武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round02 岡山国際サーキット決勝Result : 12位

2011年5月22日(sun)    天候 : 曇り時々晴れ / 気温 : 23℃

2011年5月22日(日)・決勝

場:岡山国際サーキット(3.703km)

周回数:68周

天候:曇りときどき晴れ  気温:23℃(14:00現在) 路面温度:29℃(14:00現在)

コースコンディション:決勝/ドライ

観客:1万5000人(主催者発表)


午前中に予定されていたフリー走行は豪雨の為、急遽中止になった。フリー走行が中止になった代わりにスタート前のウォームアップランが通常8分間のところが25分間に変更された。

スタート前までには雨も止み、路面はドライコンディションに変わった。ARTA HSV-010はドライコンディションでのセッティングが非常に良かったので、あとはもう少し気温が上がれば上位への進出が望める状態だった。スタートドライバーは小林。クリーンなスタートを切ったものの、硬めのタイヤで暖まるまでに時間がかかり、5周目までに14位まで順位を落としてしまった。また、12周目に300クラスのマシンと接触してしまったが、大きな影響は無かった。30周目にドライバー交代するまでに順位は前車のピットインもあり、8位までポジションを上げていた。前半はペースが上がらなかったので、急遽作戦を変更し、ソフトタイヤに履き替えて後半の武藤にバトンタッチ。順位は元の順位の14位に戻り前車を追う。37周目には13位にポジションを上げた。58周目に前車がピットインして、12位。途中順位を入れ替えながらも最終的に12位でレースを終えた。


(ARTA Project プレスリリース)

武藤英紀コメント

自分たちの意見を押し通してハードタイヤをチョイスしたのですが、コンディションが合わず苦戦しました。

後半はタイヤをソフトに変えて走ったら良いペースで走れたので、タイヤの選択については色々と勉
強になりました。

これもひとつの経験という事で、次戦に向けて準備をしたいと思います。