Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

HIDEKI'S BLOG

blog archives

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2012年9月 のアーカイブ

    Round07 オートポリス決勝

    2012年9月30日 日曜日

    ●9月30日(日)
    ■フリー走行 ノータイム
    日曜日、雨は弱まったもののコースを霧が覆った。朝9時20分からのフリー走行では、まず武藤選手がコースインしたが、ほどなく霧による視界不良のためラップタイムを記録する前に赤旗中断となり、午前11時へ延期となった。しかしその後、霧はさらに深くなり、11時からのフリー走行もキャンセルとなった。

    ■決勝 10位(61周 2時間11分02秒860 ベストタイム:1分55秒799)
    決勝を迎えたオートポリスは、霧雨の降るウェットコンディションで、安全性確保を考慮してセーフティーカー先導によりスタートが切られた。武藤選手は前方に並んだ車両が間隔を開いて加速したためスタートダッシュを押さえられた形のままレースを開始した。

    武藤選手はクラス11番手で周回を重ねていたが、12周終了時点でアクシデント処理のためセーフティーカーがコースイン、一旦ホームストレート上に停止して改めてセーフティーカー先導によりレースをやり直すことになった。15周終了時点で再スタート。武藤選手はひとつ順位を繰り上げて10番手からレースを再開した。しかしスタートやり直しの間にタイヤが冷えてしまい20周目には後続に順位を譲り13番手まで順位を下げた。

    31周を終えて武藤選手はピットイン、ドライバー交代とタイヤ交換を行った。中嶋選手は11番手でレースを続け、45周を過ぎる頃には雨が上がり、コースが乾き始めた。コンディションが好転したことを受けて中嶋選手のペースは上がったが、順位を入れ替えるには至らない。結局上位車両の脱落により順位が繰り上がって10位で中嶋選手はフィニッシュし、シリーズポイントを1ポイント加えた。


    ■武藤英紀のコメント
    週末を通して雨が降り、厳しいレースになるだろうと予想していたんですが、思ったよりも周囲とのタイム差がなく戦えたと思います。ただ、ポイントを取る速さは示しましたが、表彰台争い、優勝争いに絡むことができなかったので残念です。いけるとおもっていただけに悔しいです。

    タイヤ選びという点でオートポリスが初めてで、あくまでも予想でしかタイヤを選んで持ち込めなかったのでハンディはあったでしょう。さらに雨が降って、走る時間も限られてしまったことを考えればベストの結果が出せたと思います。でも、車体とタイヤのマッチング、タイヤに合わせたクルマづくりを詰め切ることは正直なところできませんでした。

    リスタート後に順位を落としたのは、タイヤがうまく暖まらなかったからです。後続車を強引に押さえ込もうと思えばできたと思うんですが、そこまでリスクを負う順位でもないと思いました。もちろん抜かれたのは残念です。本当はドライで走りたかったですね。


    (無限プレスリリース)


    Round07 オートポリス予選

    2012年9月29日 土曜日

    シリーズ名:2012 AUTOBACS SUPER GT SERIES ROUND 7
    大会名:SUPER GT IN KYUSHU 300km
    距離:4.674km×65 周(303.810km)
    予選:9月29日(土)雨・観衆:11,200人(主催者発表)
    決勝:9月30日(日)雨・観衆:21,100人(主催者発表)

    #16 MUGEN CR-Z GTは、7月28日~29日にスポーツランドSUGO(宮城県)で開催されたSUPER GTシリーズ第4戦でGT300クラスに実戦デビューし、今回が4戦目。前戦の富士スピードウェイでは3位入賞という戦果をのこしている。

    第6戦後、ツインリンクもてぎでの合同テストを経て今回のレースを迎えた。オートポリスは、8月に行われた合同テストに参加しなかったため、#16 MUGEN CR-Z GTにとっては初めて走行するコースである。天候はあいにくの雨。フリー走行からめまぐるしく変化するウェット路面に合わせたセッティングとタイヤ選定を進め、雨の予選では16位。決勝は10位でフィニッシュした。

    ●9月29日(土)
    ■公式練習 16位
    前戦、富士300kmレースで3位入賞を果たした#16 MUGEN CR-Z GTは、9月16日~17日、ツインリンクもてぎで開催された合同テストに参加したが、ここでマシンを破損したため、破損箇所の修復に時間がかかり、新しい改良を加えることができないままオートポリスへ入った。

