしまいました。クルーたちが大急ぎでマシンを直してくれたことに深く感謝しています。しかし、マシンのバランスは朝のプラクティスのときとは違ったものになっていました。予選結果は残念で仕方がなく、クルーたちにも申し訳ない気持ちです。これからマシンをもう一度組み直し、今朝のよい状態へと戻したいと思います

    ロジャー邸

    2009年4月14日 火曜日

    明日はLAに向け出発です。今週末ロングビーチでレースがあるんでね。
    時差があるからチームから早めに現地入りしなさい!って言われたんで明日行きます。LAには先輩ロジャー安川選手が住んでいるので明日はお家にお邪魔させていただきます!ロジャーさんとは長い付き合いで、カートチームが同じ、イギリスで同じ時期にレースし、血液型一緒で、東京の本家が近所(10分くらい)、ヘルメット被った顔が似てるって言われる、アメリカで同じレースに参戦してる。まだまだあるなー。長くなるから止めます…。
    今日はこれから洗濯だ。

    DP&MA

    2009年4月14日 火曜日

    昨日、レバ刺しを食べて喜んだ英紀です。
    暗くて分かりづらいですが、ダニカとマルコです。
    チャリティパーティーの時の一枚。翌日、僕のレーシングスーツを購入してくれた人と一緒にスタート前グリッドで、写真を撮りました。

    ヤキニク

    2009年4月13日 月曜日

    家の近所の教会です。凄く綺麗ですよね。一度は行ってみたいと思うのですが勇気がありません。日本から友達が来た時にでもチャレンジしてみよう。
    今日はこれから焼肉でーす。イェーイ!シカゴカルビっていうお店でアメリカでは珍しくレバ刺しが食えます。鉄分とっちゃいます。
    日本は月曜日。皆さん頑張っていきましょう!アメリカにいる方は休みを満喫しましょう!日曜日の夜6時といえば、ちびまる子ちゃんですよね。

    ビビッた。

    2009年4月10日 金曜日

    いつもジムから帰るとそのままシャワーにまず直行、そんで素っ裸のままクローゼットに行き、
    服を着るのが流れなんですが、今日もシャワーから出てクローゼットに向かおうかと思いきや…。
    あれ、外の様子がおかしいぞ!上からワイヤーのような物がブラリ?窓拭きのにーちゃんがすぐそこにいるではないですか!ヒーッ まぁ、もういいやと開き直りましたけど…。いきなり窓拭くかな?ふつー?
     
    綺麗にしてくれてありがとう!

    R01.セント・ピーターズバーグ

    2009年4月10日 金曜日

    ノーマル

    2009年4月9日 木曜日

    サーキットからシカゴの家に戻ってきました。また雪が降ったみたいで道路に雪が…。

    寒かったり暑かったり、毛穴が開いたり閉じたり…。

    サーキットにいるとやはり非日常的といいますか、普通ではない時間が流れているように感じます。

    レースを終え家に着くと同時にノーマルに戻ります。


    chica.JPG


    Round01 セント・ピーターズバーグ決勝結果

    2009年4月6日 月曜日

    IRL インディカー・シリーズの開幕戦、Hondaグランプリ・オブ・セント・ピーターズバーグの決勝は4月5日にフロリダ州セント・ピーターズバーグで開催された。2009年シーズンは沖縄とほぼ同じ緯度に位置する風光明媚なリゾート地で華々しくスタートした。

    タンパ湾に面したセント・ピーターズバーグのダウンタウンと、隣接する飛行場の滑走路を使った全長約1.8マイルのストリートサーキットには、22台のインディカーが集結。集まったファンはフロリダならではの強い日差しと、心地よい潮風を浴びながら、100周にわたる激しいバトルを存分に堪能していた。
    レースは予選2位からスタートしたジャスティン・ウィルソン(Dale Coyne Racing)のリードで始まり、2回のピットストップを終えた後のレース終盤でもトップを保っていたが、残り15周を切った87周目、リスタート直後のターン1でライアン・ブリスコー(Team Penske)がトップを奪った。ブリスコーは数少ないチャンスを見事に生かして先頭に立つと、危なげない走りを続けて優勝を飾った。ブリスコーにとってキャリア3勝目で、ロードコースにおける2勝目となり、Team Penskeにとってはインディカーシリーズでの30勝目となった。

    0.4619秒差の2位でゴールしたのは、ライアン・ハンターレイ(Vision Racing)だった。ウィルソンがブリスコーとのトップ争いでわずかにスピードダウンしたチャンスをハンターレイは見逃さず、3位から2位へ浮上。ブリスコーまでは届かなかったが、14位スタートから2位でゴールというすばらしいレースを戦った。ハンターレイの2位はVision Racingにとって、ウィルソンの3位はDale Coyne Racingにとって、ともにインディカー・シリーズにおけるベストリザルトとなった。
    武藤英紀(Andretti Green Racing)は予選19位からスタート。レース中盤にトップ10入りを果たし、トップグループと遜色のないペースを保って8位を走っていた。しかし、87周目のリスタート直後、眼前で起きた避けようのないアクシデントによってリタイアし、開幕戦の成績は15位となった。ターン4でダン・ウェルドン(Panther Racing)とロバード・ドーンボス(Newman/Haas/Lanigan Racing)が接触し、ウェルドンのマシンがタイヤバリアに衝突してストップ。すぐ後ろを走っていた武藤は、イン側に1台のマシンが走っていたためにウェルドンのマシンを避けることができなかった。
    今年からロードレースではハードとソフトの2種類のタイヤが全チームに供給され、レースがアンダーグリーンのときにソフトタイヤで2周以上を走らなければならないルールとなった。グリップは大きいが耐摩耗性が低いソフトタイヤをどのタイミングで投入するか、チームの選ぶ作戦が勝敗を分ける大きな要因となる可能性があった。しかし、実際にはハードタイヤとソフトタイヤの間に摩耗性能で大きな差は見られず、タイヤの使用タイミングが勝負を決めるレースとはならなかった。

    武藤英紀・決勝後コメント

    レースの中盤からはよいペースで走れていて、ラップタイムはトップグループと同じくらいでした。しかし、タイヤの温度がなかなか上がってこなかったため、せっかくパスしたマシンにリスタート直後に抜き返されていました。今日はイエローフラッグが多かったので、なおさらそういう展開になっていました。アクシデントを起こして止まっていたウェルドンのマシンに突っ込んだのは、リスタート直後でタイヤの温度が低く、ターン3でアクセルが踏めなかったためにターン4で1台にイン側に並ばれてしまっていたからでした。アウト側へとラインを取ると、そこにウェルドンのマシンが止まっていました