Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

HIDEKI'S BLOG

blog archives

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2009年5月 のアーカイブ

    Round05 ミルウォーキー決勝結果

    2009年5月31日 日曜日
    09年インディカー・シリーズ第5戦ABCサプライ/AJ・フォイト225は、全長1マイルのショートオーバル=ザ・ミルウォーキー・マイルで開催され、予選4位からスタートしたスコット・ディクソン(Target Chip Ganassi Racing)が今季2勝目を飾った。終盤の勝負どころとなったトラフィックの中、ディクソンは見事なオーバーテイクを見せ、その後は後続を突き放してゴールした。<br/>
    決勝日のミルウォーキーは朝から雲ひとつない晴天が広がった。しかし、スタート時刻の午後2時半になっても気温は摂氏20度に届いていなかった。緯度の高さを改めて感じさせるコンディション下で、225周のレースはスタートした。多くのファンがグランドスタンドから見守る中でグリーンフラッグが振られると、見事なダッシュを見せたのはトニー・カナーン(Andretti Green Racing)で、3位からトップへと躍り出た。しかし、25周を越えるとハンドリングが悪化し、見る間に後退。後に燃料漏れから火災が発生し、カナーンはリタイアを喫した。<br/>
    ポールポジションからスタートしたライアン・ブリスコー(Team Penske)は、カナーンをパスしてトップを奪還するとリードを続けた。しかし、ダリオ・フランキッティ(Target Chip Ganassi Racing)が、素早いピットストップで3位からトップへと浮上した。ショートオーバルでは、トラフィックが何度もトップグループの前に発生し、どれだけ短時間でパスして進んで行けるかが重要だったが、フランキッティは周回遅れに引っかかった一瞬の隙を突かれてブリスコーとディクソンにパスを許し、3位へと順位を戻した。再びトップに立ったブリスコーは、2年連続優勝に向けて周回を重ねた。しかし、201周目、周回遅れのマシンに一瞬引っかかった彼をディクソンが鋭い走りでオーバーテイク。ゴールまで25周を切ってトップに立つと、周回遅れを次々とパスしてブリスコーとの間にマージンを作り上げ、2.1257秒の差をつけてゴールへ飛び込んだ。ブリスコーはゴールを目の前にしてフランキッティから激しいアタックを受けたが、これを辛うじて封じ込めて2位フィニッシュ。3位はフランキッティ、4位は予選2位から、ほぼ全周で4位を走り続けたグラハム・レイホール(Newman/Haas/Lanigan Racing)が入った。ウィスコンシン州生まれで、多くの地元ファンの期待を集めるダニカ・パトリック(Andretti Green Racing)は予選9位から5位でゴールし、大きな歓声を浴びていた。予選でアクシデントを起こして最後尾スタートとなったインディ500ウィナーのエリオ・カストロネベス(Team Penske)は、11位まで順位を上げるのが精一杯だった。<br/>
    予選6位からスタートした武藤英紀(Andretti Green Racing)は、レースの序盤に5位に順位を上げ、ハイペースで走行を続けていた。そのポジションを保っていた武藤だったが、2回目、3回目のピットストップで順位を落とし、8位でのゴールとなった。


    photo_races_09_r509年インディカー・シリーズ第5戦ABCサプライ/AJ・フォイト225は、全長1マイルのショートオーバル=ザ・ミルウォーキー・マイルで開催され、予選4位からスタートしたスコット・ディクソン(Target Chip Ganassi Racing)が今季2勝目を飾った。終盤の勝負どころとなったトラフィックの中、ディクソンは見事なオーバーテイクを見せ、その後は後続を突き放してゴールした。

    決勝日のミルウォーキーは朝から雲ひとつない晴天が広がった。しかし、スタート時刻の午後2時半になっても気温は摂氏20度に届いていなかった。緯度の高さを改めて感じさせるコンディション下で、225周のレースはスタートした。多くのファンがグランドスタンドから見守る中でグリーンフラッグが振られると、見事なダッシュを見せたのはトニー・カナーン(Andretti Green Racing)で、3位からトップへと躍り出た。しかし、25周を越えるとハンドリングが悪化し、見る間に後退。後に燃料漏れから火災が発生し、カナーンはリタイアを喫した。

