Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

HIDEKI'S BLOG

blog archives

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2013年4月 のアーカイブ

    Round2 富士スピードウェイ決勝

    2013年4月30日 火曜日
    フリー走行 3位

    決勝レースの行われた月曜日も富士スピードウェイは好天。午前8時30分からフリー走行が行われた。#16MUGEN CR-Z GTは、武藤選手が7周、中山選手が7周を走行して最終的なレースセッティングを確認した。ここで武藤選手が記録した1分39秒361は3番手にあたる。

    決勝 2位(103周 2時間57分44秒613 ベストタイム:1分39秒473)

    午後2時の決勝スタートを前に、気温は摂氏20度、路面温度は摂氏30度に達した。富士スピードウェイの路面はドライ。スタートは武藤選手が務めた。


    スタート合図とともにフロントローから加速した武藤選手は、ポールポジションのマシンにアウト側から並びかかり、第1コーナー進入で前へ出た。首位に立った武藤選手は1周目に1秒247、2周目に1秒758と2番手のマシンとの間隔を広げ、3周目にはそれまで2番手のマシンがトラブルで脱落したため、後続車との間隔を一気に4秒として早々に独走状態へ入った。


    その後も武藤選手はひとり1分40秒台のタイムを連発し、11周目には後続車との間隔を10秒へと広げた。武藤選手は安定したペースで独走を続け、33周目には後続車を23秒以上も突き放して34周を走りきり、ピットインしてタイヤを前後とも交換、給油を行ってステアリングを中山選手に引き継いだ。


    中山選手は見かけ上の順位10番手でコースに復帰したが、武藤選手同様1分40秒台で周回を続けた。上位マシンが予定のピットインを始めたため中山選手の順位は上昇し、41周目には本来の首位に戻った。この時点で2番手のマシンとの間隔を38秒まで広げ、首位の座は安泰に見えた。#16MUGEN CR-Z GTは、周回毎に独走状態を固め、中山選手は74周目に後続車との間隔を46秒に広げ、75周を走りきってピットイン、ステアリングを武藤選手に引き継いだ。武藤選手は前後のタイヤ交換と給油を終えると、コースに復帰。今回は見かけ上の首位を譲ることなくレースを続行、チェッカー目指した。

    武藤選手は再三にわたってレース中のファステストラップをダメ押しのように更新した。87周目にはこのレースのファステストラップとなる1分39秒473を記録、後続との間隔は40秒前後で安定して、もはやフィニッシュを待つだけだった。ところが94周目、武藤選手は100Rを走行中突然フロントタイヤに異常なバイブレーションを感じ取った。これまで経験のない激しいバイブレーションはマシンの姿勢を崩すほどだった。武藤選手は走行を続行しながら無線でピットと連絡を取り、最悪の事態を事前に避けるため緊急ピットインを決めた。

    チームはピットで念のためフロントタイヤ2本を交換して武藤選手をコースへ送り返した。しかし、この作業の間に後続車がストレートで先行、#16MUGEN CR-Z GTの順位は2番手へと後退してしまった。武藤選手は全力で追い上げを行ったが、残り周回数はわずかで届かず、結局2位でチェッカーを受けることとなった。


    この結果、TEAM無限は、チームポイント15点(2位)、走行ラップポイント3点(首位と同一周回)の合計18点のチームランキングポイントを加算、シリーズランキング2番手につけた。武藤/中山組は15点(2位)のドライバーランキングポイントを獲得し、ポイント総計を19点とし、シリーズランキング3番手となった。


    武藤英紀選手コメント

    予選では中山選手がクルマの調子は良いと引き継いでくれたので自信を持ってQ2に臨みました。クルマは去年のデータをベースに開発を加えたのですが、コンディションにぴったりハマって、タイヤも気温・路温にちょうどマッチしたので、前戦の岡山のように苦しむことなくCR-Zのポテンシャルをフルに発揮できた結果、良い走りができたんだと思います。

    最初のアタックのときAコーナーの立ち上がりではみ出してしまいました。タイヤのコンディションを考えれば、もっと良いタイムが出るはずでした。もしペナルティを受けたらまずいと思って次の周もアタックを続けました。

    2回目のアタックでは、もう十分電気は残っていなかったので、ターボ車のエンジン特性を考え、気持早くアクセルを開けるというような走りを心がけながら、アシストもうまく使うことができました。これは去年の経験が活きたんだと思います。結局、これがベストタイムになりました。でも最初のミスがなければポールポジションがとれたんじゃないかなと、申し訳ない気持ちです。

    決勝では100Rでこれまでに感じたことのない振動を感じて、スピンしかかったりしました。何が起きたかわからず、その状況を伝えたらピットインしろとの指示がありました。ぼくとしては、ピットインしてもトップで戻れるのかな、くらいの気持でいたんです。読みが甘かったですね。300kmのレースならば完勝で終わっていたところだったんだけど、残念です。


    (無限 プレスリリースより)

    S-GT 富士スピードウェイ 決勝

    2013年4月30日 火曜日

    悔しい2位に終わりました。

    スタートからマージンを築いてトップを走行できていました。

    最終スティントで、バーストしたタイヤの破片を拾ってしまい通常ではあり得ない振動が発生した為、チームとタイヤ交換を決めました。

    あの振動ではストレートを通過するリスクを負えなかった。結果論では大丈夫でしたが、現状ではベストな判断だったと思います。

    応援ありがとうございました!!

