Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

HIDEKI'S BLOG

blog archives

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2010年5月 のアーカイブ

    Round06 インディアナポリス決勝結果

    2010年5月31日 月曜日

    第94回インディ500の決勝レースは、見事な快晴の下、5月30日の午後1時10分にスタートした。朝から照りつける日差しは強く、レース中の気温は34℃にも達した。

    ポールポジションからスタートしたのは、3回の優勝経験を誇るエリオ・カストロネベス(Team Penske)だったが、2007年ウイナーのダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)がグリーンフラッグと同時に見事な加速を見せ、1周目にして3番手からトップへと躍り出た。暑さの中でマシンのハンドリングが定まらないマシンも出る中、フランキッティはライバル勢を悠々と突き放すハイペースで疾走し、レースをリードし続けた。

    レース終盤の161周目、ルーキーのセバスチャン・サーべドラ(Bryan Herta Autosport)がアクシデントを起こしてフルコース・コーションが発生。このチャンスを利用して、ほぼすべてのドライバーがピットストップを行った。しかし、ピットアウトした彼らにはフルタンクで走れるギリギリの周回数が残されていた。

    ここでピットインをしなかったマイク・コンウェイ(Dreyer & Reinbold Racing)は177周目までトップを走った。続いてトップに立ったジャスティン・ウィルソン(Dreyer & Reinbold Racing)は残り13周でピットに向かわざるを得なかった。この少し前のタイミングで長いフルコース・コーションが出されていれば、彼らがウイナーとなったかもしれない。

    ポジションを争いながら燃費をセーブする必要のある難しい戦いは、ベテランのフランキッティの得意とするところだ。彼はゴールまで残り9周でトップに復活した。そしてファイナルラップを迎えようというとき、コンウェイがライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)と接触して宙へと舞い上がり、ターン3出口のフェンスに激突するアクシデントが発生。レースはイエローフラッグとチェッカーフラッグが同時に振られ、フランキッティがインディ500でのキャリア2勝目を飾った。フランキッティのリードしたラップは200周のうちの155周にも及んだ。Chip Ganassi Racingにとってはインディ500での通算3勝目で、チップ・ガナッシにとってはオーナー、もしくは共同オーナーとしての通算4勝目となった。

    武藤英紀(Newman/Haas Racing)は、スタート直後からマシンのハンドリングが不安定で、徐々にポジションを落としていった。マシンに何かトラブルがあることも考えられたため、武藤は1回目のピットストップを早目に行った。その後も何度かピットに入ってマシンに変更を施したが、ハンドリングの向上が見られず、76周でリタイアとなった。


    武藤英紀コメント

    チームは冬の間からインディ500に向けてマシンを準備していました。本当に一生懸命に働いてくれていました。それだけに、本当に悔しいレースでした。予選2日目に暑い中で走り、グリップが低いと感じました。そこで、ファイナルプラクティスには調整をしたマシンで臨み、マシンのフィーリングがよくなっていました。ところが、今日はファイナルプラクティスよりさらに気温が上がった影響か、レースがスタートしてみるとマシンのグリップが全然感じられない状態でした。周回を重ねるたびにハンドリングが悪くなっていきました。ピットに何度か入り、車高、トウ、キャンバーなどのセットアップを変更しましたが、基本的に問題の本質は改善されず、ピットでの作業だけで大きなグリップを得られるマシンにするのは難しいという判断になりました。高くなった気温だけがグリップ不足の原因ではなく、何かほかにも理由はあったと思います。次のテキサスはもうすぐですが、気持ちを切り替えてがんばります。

    テレビオンエア情報

    2010年5月28日 金曜日

    【GAORA】

    第6戦
    「第94回インディ500」~インディアナポリス~

    初 回 :5月30日(日)深夜1:00~翌朝6:30【生放送!】
    再放送:6月3日(木)18:00~22:30
    6月5日(土)8:00~12:30

    http://www.gaora.co.jp/motor/indy/index.html

    まいにち まいにち~♪

    2010年5月27日 木曜日

    今週はインディ500のプロモーションで色々な場所に顔を出しています。

    一昨日はボストンでパーティーに出席、昨日はニューヨークで写真撮影、今日はこれからジーンズのファッションショーに行きます。

    え~、パーティーでは皆が楽しそうにほろ酔いでした。

    走る事以外での活動も多いのがインディ500の特徴で、意外とエンジョイしています!??

    今日はロジャーさんと一緒にトレーニングもできたしスッキリしました(毎日走行があると、なかなか運動する時間がありません)。

    そんじゃ、行ってくるだ。。。

    Round06 インディアナポリス ポールデイ

    2010年5月24日 月曜日

    2010年5月22日(土)
    ポールデイ
    会場:インディアナポリス・モーター・スピードウェイ(全長2.5マイル)
    開催地:インディアナ州インディアナポリス
    気温:20~25℃
    天候:晴れのち曇り


    今年で94回目の開催を迎えるインディ500は、今年からの新ルールのもとで2段階の予選を行い、エリオ・カストロネベス(Team Penske)が4周の平均時速227.970マイルという驚くべきスピードを記録してポールポジションを獲得した。2001、02、09 年とインディ500ですでに3勝を挙げているカストロネベスは、伝統ある500マイルレースでの4度目のポールポジションを手に入れた。予選最速ドライバーには17万5000ドルの賞金が贈られた。

    インディ500の予選は伝統的に2週末の合計4日間を使って行われてきたが、今年は1週末の2日で開催されることとなった。予選初日は午前11時にスタート。各ドライバーが4周連続のアタックを行い、夕方4時までの走行でトップから9位までのスピードをマークしたドライバーが予選の第2段階へと進んだ。