    接近する台風17号の影響でオートポリスは朝から雨となり路面は完全ウェット。まず武藤選手がステアリングを握ってコースイン、走行を開始したが、ほどなくコースをオーバーラン。9時45分には再びスピンしてグラベルベッドにはまり、走行不能になった。マーシャルの手でコースに復帰、自走してピットへ帰還した。10時過ぎ中嶋選手に交代、予選、決勝に向けた各種の確認作業を行った。中嶋選手は14周走行したうちの10周目、このセッションのベストタイムである1分57秒347を記録した。武藤選手のベストタイムは1分58秒454だった。

    ■公式予選 クラス12位(Q1:16位・2分05秒758、Q2:12位・2分01秒407、Q3:-)
    公式予選は全マシンが参加するQ1と、Q1の上位16台のみが出走できるQ2、Q2の上位10台のみが出走できるQ3を経てスターティンググリッドが決まるノックアウト方式で行われた。規則により2セッション連続で同一選手が走行することはできない。

    セッション開始直前に雨が強まり、コースはヘビーウェットコンディションとなる。まずQ1を武藤選手が担当、レインタイヤを装着して走行するが、タイムは伸びずQ2進出が許されるぎりぎりの16番手のタイム、2分05秒758を記録してQ2へ進出した。Q2は中嶋選手が担当、レインタイヤのままでタイムアタックを行った。雨は小降りとなり路面の水の量が減ったため、ラップタイムは全般的に向上した。中嶋選手も2分01秒407を記録したが、Q2に出走した16台中12番手に終わりQ3進出10台に食い込むことはできなかった。この結果、#16 MUGEN CR-Z GTは12番手から決勝スタートを迎えることになった。

    ボディ メンテナンス

    2012年9月29日 土曜日
    DSC_0510-1.jpg

    今日は、駒沢公園でトレーニングを終えて自由が丘にあるトレーナーの治療院(グリーンロード整骨院)に来ています。

    写真は歩くと柔軟性がアップする不思議なマット!

    数本歩いて今はマッサージを受けてます!

    今週末に向けて、体調はバッチリ!

    頑張ります

    鈴鹿サーキット

    2012年9月25日 火曜日

    今日は、HFDP FCJの特訓走行で鈴鹿サーキットに来ています!

    来週末、F1GPの前座で彼らのレースが行われます!

    大観衆の前で走れる良いチャンス。

    最高のレースをして欲しいです☆

    その前に、先ずは練習だ!!

    行ってきます。

    嬉しい電話

    2012年9月16日 日曜日

    今日、INDYCARシリーズのチャンピオンが決まりました。

    僕が二年間所属したアンドレッティ オートスポーツのライアン・ハンターレイ選手がチャンピオンになったのですが、そのマシンのチーフエンジニアを担当した レイから電話をもらった!

    レイは当時二年間、僕のエンジニアでした。

    おめでとう!の電話を僕が先にしなければいけなかったのですが、彼の方から電話をくれた。

    チャンピオンシップのプレッシャーから解放された彼はベロベロに酔っていましたが、一言めに「英紀、ありがとう!一番最初にお礼を言いたかった。英紀と一緒に戦った二年間の経験が今の自分の全てだ!本当に感謝している!」そう言ってくれたんです。

    僕達が別々の道に進んで三年が経ちましたが、今でも想っていてくれた事に言葉にならない感動を覚えました。

    異国で遠く離れた場所にかけがえのない友人がいる!何て素晴らしいことだろう!

    彼の言葉には重みがあり力をくれました!

    本当にありがとう!

    俺も頑張るよ!

    また会いたいな。

    なかなかの

    2012年9月15日 土曜日

    今週は、日曜日レースが終わり富士→東京、翌日にはSRS-Fの講師の仕事で東京→鈴鹿→東京、今日はインディ最終戦の解説で東京→大阪、明日はテスト前の移動日で大阪→茂木。

    なかなかの移動距離です。

    今年は、三つの顔を持ち仕事をしてきました!どの仕事も(もちろん自分のレースが全てですが)本当に楽しく仕事を通じて新たな出会いがあったり、色々と勉強させてもらっています!

    とりあえず今週末でGAORAの解説の仕事は終了するので、少しは時間ができそうです☆

    今から大阪に移動です。

    寝させて頂きます!

