Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round04 スポーツランドSUGO決勝Result : 10

2011年7月31日(sun)    天候 : 曇り / 気温 : 21℃

2011年7月31日(日)・決勝  会場:スポーツランドSUGO(3.704km)

天候:曇り  気温:21℃(13:40現在)

路面温度:22℃(13:40現在)

コースコンディション:ドライ

観客:2万7000人


厳しいレース、なんとかポイント

午前のフリー走行はレインコンディション。昨日使えなかったレインタイヤを使ったところ、バランス、タイムとも非常に良かったが、決勝はドライコンディションでのスタートとなった。
スタートドライバーは武藤英紀。スタート後はひとつ順位を上げで走行を続けていたが、前車を抜きにかかったところでタイヤカスを拾ってしまい、バイブレーションが出てしまい、コントロールが難しくなってしまった。タイヤカスが取れた後はハイペースで追い上げ、前車のピットインもあったが、小林崇志に7位でつなぐ事が出来た。
12位でコースに復帰し、すぐに順位をひとつ上げた。徐々に順位を上げて46周目には9位までポジションを上げた。終盤までバトルを繰り広げたが、300クラスとの接触もあり、最終的には10位でチェッカーを受け、貴重なポイントを獲得した。


武藤英紀のコメント

「マシンのバランスが良かったので、順位は上げていけると思っていましたが、前車を抜きにかかった時にタイヤカスを拾ってしまいました。それが影響だとは思いますが、バイブレーションが出てしまい、操縦性が悪くなってしまいました。タイヤカスが取れてからはバランスも戻り、ペースも良くなりましたが、小林に良い順位でつなげる事が出来ませんでした。すっきりしないレースでしたが、次の鈴鹿では鬱憤を晴らしたいと思います。」


(ARTA Project プレスリリース)