    ポールポジションからスタートしたライアン・ブリスコー(Team Penske)は、カナーンをパスしてトップを奪還するとリードを続けた。しかし、ダリオ・フランキッティ(Target Chip Ganassi Racing)が、素早いピットストップで3位からトップへと浮上した。ショートオーバルでは、トラフィックが何度もトップグループの前に発生し、どれだけ短時間でパスして進んで行けるかが重要だったが、フランキッティは周回遅れに引っかかった一瞬の隙を突かれてブリスコーとディクソンにパスを許し、3位へと順位を戻した。再びトップに立ったブリスコーは、2年連続優勝に向けて周回を重ねた。しかし、201周目、周回遅れのマシンに一瞬引っかかった彼をディクソンが鋭い走りでオーバーテイク。ゴールまで25周を切ってトップに立つと、周回遅れを次々とパスしてブリスコーとの間にマージンを作り上げ、2.1257秒の差をつけてゴールへ飛び込んだ。ブリスコーはゴールを目の前にしてフランキッティから激しいアタックを受けたが、これを辛うじて封じ込めて2位フィニッシュ。3位はフランキッティ、4位は予選2位から、ほぼ全周で4位を走り続けたグラハム・レイホール(Newman/Haas/Lanigan Racing)が入った。ウィスコンシン州生まれで、多くの地元ファンの期待を集めるダニカ・パトリック(Andretti Green Racing)は予選9位から5位でゴールし、大きな歓声を浴びていた。予選でアクシデントを起こして最後尾スタートとなったインディ500ウィナーのエリオ・カストロネベス(Team Penske)は、11位まで順位を上げるのが精一杯だった。

    予選6位からスタートした武藤英紀(Andretti Green Racing)は、レースの序盤に5位に順位を上げ、ハイペースで走行を続けていた。そのポジションを保っていた武藤だったが、2回目、3回目のピットストップで順位を落とし、8位でのゴールとなった。



    武藤英紀 決勝後コメント

    マシンのハンドリングはとてもよく、レース中のペースもよいものでした。1回目のピットストップでは順位を上げることこそできませんでしたが、ポジションキープはできていました。しかし、レースの中盤以降、ピットストップに入るタイミングが周回遅れと一緒になってペースが遅くなったのと、最後にはピットでの給油作業の遅れもありました。ピットで順位を落としていては勝つことはできません。クルーたちもミスをしようとしているわけではないのですが、練習をもっと繰り返し、ミスのないようにしなければならないと思います。


    R04.インディアナポリス

    2009年5月30日 土曜日


    Round05 ミルウォーキー予選結果

    2009年5月30日 土曜日
    3週間におよぶ熱戦、インディ500が終わったばかりのインディカー・シリーズだが、休むことなくミルウォーキーでの第5戦を迎え、予選が行われた。全長1マイルのコースを4連続周回する予選で1分26秒7966=平均時速168.394マイルを記録してポールポジションを獲得したのは、ライアン・ブリスコー(Team Penske)だった。<br/>
    第5戦が行われるのは、ザ・ミルウォーキー・マイル。五大湖のひとつであるミシガン湖の西岸にたたずむ町、ミルウォーキーに1870年代から存在するオーバルだ。ただし、自動車レースが行われるようになったのは1900年代の初頭からで、もともとは未舗装の競馬場であったものが、1950年代の半ばに舗装オーバルへと生まれ変わった。インディアナポリス・モーター・スピードウェイをしのぐ100年以上の歴史を持つことから、同コースは“伝説のオーバル”とも呼ばれている。<br/>
    朝方に広がっていた曇り空は、予選が始まる前に晴天へと変わり、過ごしやすい天候の下、20人のドライバーによって予選が行われた。今回のポールポジションはブリスコーにとって今シーズン初、キャリア5回目となった。彼は昨年、このコースでオーバルコースでの初優勝を挙げており、2年連続優勝を目指すことになる。予選2番手はグラハム・レイホール(Newman/Haas/Lanigan Racing)だった。昨年の彼はルーキーながらミルウォーキーでポールポジションを獲得した。レイホールのショートオーバルでのパフォーマンスは極めてよく、2年連続のフロントロースタートとなった。また、予選3番手はトニー・カナーン(Andretti Green Racing)で、4番手はスコット・ディクソン(Target Chip Ganassi Racing)、そして、5番手はマリオ・モラレス(KV Racing Technology)となっている。<br/>
    フラットに近いコースでは高いコーナリングスピードを保つのが難しく、セッティングもドライビングも極めて繊細だ。そのようなコースで武藤英紀 (Andretti Green Racing)が予選6番手に食い込む走りを見せた。プラクティスで燃料系トラブルが発生、走行時間は十分ではなかったが、マシンの仕上がりがハイレベルだった上に安定した走りを続け、3列目グリッドを獲得した。今季の武藤にとってのベストグリッドである。<br/>
    なお、インディ500で勝ったばかりのエリオ・カストロネベス(Team Penske)は、アタック1周目のターン1でコントロールを乱してクラッシュ。最後尾の20番グリッドから決勝に出走する。


