武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round09 ワトキンス・グレン決勝結果Result : 12

2010年7月4日(sun)    天候 : 晴れ / 気温 : 30~31℃

2010年IZODインディカー・シリーズは第9戦を迎えた。今回のレースがちょうどシーズンの折り返し点となる。

7月4日はアメリカの建国記念日。インディカー・レースはアメリカでも屈指の伝統を誇るロードコース、ワトキンス・グレン・インターナショナルで開催された。今週末のニューヨーク州西部は清々しい好天に恵まれ、抜けるような青空の下で60周のレースにグリーン・フラッグが振り下ろされた。

ポールポジションからスタートしたウィル・パワー(Team Penske)は、予選と同じ速さをレースでも見せつけ、悠々とトップを走り続けた。

7周目にスコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)がエリオ・カストロネベス(Team Penske)のリアタイヤに接触。ディクソンはフロントウィングを破損し、カストロネベスはタイヤがパンクし、ピットイン。大きく順位を落とした。

ディクソンとカストロネベスはピットタイミングをずらす作戦でレース前半にトップを走るシーンもあったが、彼らが給油のためにピットに向かうと、再びレースのリードはパワーの手に渡った。


レースが終盤に突入してから行われた2回目のピットストップで、パワーはチームメートのライアン・ブリスコー(Team Penske)に先行を許した。しかし、リスタート直後のバックストレッチで豪快にパス。ゴールが近づいてから2位へと浮上して追いすがって来たダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)を突き放し、そのフランキッティを抜いて2位へとカムバックして来たブリスコーに1秒2181の差をつけて今季3勝目を挙げた。

予選14番手からスタートした武藤英紀(Newman/Haas Racing)は、燃料消費を抑えながらハイペースを保って戦い続け、12位でゴールした。マシンセッティングはまだまだ向上させるべき部分が多いが、厳しい状況下でこそ達成すべき完走を武藤はワトキンス・グレンで果たした。


武藤英紀

スタート時よりふたつ順位を上げてのゴールとなりました。12位という結果は満足のいくものではありませんが、完走できないレースが続いていたので、次以降のレースにつながるものにできたとは思います。今日のレースは燃費セーブが重要で、100%の速さで走ったラップはありませんでした。その点では歯がゆいレースでしたが、ライバルの後ろを走っている間に学んだこともありましたし、次のトロントに向けていいステップになったと思います。