Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

HIDEKI'S BLOG

blog archives

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2012年10月 のアーカイブ

    レース結果

    2012年10月30日 火曜日

    予選結果  http://www.hidekimutoh.com/?p=2779


    決勝結果  http://www.hidekimutoh.com/?p=2781

    SUPER GT Rd.8 ツインリンクもてぎ

    2012年10月29日 月曜日

    途中参戦となった今年は、例年に比べ時が過ぎるのが早く感じて、あっという間に最終戦を迎えてしまいました。
     
    またまた雨絡みの週末となってしまいましたが、ドライでアタックした予選は、現状持てる力を振り絞り完璧に近い走りができたと思います。それでもトップからは約2秒離され結果9位…。悔しい結果ですね、正直。。
     
    決勝は、雨のなか新しいセットアップを試しマシンのレベルアップを体感しました。結果には繋がらなかったけど方向性が見え今後に繋がるレースだったと感じています!
     
     

    DSC_0528-1.jpg
     
    雨の中、沢山のファンの方々が最後まで応援してくれました!ありがとう♪
     
     
    約4ヵ月でしたが、チーム無限でCR-Zに乗れた事、大祐と一緒に戦えた事、本当に感謝しています。
    HONDA研究所、ザイテック、ブリジストン、SSR、初めてシェイクダウンした時のスタッフ皆さんの顔が思い出される!
    DSC_0444-1.jpg

    DSC_0525-1-1.jpg
    ありがとうございました!!
     
     
    そして、応援してくれたファンの皆さん ありがとう♪
     
     
     
     
     
     
     

    Round08 ツインリンクもてぎ決勝

    2012年10月28日 日曜日

    2012年10月28日(日)

    会場:ツインリンクもてぎ(4.801km)

    天候:雨

    気温:14℃(14:00時点)   路面温度:18℃(14:00時点)

    コースコンディション:ウエット

    観客:2万7000人


    ■フリー走行 10位

    日曜日、フリー走行が始まった段階では曇天ながらコースはドライコンディションだった。チームはマシンを再び決勝レース用のセッティングに戻し、ドライコンディションを想定してドライタイヤを装着してコースに送り出すと決勝セッティングを確かめた。フリー走行セッション終盤から雨が落ち始め、その後の“サーキットサファリ”セッションではウェットコンディションとなったため、レインタイヤを装着してコースイン、雨用セッティングの確認も併せて行った。


    ■決勝 11位(50周 1時間46分10秒954 ベストタイム:2分01秒061)

    決勝は小雨が降る中、セーフティカー先導によりスタートした。2周のセーフティカーランの後セーフティカーは退き、戦いが始まった。9番手スタートの武藤選手は、3周目に順位を8番手へ上げて周回を重ねた。


    9周目に9番手へ後退するが14周目には再び8番手へ復帰、17周目に9番手と一進一退のレースとなる。武藤選手は後方からの追い上げに耐えて9番手を守ったが、22周目に11番手、23周目に12番手へ後退、27周を終えてピットへ戻り、中嶋選手に交代した。


    中嶋選手がコースに復帰した段階で、順位は15番手だったが、34周目には14番手に上がり、35周目には前を行くマシンを追い抜いて13番手、38周目には上位マシンがリタイアしたため12番手と順位を上げた。中嶋選手は前方のマシンを追い上げ続け、最終ラップにさらに1台を追い抜いて11位でフィニッシュしたが、惜しくも3戦連続のシリーズポイント獲得はならなかった。


    ■武藤英紀のコメント

    FIA-GT3勢に比べると2秒近くタイム差があるので厳しいレースではありました。セクターごとに、コーナーを脱出して次のコーナーまでに追いつかれてしまう状況で、どうしようもありませんでした。でもその状況の中ではベストを尽くせたと思います。予選も自分のベストを尽くして納得いくタイムが出せましたが、正直を言うと「それでも9位か」と少し残念でした。レースは、コンマ数秒を争ってやりたいですからね。レギュレーションのこともあってここまで性能差があると、ドライバーとしてはちょっと厳しいですね。


