武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

RACE

Select Year :

» SUPER GT GT300 CLASS TOP

Round1 岡山国際サーキット予選Result : 20

2013年4月6日(sat)    天候 : 雨 / 気温 : 14℃

シリーズ名:2013 AUTOBACS SUPER GT SERIES ROUND 1
大会名:OKAYAMA GT 300km RACE
距離:43.703km×82 周(303.646km)
予選:4 月6 日(土) 雨・観衆:8,000 人(主催者発表)


■公式予選20位(Q1:20位、Q2:-)
今年から公式予選の形式が変更され、全マシンが参加するQ1と、Q1の上位13台の
みが出走できるQ2でスターティンググリッドを決定する2段階制ノックアウト方式とな
った。決勝のスターティンググリッドは、Q2に進出した上位13台についてはQ2のタ
イム順、それ以降はQ1のタイム順で決まる。Q1とQ2は別のドライバーが走行しなけ
ればならず、タイヤはQ1で1セット、Q2でさらに1セットが使用できる。
チームはQ1に中山選手、Q2に武藤選手という組み合わせで公式予選に臨んだ。天候
はますます悪化、10分遅れでセッションが始まった。中山選手は出走車両の最後尾近く
でコースイン、水しぶきをあげながらタイムアタックに向けてタイヤを暖めにかかった。
しかしタイムアタックに入る前に他車がコースオフしたためセッションは赤旗中断、一旦
ピットに戻った。
セッションが再開され、コースインした中山選手は2周にわたってタイヤを暖め、3周
目に1分54秒030を記録した。しかし残り3分の段階で再び赤旗が掲示され、セッシ
ョンは中断。残り3分でセッションは再開されたが、各車タイムアタックに入る前に三度
赤旗中断となり、そこで公式予選は打ち切られた。この時点で中山選手のタイムは20番
手で、Q2進出はならずそのままスターティンググリッドが決定した。
(無限 プレスリリースより)