Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

HIDEKI'S BLOG

blog archives

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2009年7月 のアーカイブ

    Round12 ケンタッキー予選結果

    2009年7月31日 金曜日

    プラクティスと予選の開催を予定していたケンタッキー・スピードウェイだったが、木曜日の晩から金曜日の朝まで降り続いた雨の影響か、路面から水が染み出すトラブルが発生。IRLのセーフティ・チームが懸命に問題解決にあたったが、午後1時過ぎから始まるはずだったプラクティスは夕方の5時になっても始めることができず、IRLは予選の開催断念を決めた。今回から空力とエンジンに関する新ルールを採用しているため、シリーズ主催者のIRLとしては出場全チームに、より多くの走行時間を与えたいと考えており、予選よりもプラクティスの開催を重視した結果である。ドライバーのサイン会を終えた夜8時半の時点でも水の問題は完全に解決せず、プラクティスは決勝日である土曜日の午後3時へと延期された。レースのスタートは夜の8時45分となる。

    レースのスターティング・グリッドは第11戦エドモントンまでのエントラントポイントで決定。武藤英紀(Andretti Green Racing)はランキング11位につけているため、明日のレースには6列目イン側の11番グリッドからスタートする。右隣りにはNewman/Haas/Lanigan Racingから出場するルーキーのロバート・ドーンボスが並ぶ。


    武藤英紀 予選後コメント

    今日走ることができなかったので、新しい空力のパッケージでの走り、そして、レースがどのようになるかは想像しにくいです。しかし、ダウンフォースが増える分、マシン同士が昨年までよりも接近して走ることが可能になると考えられます。ただし、今年はタイヤのコンパウンドが違うので、グリップが昨年より低くなっている場合もあり得ます。そうなると接近して走るのは難しくなるかもしれません。“Hondaボタン”はスタート、リスタート、そしてアウトラップで使うパターンが多いのではないでしょうか。20回のうちの半分はそこで使うでしょう。残りは終盤の勝負どころにとっておくという戦い方を我々はすると思います。

    誕生日パーティー

    2009年7月31日 金曜日

    チームオーナーのケビンが50歳になったらしく、今からパーティーをします。
    朝早かったので早く終わってくれる事を願います!
    とにかく、おめでとうございます!!

    ケンタッキー到着

    2009年7月31日 金曜日

    約500キロの運転を経て、無事にサーキットに着きました。
    着いてモーターホームに向かったのですが、数時間前から降り続いている雨の影響で、水量が膝上まであり歩いて辿り着けませんでした…。
    今エンジニアルームで待機してるのですが、そろそろ大丈夫かな?

    <第11戦>オンエア情報

    2009年7月29日 水曜日

    第11戦【2009/7/26 Edmonton City Centre Airport】
    放送局:GYAORA
    初 回 :8月 1日(土)  19:00~21:30
    再放送:8月 4日(火)  11:00~13:30
          8月11日(火)  6:30~9:00

    Round11 エドモントン決勝結果

    2009年7月27日 月曜日

    今シーズン5戦目となるロードレースは、エドモントン市街の空港を使った全長1.973マイルの仮設サーキットで開催された。快晴に恵まれ、過ごしやすいコンディションで行われたレースには23台のインディカーが出場。多くの高速コーナーと高いグリップ、それに加えてバンピーな路面は、ドライバーたちの体力を消耗させたが、満員のグランドスタンドの前で繰り広げられた95周にわたる高速バトルはクリーンに戦われた。

    コース幅が広く、ランオフエリアも広いコースとあって、決勝ではフルコースコーションがファイナルラップの1周だけしか出されなかった。これはインディカー・シリーズにおける新記録である。

    予選で1、2、3位を独占したTeam Penskeは、決勝では、予選3位だったエリオ・カストロネベスが2位でゴールし、今シーズン2回目の1-2フィニッシュを記録した。カストロネベスは2回目のピットストップでスコット・ディクソン(Target Chip GanassiRacing)に先行を許したが、周回遅れにつまったディクソンの一瞬の隙を逃さずにオーバーテイクした。昨年度ウイナーのディクソンは3位でフィニッシュし、わずか3点の差ながらポイントリーダーの座へと返り咲いた。予選2位だったライアン・ブリスコー(Team Penske)は、レース終盤にハンドリングが悪化してペースダウンし、2位から4位まで順位を下げてゴール。ポイントリーダーとしてエドモントン入りしたダリオ・フランキッティ(Target Chip Ganassi Racing)が5位。そして、カナダの人気ドライバーであるポール・トレイシー(KV Racing Technology)がスタート直後にチームメートとの接触などもありながらも、第10戦トロントの時と同様にファンの歓声を浴びる活躍を見せ、予選順位から3つのポジションをアップさせる6位でゴールした。