    3週間におよぶ熱戦、インディ500が終わったばかりのインディカー・シリーズだが、休むことなくミルウォーキーでの第5戦を迎え、予選が行われた。全長1マイルのコースを4連続周回する予選で1分26秒7966=平均時速168.394マイルを記録してポールポジションを獲得したのは、ライアン・ブリスコー(Team Penske)だった。

    第5戦が行われるのは、ザ・ミルウォーキー・マイル。五大湖のひとつであるミシガン湖の西岸にたたずむ町、ミルウォーキーに1870年代から存在するオーバルだ。ただし、自動車レースが行われるようになったのは1900年代の初頭からで、もともとは未舗装の競馬場であったものが、1950年代の半ばに舗装オーバルへと生まれ変わった。インディアナポリス・モーター・スピードウェイをしのぐ100年以上の歴史を持つことから、同コースは“伝説のオーバル”とも呼ばれている。

    朝方に広がっていた曇り空は、予選が始まる前に晴天へと変わり、過ごしやすい天候の下、20人のドライバーによって予選が行われた。今回のポールポジションはブリスコーにとって今シーズン初、キャリア5回目となった。彼は昨年、このコースでオーバルコースでの初優勝を挙げており、2年連続優勝を目指すことになる。予選2番手はグラハム・レイホール(Newman/Haas/Lanigan Racing)だった。昨年の彼はルーキーながらミルウォーキーでポールポジションを獲得した。レイホールのショートオーバルでのパフォーマンスは極めてよく、2年連続のフロントロースタートとなった。また、予選3番手はトニー・カナーン(Andretti Green Racing)で、4番手はスコット・ディクソン(Target Chip Ganassi Racing)、そして、5番手はマリオ・モラレス(KV Racing Technology)となっている。

    フラットに近いコースでは高いコーナリングスピードを保つのが難しく、セッティングもドライビングも極めて繊細だ。そのようなコースで武藤英紀 (Andretti Green Racing)が予選6番手に食い込む走りを見せた。プラクティスで燃料系トラブルが発生、走行時間は十分ではなかったが、マシンの仕上がりがハイレベルだった上に安定した走りを続け、3列目グリッドを獲得した。今季の武藤にとってのベストグリッドである。

    なお、インディ500で勝ったばかりのエリオ・カストロネベス(Team Penske)は、アタック1周目のターン1でコントロールを乱してクラッシュ。最後尾の20番グリッドから決勝に出走する。



    武藤英紀 予選後コメント

    マシンのハンドリングがとてもよかったです。レース用のセッティングはタイヤの消耗が少ないマシンにすることが大事ですが、それも我々は達成できていると思います。予選はもっと上位にいけました。プラクティスで燃料が漏れるトラブルがあって、走行時間が減ってしまいました。あれがなければ、少なくともあと 1回はシミュレーションできていたので、もっとよいタイムが出せたと思います。6番手はよいポジションですし、周りは安心して走れる経験豊富なドライバーばかりなので、上位を保って走り続け、最後に勝負ができるように戦いたいと考えています。


    カワイイ

    2009年5月29日 金曜日

    一昨日、マネージャーのデビット宅へ行ってきました。最近は大分暖かくなったのでプールに入って遊んでいます!トレーニングをした後に、ホットタブに入って空を眺めていると最高にリラックスできます。
    いつも一緒にプールやゲームをして遊ぶ息子のマフュー君です。カワイイでしょ?ただ喋るのが早いので聞き取るのに必死です。良い練習になりますが…。
    明日からミルウォーキィーに移動です。夕方からエンジニアとメジャーリーグを観戦する予定です。