    また頑張ります。

    Round2 富士スピードウェイ予選

    2013年4月29日 月曜日

    シリーズ名:2013 AUTOBACS SUPER GT SERIES ROUND 2
    大会名:FUJI GT 500km RACE
    距離:4.563km×110周(501.93km)
    予選:4月28日(日)晴れ ・観衆: 31,600人(主催者発表)
    決勝:4月29日(祝・月)晴れ・観衆:48,50人(主催者発表)


    #16MUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中山友貴組)は、4月28日~29日に富士スピードウェイ(静岡県)で開催されたSUPER GTシリーズ第2戦に参戦した。

    今回のレースは走行距離500km、周回数110周で行われる。通常300kmで開催されるシリーズ戦の中では鈴鹿1000kmに次ぐ長丁場である。ストレートの長い高速サーキットである富士スピードウェイに向け、フロントフェンダー上縁のアタッチメントほかリヤタイヤ後のボディ外板など、ダウンフォースを維持しながら空気抵抗を減らすための空力パーツを新たに用意した。

    また、前回のレースではタイヤがコンディションとマッチしなかったので、それを踏まえて富士スピードウェイのコンディションを熟慮し、持ち込みタイヤを選択した。


    公式練習 2位(ベストタイム:1分38秒999)

    ゴールデンウィークの富士スピードウェイは好天に恵まれた。日曜日午前の公式練習セッションでは、#16MUGEN CR-Z GT のコックピットにまず武藤選手が乗り込み、順調にタイムを短縮、マシンの状態を確認しながら19周を走行、2番手に相当する1分39秒079を記録して帰還した。

    セッション後半は中山選手がステアリングを握り、長距離にわたる決勝レースを想定したロングランを行い、連続走行におけるマシンのバランスを確認した。中山選手は26周を走行し、セッション終了間際に1分38秒999を記録した。このタイムは公式練習2時間を通し2番手に相当する。


    公式予選 2位(Q1:12位、Q2:2位)

    スターティンググリッドは、全マシンが参加するQ1と、Q1の上位13台のみが出走できるQ2の、2段階制ノックアウト方式で決まる。

    チームはQ1に中山選手、Q2に武藤選手という組み合わせで公式予選に臨んだ。セッションはそれぞれ15分/12分間だが、タイヤの摩耗とハイブリッドシステムの運用を考慮すると事実上タイムアタックは1周のみしか許されない。

    中山選手がタイヤを暖めタイムアタックに入ったところ、ストレートエンドでピットアウトしてきた他車と第1コーナー進入のタイミングが重なってしまい、レコードラインを外れることになった。ハイブリッドシステムは、予選タイムアタックでは、あらかじめ充電した電気を1周で使い切るという運用をするため、中山選手はそのままアタックを継続、1分39秒644を記録した。

    不本意なタイムアタックながら結局このタイムはQ1の12番手となり、#16MUGEN CR-Z GTは上位13台に食い込み、Q2進出を果たした。Q2のタイムアタックは武藤選手が担当した。武藤選手は最初のタイムアタックでコースをはみ出したものの1分38秒114を記録してトップに立った。武藤選手はコースのはみ出しを違反と判定されてタイム抹消となる可能性も考慮し、敢えて次の周もタイムアタックを続けた。その結果、前周のタイムを更新する1分37秒899を記録した。その後、1台のマシンがこのタイムを上回ったが、#16MUGEN CR-Z GTは予選2番手、フロントローを獲得した。

    S-GT Rd.2 富士スピードウェイ

    2013年4月28日 日曜日
    IMG_20130428_201131.jpg

    予選は結果から言いますと、2位でした!

    オフの間にマシンをアップデートして、岡山では上手くパフォーマンスを発揮できませんでしたが、ここ富士では皆の頑張りが少しですが形になりました!