    武藤英紀(Andretti Green Racing)は、12番グリッドからスタートし、レース序盤はポジションを守っていたが、1回目のピットストップで16位まで順位を下げた。それでも武藤は粘り強く走り続け、14位でゴールした。


    武藤英紀 決勝後コメント

    予選までセッティングが決まっていなかったので、決勝日のウオームアップで新しいセッティングを試し、決勝でもさらに違うセッティングをトライしました。しかし、プライマリータイヤで走ったレース序盤は、グリップの低さから苦しい戦いになりました。1回目のピットストップで新品のオプショナルを装着したところ、今日はオプショナルタイヤの方がコンディションに合っていると感じたので、レース終盤も、使い古しのオプショナルタイヤで走りました。

    第11戦を終え英紀よりコメントが届きました!

    2009年7月27日 月曜日

    12位からスタートした決勝は、ハードタイヤでスタートしたので序盤はペースが上げられずに苦しみました。
    ソフトタイヤに履き替えた直後にコースオフしてしまい、順位を大きく落としてしまいました。
    自分のミスで順位を落とした事、本当にチームに対して申し訳ない気持ちで一杯です。
    正直、今日は勝てる車ではなかったと思いますが、こんな時こそミス無くゴールまで走りきる事が大事だったにのに…。
    また来週から頑張ります!
    英紀

    Round11 エドモントン予選結果

    2009年7月26日 日曜日

    シーズン半ばのロードレース3連戦、その最後を飾るのが昨年に続いて2回目の開催となるカナダ、アルバータ州エドモントンでのレースだ。同地のサーキットはダウンタウンの空港を使ったもので、高速コーナーが連続するスリリングなレイアウトとなっている。

    走行2日目となる土曜日に行われた予選、ドライバーたちは広いランオフエリアがあるコースとあってアグレッシブな走りを思う存分にトライ。

    武藤英紀(Andretti Green Racing)は、昨日までとは大きく異なるマシンセッティングでプラクティス3回目に出走。ハンドリングの向上を確認して予選に臨み、第2ステージへの進出を今年初めて成し遂げた。しかし、最終ステージまで駒を進めることはならず、明日のレースは12番グリッドからスタートすることになった。


    武藤英紀 予選後コメント

    昨日とは違うセッティングで走り、それが進歩につながっていたと思います。今年初めて第2ステージに進むことができました。昨年と比べ、自分のドライビングもマシンもよくなっていたと思います。第2ステージではトップ10入りを目指して走りましたが、結果は12位でした。今回、第2ステージに進めたのがAGRでは自分だけで、その自分のベストがポールポジションから1秒近くの差をつけられていますから、我々はマシンをもっともっとよくしていかなければいけないと感じています。そうした面から考えると、予選第2ステージでは、もっと思いきったセッティング変更を試すべきだったかもしれません。

    エドモントン

    2009年7月24日 金曜日

    朝4時起きで飛行機に飛び乗り、無事にエドモントンに着きました。
    先程、チーム全体でサーキットウォークを行いました。改めて路面のバンプにビックリ!空飛んじゃいそうです。
    今日の夕飯はジャパニーズに行く予定です。
    写真は先日、日本でディズニーシーへ行った時の物です。

    次は茂木だー

    2009年7月22日 水曜日

    これからアメリカに戻ります!今日はある人が遅刻した為、銀だこが食べれなかった…。
    次帰国する時は、茂木だ!
    やってやるぞ!!

    R10.トロント

    2009年7月20日 月曜日

    ガラガラ

    2009年7月19日 日曜日

    写真に写ってない人がいますが、こんな感じでした。
    先程、無事に家に着きました!道路が混むだろう?と予想して早朝に出発したら、1時間くらい誰よりも早く現地入りしてしまい、やる気まんまんな感じでした!

    バーベキュー!

    2009年7月19日 日曜日

    トレーナーの細川さんファミリーと、バーベキューに来ました!
    これから肉焼いて食います。まだ10時だけど…。