武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round15 ケンタッキー決勝結果Result : 17

2010年9月4日(sat)    天候 : 晴れ / 気温 : 15~21℃

ケンタッキー・スピードウェイでの今シーズン第15戦は、IZODインディカー・シリーズにとって通算200戦目となった。インディ500で史上最多タイの4度の優勝を飾っているリック・メアーズが「スタート・ユア・エンジンズ」と叫ぶと出場27台のエンジンが始動され、200周、合計300マイルのナイトレースはスタートした。

照明を浴びながらの高速バトルを力強くリードしたのは、予選3番手のダン・ウェルドン(Panther Racing)で、ウィル・パワー(Team Penske)、ダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)、初ポールポジションからスタートしたエド・カーペンター(Panther Racing)、26番グリッドからポジションを大きく上げてきたトニー・カナーン(Andretti Autosport)らとのバトルが続いた。

しかし、記念すべきレースの勝者となったのはエリオ・カストロネベス(Team Penske)だった。予選8番手からトップグループにつけていた彼は、レースの折り返し点付近で行なったピットストップでエンジンストールさせ、18位まで大きく順位を下げた。そこで彼のチームは作戦を燃費セーブへと切り替え、10位前後をキープした。

全速力でバトルを続けたトップグループは、ゴール前5周で給油のためにピットへ雪崩れ込んだ。これによりカストロネベスはトップへと躍り出ることに成功し、2位に13秒以上という大差をつけて今シーズン2勝目、キャリア18勝目を飾った。

オーバル初勝利を飾ってポイントリードを広げたかったパワーは、ゴールまで50周と少しの時点で燃料を満タンにしてピットアウトしたが、その直後に走行ラインを外れて壁に急接近。なんとかアクシデントは回避したものの優勝争いに復帰することはできず、8位でゴール。ポイント2位につけるフランキッティとのポイント差は17点に縮まった。

予選5番手の武藤英紀(Newman/Haas Racing)は、レース用セッティングが予選と比べよくなく、リアのグリップが低い状態だった。1回目のピットストップを迎えた時の順位は20番手に下がっていたが、粘り強く走り続けてピットストップのたびにセッティングを変更。徐々にマシンのハンドリングを向上させていった。最終的にはトップから1周遅れの17位という結果になったが、今シーズンずっと悩んできたレース用セッティングのレベルを上げることができ、インディジャパンに向けて弾みをつけた。


武藤英紀

我々はオーバルの予選ではスピードを発揮していますが、決勝では苦しんでいます。この状態が続いていることは本当に悔しいと感じています。今回もファイナルプラクティスでリアのグリップが安定しなかったため、決勝に向けて大幅なセッティング変更を行いました。レース中にもピットストップでもセッティング変更を重ねました。その結果、マシンのハンドリングは徐々に修正されました。エンジニア、そしてチームががんばってくれているおかげです。インディジャパンではいい走りを見せたいです。今回、レース中にハンドリングを修正できたことは、ツインリンクもてぎでのレースに向けての好材料です。