    決勝では、コンディションが雨で、前回とは違うタイヤを持ち込んでそれが良い方向に働いてくれました。細かい部分のバランス取りは完璧というわけにはいきませんでしたが、今までのウェットコンディションでは一番手応えのある走行ができました。途中で順位を落としたのは後ろからペースが速いクルマが来ていたので押さえきれなかったためです。直線で同じ速度で、コーナーで負けているという状況ならば押さえ方もあるんですが、コーナーで頑張っても直線であっけなく抜かれてしまうので何もできませんでした。


    コーナーでミスしたら100%抜かれてしまいます。非常に難しいレースでした。でも、FIA-GT勢と順位の比較をしなければ、クルマ自体は確実に進化していました。富士で表彰台に上がることもできましたが、今のクルマはあのときよりも進化しているんですよ。シェイクダウンが7月だったことを思えば、そこからの開発スピードは素晴らしかったと思います。1戦1戦確実に進歩してきました。


    こういうクルマの開発にドライバーとして関われたのは、もちろん責任も感じましたが素晴らしい経験でした。これで最終戦というのは残念です。実戦を通して試行錯誤する必要がまだあります。逆を言えばレース毎に良くなるんですから。


    (無限プレスリリース)

    Round08 ツインリンクもてぎ予選

    2012年10月27日 土曜日

    2012年10月27日(土)

    会場:ツインリンクもてぎ(4.801km)

    天候:晴れ

    気温:20℃(14:00時点)   路面温度:30℃(14:00時点)

    コースコンディション:ドライ


    Q1:1′51.360 (武藤英紀)

    Q2:1′50.934 (中嶋大祐)

    Q3:1′50.629 (武藤英紀)


    予選結果 第9位


    シリーズ名:2012 AUTOBACS SUPER GT SERIES ROUND 8

    大会名:MOTEGI GT 250km RACE

    距離:4.801km×53周(254.469km)

    予選:10月27日(土)晴れ・観衆:12,500人(主催者発表)

    決勝:10月28日(日) 雨・観衆:27,000人(主催者発表)


    #16 MUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中嶋大祐組)は、10月27日~28日にツインリンクもてぎ(栃木県)で開催されたSUPER GTシリーズ第8戦に参戦した。シリーズ第4戦でデビューし、2012年シーズンの最終戦である今回で5戦目となった。


    最終戦に向けて、チームはエンジンルーム内の断熱処理、冷却系の取り回しなどに改良を加えた。また、気温低下に伴い、ルーフ上に突き出す形で設けられていたドライバー冷却用のインテークを取り除き、空力性能を改善した。キャビン内にはバッテリーやインバーターなど発熱するコンポーネントが搭載されているため、夏期はキャビン内の温度抑制がひとつの課題だったのだ。


    シリーズ最終戦のこのレースでは、これまで蓄積していたウェイトハンディが一律取り除かれて開催されるが、競技規則によりシリーズ途中から参戦したチームにはこれまで獲得したポイント1点につき2kgのウェイトハンディが課せられるので、#16 MUGEN CR-Z GTは24kgのウェイトハンディを義務づけられた。


    ●10月27日(土)

    ■公式練習 15位

    ツインリンクもてぎは秋晴れに恵まれた。前半を武藤選手、後半を中嶋選手がステアリングを握り練習走行を行った。周回数はそれぞれ19周。やはりウェイトハンディを下ろしたチームのマシンは速く、とりわけFIA-GT3クラスのマシンはレギュレーション上エンジンのパワーを出しやすく、圧倒的なタイムを記録する。


    #16 MUGEN CR-Z GTは、本来の性能を発揮して公式練習セッションを走り終えた。この間決勝レースに向けた各部の確認、調整が行われた。ベストタイムは、武藤選手が記録した1分52秒460。中嶋選手のベストタイムは1分52秒782であった。


    ■公式予選 9位(Q1:11位、Q2:9位、Q3:9位)

    公式予選に向けて、1周ですべての充電を使い切る予選用セッティングが施された。公式予選は全マシンが参加するQ1と、Q1の上位16台のみが出走できるQ2、Q2の上位10台のみが出走できるQ3を経てスターティンググリッドが決まるノックアウト方式で行われた。規則により2セッション連続で同一選手が走行することはできない。


