Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round16 ツインリンクもてぎ決勝結果Result : 14

2010年9月19日(sun)    天候 : 晴れ / 気温 : 28~29℃

アメリカンスタイルの本格的オーバルレーシングコース、栃木県のツインリンクもてぎでのIZODインディカー・シリーズ第16戦インディ・ジャパン300マイルは、5万3000人の大観衆を集めて開催された。スポーツとエコを両立させたHondaの新感覚ハイブリッドカー、CR-Zの先導によって25台のインディカーは午後1時過ぎにコースイン。秋晴れの下で300マイルのレースのスタートが切られた。

スタートからトップ争いを演じたのは、ポールポジションからスタートしたエリオ・カストロネベス(Team Penske)、予選2番手のライアン・ブリスコー(Team Penske)、そして、予選4番手のダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)だった。


その中からカストロネベスが抜け出し、最後までライバル勢を圧倒する速さを見せつけて逃げきり、今シーズン3勝目を飾った。世界最大のレースであるインディ500で3勝を挙げているブラジル人ドライバーは完ぺきなレース運びを見せ、チームは4回行ったピットストップを迅速かつミスなくこなして勝利を確定させた。ドライビングが非常に難しいコースとして定評のあるツインリンクもてぎだが、カストロネベスはエンジニアとともにマシンを完ぺきに作り上げた。彼は200周のレースで153周をリードし、フランキッティに4.5746秒という大差をつけ、ガッツポーズとともにチェッカーフラッグを受けた。そして、クールダウンラップを終えた後、カストロネベスはマシンを降りると喜びを爆発させ、トレードマークとなっているフェンス登りを行った。彼が日本のファンにこのパフォーマンスを見せるのは2006年に続いて2回目。彼は今日の勝利によってポイントランキングを4位から3位へ浮上させた。

レース終盤には、フランキッティとウィル・パワー(Team Penske)によるすさまじい2位争いが行われ、集まったファンを熱狂させた。シリーズポイントで2位につけるフランキッティとポイントリーダーのパワーによるバトルは、そのままチャンピオン争いにつながるため、緊迫感に満ちあふれたものとなった。周回遅れをパスしながらの戦いの中で、パワーはオーバーテイクのチャンスを何度かつかみかけたが、結果的には順位を上げることはできなかった。それでも、オーバルレースでの3位はパワーにとって自己ベストとなる結果である。フランキッティは最低限達成したいと考えていた目標、パワーより上位でのフィニッシュをなんとか達成。パワーより1つ前の2位でゴールしたことにより、両者のポイント差は17点から12点へと縮まった。残すはフロリダ州ホームステッドでの最終戦のみ。彼ら2人による激しいチャンピオン争いが行われる。


武藤英紀(Newman/Haas Racing)は予選17番手から発進。68周目に出されたフルコースコーションでピットインしない作戦に出て、17位から2位へとポジションを上げた。上位グループでの武藤はハイペースで走り続け、トップ5をキープしたが、ピットストップのタイミングをずらす作戦が功を奏することはなく、再び17位前後へ後退。それでも、レースを通じてマシンのハンドリングを向上させた武藤は、最後のピットストップ後の50周で3台をパスして14位でゴールした。


武藤英紀(14位) 「序盤はマシンのハンドリングがよくなかったのですが、コクピットの中でできる調整を繰り返し、ピットストップでのセッティング変更も行って、マシンは徐々に、着実によくなっていきました。ギャンブル的な作戦で2番手に上がりました。トップ5での戦いでは自分たちのペースも十分に速く、その後の展開次第では上位に残り続けることができると思っていたのですが、イエローフラッグの出るタイミングが我々の望み通りとはならず、順位をまた下げてしまいました。それでも、最後のスティントでオーバーテイクを重ね、攻めの走りを見せることができました。ファンからの応援を感じ、それに応えたいと思って走っていました。14位という結果には満足していませんが、最終的にマシンはとてもいいハンドリングとなっていたので、この勢いを保って最終戦マイアミでいい結果を出したいと思います」