Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round04 スポーツランドSUGO決勝Result : 16位

2012年7月29日(sun)    天候 : 晴れ / 気温 : 32℃

2012年7月29日(日)

会場:スポーツランドSUGO(3.704km)

天候:晴れ

気温:32℃(13:50時点)   路面温度:42℃(13:50時点)

コースコンディション:ドライ

観客:2万7500人


■フリー走行 12位
日曜日朝に設けられたフリー走行では、決勝を前提としたマシンの調整を行った。武藤選手そして中嶋選手ともにステアリングを握り、ベストタイムこそ12位に留まったが、デビューレースへの期待を抱かせる内容だった。


■決勝 16位(72周 1時間49分31秒030 ベストタイム:1分24秒305)
スポーツランドSUGOはまさに真夏の様相。決勝直前の気温こそ32℃だが、日差しの強さと詰めかけた多くの観客の熱気で、体感気温はそれ以上だった。決勝ではスタート直後の第1コーナーで、GT500クラスのマシンによる多重衝突が発生、あとからスタートして第1コーナーへ飛び込むGT300クラスのマシンには黄旗(追い越し禁止)が振られた。スタートドライバーを務める武藤選手は無事に1コーナーを通過したものの、1周目は10位とひとつ順位を落としてグランドスタンド前に戻る。それでもすぐに9位へ順位を戻し、前方のマシンが接触した15周目には2つ順位を上げて7位へ浮上した。

さらに、レース序盤にしてタイヤの消耗に苦しんだ前方のマシンが早めのピットストップを実施したことで、レースがまだ折り返しにも届かない30周目には5位と、トップと遜色ない走りで上位集団を構成する。39周終了時点では前方のマシンがピットストップを実施したとはいえ2位となり、デビュー戦での表彰台も視界に入った。TEAM 無限の#16MUGEN CR-Z GTは迎えた41周目終了時点でピットストップ。ドライバーは武藤選手から中嶋選手へ交代し、タイヤ交換、燃料補給を実施してすぐさま戦列に復帰する予定だった。

ところが、タイヤの脱着とエンジンの再始動に時間を要してしまう。コースへ戻ったときには17位と大きく順位が後退していた。最終的に16位と上位入賞の目標は叶わなかったが、レース中のベストラップタイムは表彰台に乗った3台のマシンを上回るもので、レーシングハイブリッドカー#16MUGEN CR-Z GTのポテンシャルの高さを証明した。


■武藤英紀コメント
完走することが大事だったので、スタートでは無理をしませんでした。レース序盤のペースが非常に良くてトップが見える位置で走れましたし、ピットストップも先延ばしにできました。GT300クラスへの参戦は初めてでGT500クラスに抜かれながらのレースとなりましたが、GT500での経験を活かしてどこで譲ったらいいかという判断と対応は適切だったと思います。ドライバー交代までいい走りができていました。エンジンの再始動で遅れたのは残念ですが、その直前では2位に上がっていましたし、あのまま行けば表彰台争いができていたかもしれません。ハイブリッドシステムは、まだ、開発途上で未知の領域の部分もありますが、熟成が進めば大きな武器になるのではないでしょうか。

(無限 プレスリリースより)