武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round16 ツインリンクもてぎ予選結果Result : 17

2010年9月18日(sat)    天候 : 晴れ / 気温 : 25℃

暑さが一段落し、清々しい天候に恵まれたツインリンクもてぎで、インディジャパン300マイルのプラクティス、そして予選が行われた。一周の全長が1.5マイル、テクニカルな高速オーバルコースでポールポジションを獲得したのは、先々週ケンタッキーで行われた第15戦で優勝したばかりのエリオ・カストロネベス(Team Penske)だった。今シーズン2回目のポールポジション、そして、インディジャパン300における4回目のポールである。

決勝の前に与えられる走行時間は、1時間のプラクティス2回と予選だけ。非常に限られた時間の中で、各チームは決勝用のマシンセッティングを重点的に行う。しかし、ツインリンクもてぎはオーバーテイクの難しいコースであるため、予選順位も重要。インディジャパンの戦い方は非常に難しい。

25台のインディカーに乗るドライバーたちは、くじ引きで決定した順番で2周の連続アタックを敢行した。チャンピオン争いの真っただ中にいるダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)が3番目にコースインして、トップタイムとなる54秒4574=平均時速200.964マイルを記録。彼を上回るタイムをマークしたのは、12番目にアタックしたカストロネベスだった。彼の2周の合計タイム=54秒1803は平均時速が201.992マイルに達し、Team Penskeのチームメート、ライアン・ブリスコーが予選2番手、ポイント・リーダーのウィル・パワーは予選3番手につけた。フランキッティは最終的に予選4番手に決定した。

武藤英紀(Newman/Haas Racing)は、2回のプラクティスを通して決勝用セッティングを重点的に進めていた。予選順位は17番手となったが、決勝に向けての手応えはいいようだ。


武藤英紀(17番手)「予選ではもう少しスピードを出したかったし、出せると思っていました。12番手ぐらいまでには入れると考えていました。自分たちは2回のプラクティスでレース用のセッティングをメインで行っていたので、マシンをなかなかいい状態に仕上げることができていると思います。スピードのすごくあるマシンではなくても、レースでも安定したパフォーマンスを発揮できるマシンになっていると思うので、1つずつ順位を上げていくレースを戦えると思います」