武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round07 オートポリス予選Result : 12位

2012年9月29日(sat)    天候 : 雨 / 気温 : 15℃

シリーズ名:2012 AUTOBACS SUPER GT SERIES ROUND 7
大会名:SUPER GT IN KYUSHU 300km
距離:4.674km×65 周(303.810km)
予選:9月29日(土)雨・観衆:11,200人(主催者発表)
決勝:9月30日(日)雨・観衆:21,100人(主催者発表)

#16 MUGEN CR-Z GTは、7月28日~29日にスポーツランドSUGO(宮城県)で開催されたSUPER GTシリーズ第4戦でGT300クラスに実戦デビューし、今回が4戦目。前戦の富士スピードウェイでは3位入賞という戦果をのこしている。

第6戦後、ツインリンクもてぎでの合同テストを経て今回のレースを迎えた。オートポリスは、8月に行われた合同テストに参加しなかったため、#16 MUGEN CR-Z GTにとっては初めて走行するコースである。天候はあいにくの雨。フリー走行からめまぐるしく変化するウェット路面に合わせたセッティングとタイヤ選定を進め、雨の予選では16位。決勝は10位でフィニッシュした。

●9月29日(土)
■公式練習 16位
前戦、富士300kmレースで3位入賞を果たした#16 MUGEN CR-Z GTは、9月16日~17日、ツインリンクもてぎで開催された合同テストに参加したが、ここでマシンを破損したため、破損箇所の修復に時間がかかり、新しい改良を加えることができないままオートポリスへ入った。

接近する台風17号の影響でオートポリスは朝から雨となり路面は完全ウェット。まず武藤選手がステアリングを握ってコースイン、走行を開始したが、ほどなくコースをオーバーラン。9時45分には再びスピンしてグラベルベッドにはまり、走行不能になった。マーシャルの手でコースに復帰、自走してピットへ帰還した。10時過ぎ中嶋選手に交代、予選、決勝に向けた各種の確認作業を行った。中嶋選手は14周走行したうちの10周目、このセッションのベストタイムである1分57秒347を記録した。武藤選手のベストタイムは1分58秒454だった。

■公式予選 クラス12位(Q1:16位・2分05秒758、Q2:12位・2分01秒407、Q3:-)
公式予選は全マシンが参加するQ1と、Q1の上位16台のみが出走できるQ2、Q2の上位10台のみが出走できるQ3を経てスターティンググリッドが決まるノックアウト方式で行われた。規則により2セッション連続で同一選手が走行することはできない。

セッション開始直前に雨が強まり、コースはヘビーウェットコンディションとなる。まずQ1を武藤選手が担当、レインタイヤを装着して走行するが、タイムは伸びずQ2進出が許されるぎりぎりの16番手のタイム、2分05秒758を記録してQ2へ進出した。Q2は中嶋選手が担当、レインタイヤのままでタイムアタックを行った。雨は小降りとなり路面の水の量が減ったため、ラップタイムは全般的に向上した。中嶋選手も2分01秒407を記録したが、Q2に出走した16台中12番手に終わりQ3進出10台に食い込むことはできなかった。この結果、#16 MUGEN CR-Z GTは12番手から決勝スタートを迎えることになった。