    明日の決勝は500キロと長いですし、落ち着いて走りきります。

    一番高い所を目指して♪

    (タイトルなし)

    2013年4月26日 金曜日

    最近、ずっと家に帰れていませんでした。
     
    先週一週間は、ホンダのドライバーが福岡でトレーニング合宿を行い、体を鍛えました。
     
    皆と合同でやると普段とは違った刺激があり、体の疲労度合いも変わってきます。芯まで追い込めてる感じ。
     
     
    今週末は、GT 富士。
     
     
    チームは早く勝ちを手にしたい。皆の気持ちが伝わってくる。
     

    それはドライバーも一緒。
     
    信じてやるだけ。
     
    2.JPG   

    たった一段

    2013年4月22日 月曜日

    佐藤琢磨選手がアメリカのインディカーシリーズ第3戦で日本人初となる優勝をしました!

    日本人ドライバーとして日の丸をビクトリーサークルに掲げる!

    凄い事だね。

    当時、僕もそれだけを想って戦っていた。

    表彰台には二度上ったが、一番高い所、あと一段上には届かなかった。

    高さにして数十センチだけど、僕には高い高い壁に思えた。きっとあそこに立たないと分からない感覚だと思う。

    そんな高い壁を彼が超えた!

    凄く嬉しくもあり、悔しくもあり。

    この気持ちを大事にしたい!

    琢磨さんおめでとうございます!

    さー、福岡合宿に戻り次戦の準備だ!

    フォトギャラリー(SF)アップしました

    2013年4月17日 水曜日

    4月13日ー14日に開催されましたSUPER FORMULA Round.1 鈴鹿サーキットのギャラリーをアップしました。

    詳しくはこちらから!

    SUPER FORMULA R.01 鈴鹿サーキット

    2013年4月17日 水曜日

    SF 開幕戦

    2013年4月16日 火曜日

    先日、鈴鹿サーキットで開幕したスーパーフォーミュラ。
     
     
    IMG_0507s_2.JPG
    僕にとっては7年ぶりの国内ドップカテゴリーでのレースでした。
     
    走り慣れた鈴鹿とはいえ、今のSFのコーナリングスピードはとんでもなく速くなっていて、肉体的にも慣れるのに時間がかかってしまいました…。
     
    それでも土曜のフリー走行ではまずまずで、先月行った合同テストの時には無かった手応えを得ていました。

     
    少し期待して臨んだ予選は、Q2で手痛いミスを自らしてしまい敗退…。改めてレベルの高さを痛感しました。
     
     
    決勝も車が燃料で重い時のペースが上げられずに苦戦しました。
     
    結果は13位でしたが、課題が明確に浮き彫りになった週末でした。まだまだこれから!なんて思っているとシーズンが終わってしまうので、次戦に向けてやれることは全てやります!
     
    IMG_0053s_2.JPG

     
     
     
     

    フォトギャラリー(GT)アップしました

    2013年4月15日 月曜日

    4月6日ー7日に開催されましたSUPER GT Round.1 岡山国際サーキットのギャラリーをアップしました。

    詳しくはこちらから!

    SUPER GT R.01 岡山国際サーキット

    2013年4月15日 月曜日

    Round1 鈴鹿サーキット決勝

    2013年4月14日 日曜日

    2013 年開幕戦鈴鹿サーキット。 新スペックタイヤと、 熟成 を極めたマシン により、さら に高速化 した スーパ ーフォーミュラ マシン で戦う 300 Km のレース は、 ドライバ ーの体力 と集中力 、チーム の戦略 と ピットストップ、すべてが揃わない と上位フィニッシュ はかな わない。
    伊沢選手は ポールジションから抜群のスタートを見せ首位で 、武藤選手 もポジション維持で オープニングラッを周回 し た。伊沢選手は、直後のS字コーナで、 ガソリ ン搭載量が 少なく軽いマシンでスタート した小暮選手にパス されてしまう。 こ こで チーム チーム は 戦略 の違う小暮選手 を無理 に追わず、 チームインパルの動向 を注視 しながら百分 の 1秒を 刻んでまだ見えない ゴール を目指 す。
    27 周目、 まず 伊沢選手がピットイン。 ミスなくピット作業を終え 、戦略通りチームイン パルと小暮選手を 押さえて首位でコースへ戻 るが、 まだタイヤが十分に温っていない伊沢 選手は、 先に作業を終えた小暮選手にパスされ 、再び 、2位にドロップ。約 2秒の差を削り ながら周回を重ね続ける膠着状態 へ。 残り 2周、小暮選手の車両 のペース がやや落ちたすきをつ いて、ついに伊沢選手が首位へ。そのままファ イナルラップを迎え、 開幕戦 をポールtoフィニッシュで 飾った 。
    武藤選手は、ピットイン後の第 2スティントで首位同等のラップタイムを 連発し、前追 うが届かず、13 位でレースを終えた。
    41 : 武藤 選手 13 位
    第 1スティントでタイムを上げられず、車両が重い状態のペースアップが課題です。
    第 2スティントはトップに遜色ない走りが出来たので、予選の重要さを改めて感じました。
    課題だらけの第1戦となりましたが、チーム共に前進していきます!
    (dandelion-racingより)