武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round05 鈴鹿サーキット予選Result : 13位(Q1:1:55.271)

2011年8月20日(sat)    天候 : 曇り / 気温 : 28℃

8月に行われるこのレースは毎年猛暑との戦いだが、今日は気温が上がらず例年より涼しい予選日となった。
午前の走行は、今回投入された新しい構造のタイヤのチェックを行いつつセットアップを進めた。だがマシンをタイヤに合わせきれず順位は低迷したが、午後はセット変更を行い予選に挑んだ。
今回の予選はノックアウト方式の予選で、Q1のアタッカーは武藤英紀。昨年ここでポールポジションを決めた
小林崇志はQ2を担当する事になった。午前の走行より1秒以上速いタイムを記録する事が出来たが、残念ながらQ1を通過する事が出来なかった。明日は雨の予報なのとレース距離が長いので、チームは戦略を含めたミーティングを進めている。


武藤英紀のコメント

「今回投入された新しい構造のタイヤは非常に難しいキャラクターなのですが、ユーズドタイヤのバランスは非常に良かったです。ニュータイヤのウォームアップはタイヤの温度の上がり方が早く、コントロールが難しかったのですが、Q1のアタックではそれほどバランスが悪く無かったので、タイムが伸びなかったのが悔しいです。明日は長い距離のレースですし、ユーズドタイヤのフィーリングは悪くないので、しぶとくいきたいと思います。」


(ARTA Project プレスリリース)