    フォトギャラリーアップしました

    2012年9月13日 木曜日

    9月8日〜9日に開催されましたRound06 富士スピードウェイのギャラリーをアップしました。

    詳しくはこちらから!

    Round06 富士スピードウェイ

    2012年9月13日 木曜日

    第6戦レース結果

    2012年9月11日 火曜日

    予選結果  http://www.hidekimutoh.com/?p=2767


    決勝結果  http://www.hidekimutoh.com/?p=2769

    SUPER GT Rd.6 富士スピードウェイ

    2012年9月10日 月曜日
    IMG_1061fb-1_2.jpg

    先ずは、ファンの皆さん、応援ありがとうございました!3位ではありますが、何とか表彰台に上がる事ができました。

    鈴鹿Rdに続き予選ではスピードを示す事はできましたが、正直、決勝はシングルフィニッシュが目標でした。

    僕達にとって、直線が長い富士スピードウェイは、トップスピードから見ても明らかに不利だったためです。

    実は、決勝前の公式練習でもトラブルが出てしまい、メカニックの皆が懸命に修復作業を行ってくれていました。

    まだまだ開発途中の僕達にとって、トラブルは憑き物。

    文句一つ言わず、メカニックの皆が汗を流し修復してくれている姿に心打たれました!

    何とか皆の気持ちを大事にして良い結果に結びつけたい!そういう強い意志が芽生えたのも事実です!

    決勝はチーム無限誰一人ミスをせず、完璧に近い仕事をしました。

    3位ではありますが、凄く意味のある、価値のある入賞だったと思います!

    この気持ちを忘れず、明日から更に前進していきたいと思います!

    ファンの皆さん、ありがとう!

    チーム無限、ありがとう!

    大祐、ありがとう!

    皆の力だ!!

    Round06 富士スピードウェイ決勝

    2012年9月9日 日曜日

    2012年9月9日(日)・決勝

    会場:富士スピードウェイ(4.563km)

    周回数:66周  天候:晴れ

    気温:29℃(14:30時点)  路面温度:44℃(14:30時点)

    コースコンディション:ドライ

    観客:3万3800人(主催者発表)


    ●9月9日(日)
    ■フリー走行 10位
    日曜日は朝から快晴となり気温が上昇した。フリー走行セッションでは、決勝を前提としたマシンの最終調整を行った。

    ■決勝 決勝 3位(61周 1時間47分37秒911 ベストタイム:1分42秒997)
    決勝は快晴の空の下でスタートした。スタートドライバーは従来通り武藤選手が務めた。ローリングスタートはクリーンにきられ、武藤選手は3番手を守って周回を開始した。するとトップのマシンがスピンしたため#16 MUGEN CR-Z GTの順位は繰り上がって2番手となった。

    しかし決勝レース用のセッティングではコーナリングは速いもののストレートスピードが伸び悩み、後方から追い上げられて8周目のダンロップコーナーで順位を3番手へ落とした。その後武藤選手は3番手を守り、総合でトップを走るマシンが決勝周回数の1/2を消化した時点で31周を走り終えピットインした。ピットでは給油を行うとともにリヤタイヤのみ新品に交換、武藤選手に代わって中嶋選手がコックピットに収まった。 コースに復帰した中嶋選手が34周を終えたときの見かけ上の順位は3番手、ピットストップ時間がライバル車に比較して短かったため事実上の首位に立ったものの、すでに背後にはレース前半首位を走っていた#33が迫っており、36周目の1コーナーでかわされ2番手となった。3番手にも10秒強の差で#31が続き、三つ巴の戦いの様相となっていく。

    中嶋選手は首位の#33とほぼ同じペースで周回していたが、ストレートが速い3番手のマシンとの間隔は徐々に縮まって46周目には2番手を明け渡した。53周目、2番手のマシンがトップのマシンと首位を争う過程でスピンしたため中嶋選手は再び2番手に浮上し、約5秒の間隔で残り約10周を走ることになった。しかし再び3番手のマシンに追いつかれると、60周目に入る1コーナー手前でかわされて3番手となった。その後中嶋選手は安定したペースで周回を重ね自分のポジションを守ってフィニッシュを迎えた。#16 MUGEN CR-Z GTは61周を走って3位に入賞、実戦デビュー3戦目にして表彰台に上がるという結果を残した。