    Round04 インディアナポリス決勝結果

    2009年5月25日 月曜日
    1909年に完成し、建設100周年を迎えたインディアナポリス・モーター・スピードウェイにおいて、93回を数えるインディ500の開催された。今年も伝統にのっとって2週末にわたる予選で、決勝へと進出する33人のドライバーが選ばれ、ポール・ポジションからスタートしたエリオ・カストロネベス(Team Penske)が決勝でも勝利を飾った。<br/>
    カストロネベスはレース序盤に6番手まで下がったが、周回を重ねる中でポジションをばん回し、142周目にトップへと返り咲いた。そして、2位へと順位を上げてきたダン・ウェルドン(Panther Racing)に1秒9819という差をつけてチェッカー・フラッグを受けた。カストロネベスにとってインディ500における勝利はこれで3回目、Team Penskeにとっては15勝目となった。Panther Racingは2005年のインディ500ウイナー、ウェルドンを起用してインディ500を戦ったが、あと一歩で優勝に手が届かず、2年連続の2位。悔しさをにじませていた。3位はダニカ・パトリック(Andretti Green Racing)。彼女はインディ500における自己ベストである4位を更新し、女性ドライバーとしてインディ500史上初となる、トップ3入りを果たした。<br/>
    全長2.5マイルのコースを超高速で走るインディ500は、気温の変化や風向きにも影響を受けるほどにデリケートで、マシンのコントロールには高度なテクニックが求められる。決勝レースは200周、500マイルの長丁場で、壁に囲まれたコースだけにドライバーには少しのミスも許されない。そのような状況下で、カストロネベスは順位を落としても全く慌てず、冷静な戦いぶりでレース終盤にトップに立ち、そこからは2位以下を突き放してゴールへと飛び込んだ。ビクトリーラップを終えたカストロネベスは、メインストレートでマシンを降りるとグランドスタンド前のフェンスによじ登った。2002年以来となる彼のパフォーマンスにファンは熱狂していた。<br/>
    インディ500に2回目の出場を果たした武藤英紀(Andretti Green Racing)は、予選16位で6列目イン側グリッドからスタート。予選までよりも暖かくなったコンディションでマシンのハンドリングが非常によく、50周までに10位までポジションを上げた。しかし、3回目のピットインをするタイミングがアクシデントと重なる不運があり、一時は18位まで順位を下げた。その後、4回目のピットストップでは作業を終える前にジャッキが降ろされてしまうミスが発生し、14位までばん回していた順位を20位までダウンさせてしまった。それでも武藤はモチベーションを高く保つよう心がけ、最後まで順位争いをしながら10位でのゴールを果たした。

    photo_races_09_r41909年に完成し、建設100周年を迎えたインディアナポリス・モーター・スピードウェイにおいて、93回を数えるインディ500の開催された。今年も伝統にのっとって2週末にわたる予選で、決勝へと進出する33人のドライバーが選ばれ、ポール・ポジションからスタートしたエリオ・カストロネベス(Team Penske)が決勝でも勝利を飾った。

    カストロネベスはレース序盤に6番手まで下がったが、周回を重ねる中でポジションをばん回し、142周目にトップへと返り咲いた。そして、2位へと順位を上げてきたダン・ウェルドン(Panther Racing)に1秒9819という差をつけてチェッカー・フラッグを受けた。カストロネベスにとってインディ500における勝利はこれで3回目、Team Penskeにとっては15勝目となった。Panther Racingは2005年のインディ500ウイナー、ウェルドンを起用してインディ500を戦ったが、あと一歩で優勝に手が届かず、2年連続の2位。悔しさをにじませていた。3位はダニカ・パトリック(Andretti Green Racing)。彼女はインディ500における自己ベストである4位を更新し、女性ドライバーとしてインディ500史上初となる、トップ3入りを果たした。