    午後4時30分から午後6時までの1時間30分が予選の第2段階、最初にコースインしたのはカストロネベスで、彼は計測2周目に今年のインディでの最速となる平均時速228,213マイルをマーク。3ラップ目にも228マイル台を続けて叩き出したカストロネベスは、4周平均227.970マイルという見事な予選アタックを完成させ、結局この記録は最後まで誰にも打ち破られることはなかった。ウィル・パワー(Team Penske)が平均時速227.578マイルを出してチームメートに迫ったが、逆転はかなわずに2番手。3番手には07年ウイナーのダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)が平均時速226.990マイルで入り、4番手は時速226.554マイル平均を出したライアン・ブリスコー(Team Penske)のものとなった。フランキッティが意地を見せ、Team Penskeのフロントロー独占は阻まれた。


    武藤英紀(Newman/Haas Racing)は、予選の第1段階で平均時速225.423マイルをマークし、目標通りに7番手で第2段階へと進んだ。武藤はフロントローかグリッド2列目へと食い込む6番手以上を目指して第2段階の予選を走ったが、マシンセッティングが4周続けてハイスピードを維持できるものとなっておらず、予選結果は08年と同じく9番手となった。



    武藤英紀コメント

    予選でトップ9に入るという1つ目の目標は達成できました。第2段階ではトップ6を目指し、スピードを追求したセットアップで走りましたが、1周、2周目はいいタイムが出せても、3周、4周目でどうしてもマシンが滑ってしまいラップタイムにつなげられませんでした。予選アタックはぎりぎりのところでマシンをコントロールします。今日は予選アタックを4回とそのための練習もやりましたから本当に疲れました。9番グリッドはアウト側ですから、スタート時の乱気流の影響を受けやすいイン側の7番グリッド、真ん中の8番グリッドよりもスタート位置としてはいいと私は考えています。明日は暑さの中での決勝用セッティングの仕上げをがんばります。

    痺れますぅ。

    2010年5月21日 金曜日

    今日は一日、予選用のマシンセットアップを試しました。
    372キロ、アクセル全開でコーナーに飛び込むのは妙な緊張を覚えます。走行前は色々考えてしまいますよ…。
    明日の予報は雨。しかし、メディアのお仕事を沢山入れられてしまったので、休みにはならなそうだ…。

    通勤

    2010年5月20日 木曜日

    今日でインディアナポリスに通い始めて一週間が経ちました。
    まるでサラリーマンになったみたいです。定時にサーキット入りしてます!
    今のところ一週間のプログラムは順調に進んでいます。
    順調な時ほど気をつけます!

    【MOVIE】Indy500へむけて

    2010年5月19日 水曜日

    Indy500を目前に控え、英紀よりコメントが届きました!

    ご覧ください。


    [MEMBER] 英紀オフショット

    2010年5月14日 金曜日

    このページはパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:


    このページを閲覧するには会員登録が必要です。まだ会員登録されていない方はこちらから登録してください。

    新ヘルメット

    2010年5月14日 金曜日

    本日は、朝からチームに新スーツ&ヘルメットの確認に行ってきました。
    hel
    ヘルメットのデザインが少々変わり、ライトブルーがトッピングされています。これから暑くなるシーズン、見た目を涼しく!大事です。アライヘルメット様、サイドワインダーズ様、いつもいつもありがとうございます!!やる気が湧いてきました。

    cars

    マシンが4台ありますが、2台がINDY500スペシャルです。近距離での撮影はNGでした。
    残りの2台はショートオーバル用&ロードレーシング用です。

    束の間の…

    2010年5月13日 木曜日

    昨日無事にシカゴに戻ってきました。今回の日本はスケジュールがタイトで大変でしたー。

    短い日本滞在ではありましたが、普段シーズン中は会うことができない方々に、少しですが会うことができました。楽しい時間をありがとうございました!

    地元の友達も帰国する度に集まってくれて、毎回リラックスさせてくれます。大声で喋るからお店には迷惑かな??すいません…。

    最終日は祖父の家へ行きました。
    おじいちゃんの衰弱ぶりに正直、驚きました。
    頑固で元気だった人が弱っていくところを見るのは辛い。
    後ろ髪を引かれる思いで家を出ました。
    過去の人になっちゃいけない。毎日がスタートだと思え!そう言われました。

    今週末からいよいよINDY500が始まります。最高の走りがしたいです!

    悔しいけど…

    2010年5月3日 月曜日

    昨日のレースでは、残り15周を切って5位走行中だったけど、ああいう残念な形でリタイアになってしまいました。とりあえず両者に怪我がなくて良かったです。
    手応えとしては3位表彰台も見えていただけに悔しいです。

    自分に原因は無いにしても、チームの皆が一生懸命仕上げてくれたマシンを壁にヒットさせて壊してしまうのは本当に心が痛いです。申し訳ない…。

    結果には結びつかなかったけど、予選でのスピード&決勝でのマシンの仕上がりは高いレベルだって事が分かっただけでも良かった。

    INDY500に向けて、チームはスペシャルでマシンを作っているし僕も頑張らなきゃ!!

    ファンの皆さん、なかなか胸を張れる結果を報告できなくてごめんなさい。
    皆の応援が凄く力になります。いつもありがとうございます!!

    英紀よりコメントが届きました!

    2010年5月2日 日曜日

    4番手からスタートした決勝、序盤マシンバランスに問題がありましたが、徐々にバランスが良くなっていき中盤は4位まで順位を挽回していました。 最後のリスタートは周回遅れのマシンが外側に膨らんできた為、行き場を失い外側のマシンに接触されてリタイアとなりました。

    まだ映像を見ていないので何とも言えませんが、外側にもう一台分のスペースが有ったとは思えません。 もう一度、話し合う必要があります。

    予選、決勝とペースは良かったので、この流れを大事にして次戦インディ500に臨みたいです。