    ■武藤英紀コメント
    Q1は通過するのが目的なので比較的抑え気味のタイムでした。Q2では少し想定外の状況が起きたので対応してQ3に臨んだら、状況が改善されて良いタイムが出ました。ただ、富士での決勝は苦しい戦いになるだろうと想定していました。そこで表彰台に上がれたことには大きな意味があると思います。

    今日もストレートのスピードは決して速い方ではなくて、結構コーナーでプッシュして稼いで帳尻を合わせる必要がありました。参戦3レース目で結果を出せて、チームのモチベーションも上がるでしょう。前回は予選一発での速さも示せたし、今回は決勝でコンスタントに走れたので、パフォーマンスはどんどん向上しています。

    敢えて課題をあげれば、ハイブリット・システム温度をもっと低い状態に保てるような開発が必要になってくるでしょう。今後はレース中のハイブリッドのアシスト量を増やせればなと思います。3戦目の表彰台には大きな意味があると思います。


    (無限プレスリリース)

    Round06 富士スピードウェイ予選

    2012年9月8日 土曜日

    2012年9月8日(土)・予選

    会場:静岡県・富士スピードウェイ(4.563km)

    天候:晴れのち曇り

    気温:27℃(14:15時点)  路面温度:36℃(14:15時点)

    コースコンディション:ドライ


    Q1:1′41.819 (武藤英紀)

    Q2:1′41.856 (中嶋大祐)

    Q3:1′40.765(武藤英紀)


    予選結果:3位


    シリーズ名:2012 AUTOBACS SUPER GT SERIES ROUND 6
    大会名:FUJI GT 300km RACE
    距離:4.563km×66周(301.158km)
    予選:9月8日(土)晴れ・観衆:18,200人(主催者発表)
    決勝:9月9日(日)晴れ・観衆:33,800人(主催者発表)

    #16 MUGEN CR-Z GTは、7月28日~29日にスポーツランドSUGO(宮城県)で開催されたSUPER GTシリーズ第4戦でGT300クラスに実戦デビューし、今回が3戦目の実戦となる。

    予選ではハイブリッドシステムの特性を活かしたタイムアタックにより3位につけた。決勝ではスタートから終始上位を走り、大きなトラブルもなく3位でフィニッシュした。前々戦実戦デビューして以来、前戦ではポールポジションを獲得しているが、今回のレースでは参戦3戦目にして表彰台に上がることになった。

    ●9月8日(土)
    ■公式練習 3位
    前戦、1000kmレースのフィニッシュ直前に駆動系トラブルを起こした#16 MUGEN CR-Z GTは、レース後各部を綿密にチェックするとともに、暫定対策だったエンジン・ルーム内冷却系の最適化を行って走行に臨んだ。前回、リアフェンダー前端に設けたスリット状のインテークは、リアフェンダー・インテーク内部に移設された。また予定どおり、エンジンをフレッシュエンジンに換装するとともに、トラブルを起こした駆動系にも対策を行った。これらの対策をするために鈴鹿1000kmレース後に行われた合同テストをキャンセル。そのため、土曜日午前中の公式練習は前戦以来の走行となった。新たに打たれた対策の成果、決勝レースで使用するタイヤの状況、基本的なセッティングの状況について、武藤選手と中嶋選手がステアリングを握り確認を行った。

    ■公式予選 3位(Q1:10位、Q2:9位、Q3:3位)
    公式予選は全マシンが参加するQ1と、Q1の上位16台のみが出走できるQ2、Q2の上位10台のみが出走できるQ3を経てスターティンググリッドが決まるノックアウト方式で行われた。規則により2セッション連続で同一選手が走行することはできない。

    午後から降雨との予想もあったが天候は薄曇り。路面はドライコンディションのままセッションが始まった。まずQ1を武藤選手が担当、ニュータイヤを使い10番手となる1分41秒819を記録、Q2進出を決めた。ポールポジションの車両が記録したタイムからは1秒2遅れである。

    Q2は中嶋選手が担当、継続のユーズドタイヤを使ったアタックで1分41秒856を記録、セッションを2分以上残してピットへ帰還した。この時点で順位は9番手であったがその後タイムを更新するチームは現れず、Q3進出を決めた。

    チームはQ3向けに制御系を含めたセッティングを行い、武藤選手を送り出した。武藤選手はニュータイヤを装着しコースインするとタイムアタックにかかり1分40秒765を記録した。この結果、#16 MUGEN CR-Z GTは3位となった。


    (無限プレスリリース)