Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round12 ミッドオハイオ決勝結果Result : 18

2010年8月8日(sun)    天候 : 晴れ / 気温 : 29~30℃

2010年IZODインディカー・シリーズ第12戦Hondaインディ200がオハイオ州のミッドオハイオ・スポーツカー・コースで開催された。コーナーが多くテクニカルな全長2.258マイルのサーキットを85周して争われるレースだ。

午後3時過ぎのスタート直前、多くのファンが陣取ってカラフルに彩られたコース上空を、2012年にデリバリー開始予定の7人乗りジェット機「Hondaジェット」が飛行した。公の場でHondaジェットがデモフライトをするのは今回が初めてのことである。そして、27台のインディカーは熱心なファンが見守る中、バックストレッチでローリングスタートを切った。

ポイントリーダーのウィル・パワー(Team Penske)は、今シーズン6回目のポールポジションから見事な加速を見せてトップをキープした。しかし、25周目に行われたフルコースコーション中のピットストップ1回目、ダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)がクルーたちのすばやい作業によってパワーの前に出た。この直前にピットストップを済ませていたアレックス・タグリアーニ(FAZZT Race Team)が一時トップへ浮上したが、彼は2回目のピットストップを早めに行った影響で、ポジションを4位まで下げた。

タグリアーニがピットに向かったことでレースリーダーとなったフランキッティは、パワーの執拗なアタックを退け続けて、今シーズン2勝目、キャリア15勝目を記録した。パワーは最後までフランキッティに食い下がり、インディカーのロードレース史上3番目の僅差となる0.5234秒差の2位でゴールした。パワーは今回の2位入賞により、今シーズンのロードコース王者に決定。マリオ・アンドレッティ・トロフィの初代ウイナーとなった。

3位は予選6番手だったエリオ・カストロネベス(Team Penske)がつけ、今シーズン3回目のトップ3入りを達成。ランキングも6位から5位へと1つ上げることに成功した。予選14番手だったタグリアーニは、絶妙なピットタイミングで4位という好結果を手中に収めた。そして、ポイントランキング3位につけているスコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)は5位、同4位につけるライアン・ブリスコー(Team Penske)が6位でのゴールとなった。

スイス人女性ルーキーのシモーナ・デ・シルベストロ(HVM Racing)は、これまでもロードコースですばらしい走りを見せてきていたが、ミッドオハイオでついに8位フィニッシュという見事な成績を記録した。予選で10番手に食い込んだ彼女は、レースを通して高いパフォーマンスを見せ続けた。

武藤英紀(Newman/Haas Racing)は予選12番手から、序盤はそのポジションを守って12位を走り続けていた。しかし、1回目のピットストップでタイヤ交換に時間がかかり、17位まで後退。2回目のピットストップではクラッチトラブルでエンジンストールし、19位までさらに後退。ゴール前の2周で前方のマシンをパスし、18位でゴールした。


武藤英紀コメント

1回目のピットストップではタイヤ交換でミスがあり、2回目のピットストップではクラッチがなくなっていたためにエンジンストールをしてしまいました。第2戦セントピータースバーグのときとは症状の異なるクラッチトラブルでした。シーズン中盤に入ってからのロードレースでも問題は出ていなかったし、今週末もクラッチにトラブルの兆候は一切見られませんでした。それが突然決勝レースで出ていました。今日のマシンのハンドリングは上々で、ずっといいペースで走り続けることができていました。レースの内容は決して悪くなかったのに、ピットで順位を大きく落としたのは残念でした。次のレースが行われるインフィニオン・レースウェイは、昨年いい結果を出しているコースですから、今回以上の戦いができると思います。