    全長2.5マイルのコースを超高速で走るインディ500は、気温の変化や風向きにも影響を受けるほどにデリケートで、マシンのコントロールには高度なテクニックが求められる。決勝レースは200周、500マイルの長丁場で、壁に囲まれたコースだけにドライバーには少しのミスも許されない。そのような状況下で、カストロネベスは順位を落としても全く慌てず、冷静な戦いぶりでレース終盤にトップに立ち、そこからは2位以下を突き放してゴールへと飛び込んだ。ビクトリーラップを終えたカストロネベスは、メインストレートでマシンを降りるとグランドスタンド前のフェンスによじ登った。2002年以来となる彼のパフォーマンスにファンは熱狂していた。

    インディ500に2回目の出場を果たした武藤英紀(Andretti Green Racing)は、予選16位で6列目イン側グリッドからスタート。予選までよりも暖かくなったコンディションでマシンのハンドリングが非常によく、50周までに10位までポジションを上げた。しかし、3回目のピットインをするタイミングがアクシデントと重なる不運があり、一時は18位まで順位を下げた。その後、4回目のピットストップでは作業を終える前にジャッキが降ろされてしまうミスが発生し、14位までばん回していた順位を20位までダウンさせてしまった。それでも武藤はモチベーションを高く保つよう心がけ、最後まで順位争いをしながら10位でのゴールを果たした。



    武藤英紀 決勝後コメント

    カーブデイのセッティングから空力バランスを少し変えたマシンは、今日の暑いコンディションの下でとてもいいハンドリングになっていました。序盤からオーバーテイクをどんどん重ね、順位を上げていくことができました。しかし、ピットに入るタイミングでアクシデントが起きて順位を落とし、その後にもピットでのミスがあって、同じ相手を何度も抜いていかなければなりませんでした。今日の僕らのマシンは10位を争うものなどではなく、トップグループでの争いができるマシンでした。トップ3に入れるマシンになっていたと思います。そういうマシンがありながら、他のことがうまくかみ合わず、とても悔しい。


    充電中

    2009年5月20日 水曜日

    天気が良いので洗車を済ませて、これからマッサージです。
    その後、マネージャーのデビデビとランチをして、ワークアウトを一緒にしよう!と話しています。バイク&ランそんでプール!まるでトライアスロンですね…。
    休みだからと家にこもっている気分ではないです、今日は。

    にゅーよーく

    2009年5月19日 火曜日

    今日は朝からニューヨークのダウンタウンへ行き、INDY500に出場する全ドライバーの記念撮影をしてきました。1年前の日記でも同じ事を書いていたのを記憶しています。
    これからシカゴの家に2日程帰ります。毎日サーキット内に住んでいると、起きてから寝るまでスイッチが入りっぱなしになってしまい、精神的に疲れてしまいます。短期間なら良いですが、1ヶ月モーターホームって結構辛いッス。
    リフレッシュも大事ですね!好きな事をしているのにストレスが溜まるのか?って思うかもしれませんが…。
    明日はできる限りのんびり過ごします。
    写真は飛行機から撮影したINDYレーストラックです。

    チャンピオンと!

    2009年5月13日 水曜日

    無事にトロントのイベントを終えてインディアナのモーターホームに帰ってきました!
    プライベートジェットで行くと、こんなに入国が簡単なのかっていうくらい楽でした。飛行機を降りると同時にパスポートにスタンプを押され終了!えっ…。って感じです。
    夕飯はマルコとスコット・ディクソンと一緒にステーキを食べにダウンタウンへ行きました。しかもおごってもらっちゃった…。
    ありがとうございます!

    もう…。

    2009年5月12日 火曜日

    家でゆっくりする時間もなく出発です…。
    もう一泊したかったな。

    ビージー

    2009年5月12日 火曜日

    昨晩シカゴの家にパスポートを取りに帰ってきました。何でかと言いますと、明日カナダのトロントにレースのプロモーションで行く事が急に決まったからです…。
    なので今日は、マッサージ&食品の調達をしにシカゴ郊外に来ています。

    フゥーッ

    2009年5月11日 月曜日

    予選が今日終わりました。やはりインディ500の予選アタックは痺れますね!寿命が確実に縮んだ気がします。
    アタックの時は、空力抵抗を極減にして臨むのですが車が宙に浮きそうな感じがします。380キロ全開で壁に囲まれたコーナーに進入する瞬間は、ただ何も起こらない事を願うだけです。自然に全身に力が入り、4周回終わった瞬間は、何も起こらなかった事に感謝しながらピットに向かいます。
    今はミーティングも終わり、ホッと一人音楽を聴いています。

