武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round08 ツインリンクもてぎ予選Result : 9位

2012年10月27日(sat)    天候 : 晴れ / 気温 : 20℃

2012年10月27日(土)

会場:ツインリンクもてぎ(4.801km)

天候:晴れ

気温:20℃(14:00時点)   路面温度:30℃(14:00時点)

コースコンディション:ドライ


Q1:1′51.360 (武藤英紀)

Q2:1′50.934 (中嶋大祐)

Q3:1′50.629 (武藤英紀)


予選結果 第9位


シリーズ名:2012 AUTOBACS SUPER GT SERIES ROUND 8

大会名:MOTEGI GT 250km RACE

距離:4.801km×53周(254.469km)

予選:10月27日(土)晴れ・観衆:12,500人(主催者発表)

決勝:10月28日(日) 雨・観衆:27,000人(主催者発表)


#16 MUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中嶋大祐組)は、10月27日~28日にツインリンクもてぎ(栃木県)で開催されたSUPER GTシリーズ第8戦に参戦した。シリーズ第4戦でデビューし、2012年シーズンの最終戦である今回で5戦目となった。


最終戦に向けて、チームはエンジンルーム内の断熱処理、冷却系の取り回しなどに改良を加えた。また、気温低下に伴い、ルーフ上に突き出す形で設けられていたドライバー冷却用のインテークを取り除き、空力性能を改善した。キャビン内にはバッテリーやインバーターなど発熱するコンポーネントが搭載されているため、夏期はキャビン内の温度抑制がひとつの課題だったのだ。


シリーズ最終戦のこのレースでは、これまで蓄積していたウェイトハンディが一律取り除かれて開催されるが、競技規則によりシリーズ途中から参戦したチームにはこれまで獲得したポイント1点につき2kgのウェイトハンディが課せられるので、#16 MUGEN CR-Z GTは24kgのウェイトハンディを義務づけられた。


●10月27日(土)

■公式練習 15位

ツインリンクもてぎは秋晴れに恵まれた。前半を武藤選手、後半を中嶋選手がステアリングを握り練習走行を行った。周回数はそれぞれ19周。やはりウェイトハンディを下ろしたチームのマシンは速く、とりわけFIA-GT3クラスのマシンはレギュレーション上エンジンのパワーを出しやすく、圧倒的なタイムを記録する。


#16 MUGEN CR-Z GTは、本来の性能を発揮して公式練習セッションを走り終えた。この間決勝レースに向けた各部の確認、調整が行われた。ベストタイムは、武藤選手が記録した1分52秒460。中嶋選手のベストタイムは1分52秒782であった。


■公式予選 9位(Q1:11位、Q2:9位、Q3:9位)

公式予選に向けて、1周ですべての充電を使い切る予選用セッティングが施された。公式予選は全マシンが参加するQ1と、Q1の上位16台のみが出走できるQ2、Q2の上位10台のみが出走できるQ3を経てスターティンググリッドが決まるノックアウト方式で行われた。規則により2セッション連続で同一選手が走行することはできない。


いつものようにQ1は武藤選手が担当、コースインして2周かけてタイヤを暖めると、公式練習で記録したタイムを上回る1分51秒360を記録しピットへ戻った。このタイムはセッション終了時点でクラス11位にあたりQ2への進出を決めた。


Q2は中嶋選手が担当した。秋深まるツインリンクもてぎでは、日射が陰ると路面温度が急激に低下する。中嶋選手は先頭でコースインすると2周かけてタイヤを暖めタイムアタックにかかった。タイムは武藤選手がQ1で記録したタイムを上回る1分50秒934。セッション後半ライバル車がタイムを縮めていったが中嶋のタイムはセッション終了時点でQ3進出が許される10車中9位であり、第6戦以来のQ3進出が決まった。


武藤選手はQ3でこの週末のベストタイムである1分50秒629を記録した。この結果、#16 MUGEN CR-Z GTは9番手から決勝スタートを迎えることになった。


(無限プレスリリース)