武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round02 富士スピードウェイ決勝Result : 9位

2011年5月1日(sun)    天候 : ウェット / 気温 : 13

2011年5月1日(日)
決勝
会場:富士スピードウェイ(4.563km)
周回数:66周(雨のため59周でレース終了)
天候:雨
気温:13℃(15:00現在)
路面温度:14℃(15:00現在)
コースコンディション:ウエット
観客:3万6000人(主催者発表)


2011 AUTOBACS SUPER GT Rd.2 Fuji, Final Race 2011.5.1


天気予報の通り午前のフリー走行から富士スピードウェイは雨模様。チームは決勝に備えて決勝に使うタイヤのスクラブを中心に走行した。スタート進行が始まっても雨はやまず雨脚はさらに強くなってきたため、チームは急遽予定していたタイヤをあきらめ別のタイヤに変更した。レースはセーフティーカーの先導で始まり、6周目にやっとスタートをきった。スタートドライバーは武藤。グリッド上で変えたタイヤの感触は良く、武藤は徐々に順位を上げていき、22周目には8 位までポジションアップする。雨のせいでフロントウインドウが曇ってしまうトラブルが出ており前も横も殆ど見えない状況の中、武藤は集中力を切らさずに34周目に8位で小林につないだ。タイヤの状態が非常に良かったのと、さらに順位を上げるべく、チームはタイヤ無交換の作戦をとった。小林は12位でコー スに復帰。安定したペースで周回を重ね8位までポジションを戻したが、先頭集団が60周目に入った時点で赤旗中断になりレースはその時点で終了となった。 レギュレーション上、赤旗が出る前の周の順位が結果となるため、正式結果は9位となり、2ポイントを獲得した。」


(ARTA Project プレスリリース)