    Round04 インディアナポリス予選結果

    2009年5月10日 日曜日
    インディ500は今年で93回目の開催を迎える、世界で最も長い伝統を誇るレースだ。1909年、アメリカ東部のインディアナ州都に全長2.5マイルのスーパースピードウェイは造られ、2回の世界大戦の間を除き、毎年500マイルの長距離レースは行われてきた。<br/>
    インディ500の予選は2週末にわたって行われる。今年は5月6日(水)にプラクティスをスタートする予定だったが、雨で1日遅れの木曜日に走行は始まり、2日間のプラクティスのあとに予選初日を迎えた。<br/>
    ポールデイと呼ばれる5月9日の予選初日には、ポールポジションから11番目までのグリッドが決定される。予選は正午から夕方の6時までで、1台が4ラップの連続周回を行い、その平均スピードによってグリッドが決められる。ただし、インディ500では各ドライバーに一日3回までのアタックが許されており、今年のポールデイも多くのドライバーたちが複数回のアタックを行った。<br/>
    気温が低く、西からの風が強く吹く難しいコンディションが続く中でポールポジションを獲得したのは、エリオ・カストロネベス(Team Penske)だった。彼は2回目のアタックで平均速度224.864マイルをマークし、チームメートのライアン・ブリスコーを暫定トップの座から引きずり下ろした。この後にブリスコーは逆転を狙うアタックを行ったが、カストロネベスに0.5597秒届かなかった。<br/>
    カストロネベスのポールポジションはIRL インディカー・シリーズで27回目、インディ500で3回目となった。予選2番手はブリスコー、予選3番手はダリオ・フランキッティ(Target Chip Ganassi Racing)が獲得した。<br/>
    5月10日の予選2日目は風も収まり好天に恵まれ、12位から22位までのグリッドが決定した。武藤英紀(Andretti Green Racing)は平均時速222.805マイルで16位となり、この日から決勝に向けたマシンセッティングに取りかかった。

    インディ500は今年で93回目の開催を迎える、世界で最も長い伝統を誇るレースだ。1909年、アメリカ東部のインディアナ州都に全長2.5マイルのスーパースピードウェイは造られ、2回の世界大戦の間を除き、毎年500マイルの長距離レースは行われてきた。

    インディ500の予選は2週末にわたって行われる。今年は5月6日(水)にプラクティスをスタートする予定だったが、雨で1日遅れの木曜日に走行は始まり、2日間のプラクティスのあとに予選初日を迎えた。

    ポールデイと呼ばれる5月9日の予選初日には、ポールポジションから11番目までのグリッドが決定される。予選は正午から夕方の6時までで、1台が4ラップの連続周回を行い、その平均スピードによってグリッドが決められる。ただし、インディ500では各ドライバーに一日3回までのアタックが許されており、今年のポールデイも多くのドライバーたちが複数回のアタックを行った。

    気温が低く、西からの風が強く吹く難しいコンディションが続く中でポールポジションを獲得したのは、エリオ・カストロネベス(Team Penske)だった。彼は2回目のアタックで平均速度224.864マイルをマークし、チームメートのライアン・ブリスコーを暫定トップの座から引きずり下ろした。この後にブリスコーは逆転を狙うアタックを行ったが、カストロネベスに0.5597秒届かなかった。

    カストロネベスのポールポジションはIRL インディカー・シリーズで27回目、インディ500で3回目となった。予選2番手はブリスコー、予選3番手はダリオ・フランキッティ(Target Chip Ganassi Racing)が獲得した。

    5月10日の予選2日目は風も収まり好天に恵まれ、12位から22位までのグリッドが決定した。武藤英紀(Andretti Green Racing)は平均時速222.805マイルで16位となり、この日から決勝に向けたマシンセッティングに取りかかった。


    武藤英紀 予選後コメント

    ポールデイに予選通過しようと考えていましたが、マシンのリアがあまり安定しないセッティングになっていて、予選2日目での通過になりました。チームは残りのタイヤセット数を気にしているため、2日目のアタックは1回だけになりましたが、もう1回やっていれば、もっと上位のグリッドを獲得できていたと思います。