    いつものようにQ1は武藤選手が担当、コースインして2周かけてタイヤを暖めると、公式練習で記録したタイムを上回る1分51秒360を記録しピットへ戻った。このタイムはセッション終了時点でクラス11位にあたりQ2への進出を決めた。


    Q2は中嶋選手が担当した。秋深まるツインリンクもてぎでは、日射が陰ると路面温度が急激に低下する。中嶋選手は先頭でコースインすると2周かけてタイヤを暖めタイムアタックにかかった。タイムは武藤選手がQ1で記録したタイムを上回る1分50秒934。セッション後半ライバル車がタイムを縮めていったが中嶋のタイムはセッション終了時点でQ3進出が許される10車中9位であり、第6戦以来のQ3進出が決まった。


    武藤選手はQ3でこの週末のベストタイムである1分50秒629を記録した。この結果、#16 MUGEN CR-Z GTは9番手から決勝スタートを迎えることになった。


    (無限プレスリリース)

    最終戦に向け

    2012年10月22日 月曜日
    IMG_0155fb.jpg

    お疲れ様です。

    先週から最終戦に向けたトレーニングを行っています!

    正直、GT300ではフィジカル面でのタフネスは余り必要としませんが、少しでも楽にドライブできれば、高い集中力を持続させた走行が可能だと信じているので♪

    チームとのミーティングも念入りに行い、万全だと言えるでしょう。

    昨日まで、お台場で行われたMSJでは沢山のお客さんと触れ合うことができ楽しい時間でした!

    気楽ムードのトークショーもあり、普段のサーキットとは違ったドラスティックの一面を出せたと思います☆

    MSJで初めてお会いできた皆さんも、実際にサーキットに足を運んでみてください!

    真剣なムードがそこにあるので!!

    FCJ

    2012年10月14日 日曜日
    251564_0.jpg

    ちょうど一週間前F1の前座でFCJのレースが行われ、講師として鈴鹿サーキットにいました。

    日曜日に行われた第9戦では、ポールポジションからスタートしたHFDP松下が、スタート直後の1コーナーで、強引な幅寄せによりペナルティを受けてしまいました。

    ちょうど10年前、FDというHONDAが行っていたレースで、同じことをして失格になった武藤という選手を思い出しました!

    賛否両論あると思いますが、若いドライバーとして、あれぐらいで良いと思います。

    ただ、同じ失敗を繰り返さないのが大事です!

    チャンピオンがかかったプレッシャーがあっても、抜かれても抜き返せる!心の余裕ですね。

    真摯に受け止め更に成長して下さい!

    俺ももっと成長しますからね♪

    フォトギャラリーアップしました

    2012年10月5日 金曜日

    9月29日〜30日に開催されましたRound07 オートポリスのギャラリーをアップしました。

    詳しくはこちらから!

    Round07 オートポリス

    2012年10月5日 金曜日

    また大祐と!

    2012年10月4日 木曜日
    603750_532763903416230_605334953_n.jpg

    中嶋大祐選手(大ちゃん)と、ぴあ月刊スカパー!11月号(10月末発売)の取材インタビューと撮影をJ SPORTSで受けてきました!

    Hybridで臨むJAF GPへ向けてのインタビューがメインでしたが、全く違う話をしながら楽しい時間でした(^-^)

    アイツ、ずーっと真面目に応えてたなぁ〜。

    第7戦 レース結果

    2012年10月1日 月曜日

    SUPER GT Rd.7 オートポリス

    2012年10月1日 月曜日

    九州オートポリス戦、結果10位でした。

    練習から降り続いた雨に悩ませれ、無限CR-Zにとって非常に厳しい戦いを強いられました。

    正直、ここまで苦戦するとは…。

    チームとしては、優勝を意識して臨んだ一戦だっただけに非常に残念な結果です。

    ただ、そんな状況でも多くの収穫もあったしウイークポイントも明確になり、必ず今後に繋がるレースだったと言えます。

    次戦まで時間がありますし、もう一度組み立て直し茂木Rdを頑張ります!

    応援して下さったファンの皆さん、ありがとうございました(*^^*)