Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

RACE

Select Year :

» SUPER GT GT300 CLASS TOP

Round2 富士スピードウェイ予選Result : 2位

2013年4月29日(sun)    天候 : 晴れ / 気温 : 17℃

シリーズ名:2013 AUTOBACS SUPER GT SERIES ROUND 2
大会名:FUJI GT 500km RACE
距離:4.563km×110周(501.93km)
予選:4月28日(日)晴れ ・観衆: 31,600人(主催者発表)
決勝:4月29日(祝・月)晴れ・観衆:48,50人(主催者発表)


#16MUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中山友貴組)は、4月28日~29日に富士スピードウェイ(静岡県)で開催されたSUPER GTシリーズ第2戦に参戦した。

今回のレースは走行距離500km、周回数110周で行われる。通常300kmで開催されるシリーズ戦の中では鈴鹿1000kmに次ぐ長丁場である。ストレートの長い高速サーキットである富士スピードウェイに向け、フロントフェンダー上縁のアタッチメントほかリヤタイヤ後のボディ外板など、ダウンフォースを維持しながら空気抵抗を減らすための空力パーツを新たに用意した。

また、前回のレースではタイヤがコンディションとマッチしなかったので、それを踏まえて富士スピードウェイのコンディションを熟慮し、持ち込みタイヤを選択した。


公式練習 2位(ベストタイム:1分38秒999)

ゴールデンウィークの富士スピードウェイは好天に恵まれた。日曜日午前の公式練習セッションでは、#16MUGEN CR-Z GT のコックピットにまず武藤選手が乗り込み、順調にタイムを短縮、マシンの状態を確認しながら19周を走行、2番手に相当する1分39秒079を記録して帰還した。

セッション後半は中山選手がステアリングを握り、長距離にわたる決勝レースを想定したロングランを行い、連続走行におけるマシンのバランスを確認した。中山選手は26周を走行し、セッション終了間際に1分38秒999を記録した。このタイムは公式練習2時間を通し2番手に相当する。


公式予選 2位(Q1:12位、Q2:2位)

スターティンググリッドは、全マシンが参加するQ1と、Q1の上位13台のみが出走できるQ2の、2段階制ノックアウト方式で決まる。

チームはQ1に中山選手、Q2に武藤選手という組み合わせで公式予選に臨んだ。セッションはそれぞれ15分/12分間だが、タイヤの摩耗とハイブリッドシステムの運用を考慮すると事実上タイムアタックは1周のみしか許されない。

中山選手がタイヤを暖めタイムアタックに入ったところ、ストレートエンドでピットアウトしてきた他車と第1コーナー進入のタイミングが重なってしまい、レコードラインを外れることになった。ハイブリッドシステムは、予選タイムアタックでは、あらかじめ充電した電気を1周で使い切るという運用をするため、中山選手はそのままアタックを継続、1分39秒644を記録した。

不本意なタイムアタックながら結局このタイムはQ1の12番手となり、#16MUGEN CR-Z GTは上位13台に食い込み、Q2進出を果たした。Q2のタイムアタックは武藤選手が担当した。武藤選手は最初のタイムアタックでコースをはみ出したものの1分38秒114を記録してトップに立った。武藤選手はコースのはみ出しを違反と判定されてタイム抹消となる可能性も考慮し、敢えて次の周もタイムアタックを続けた。その結果、前周のタイムを更新する1分37秒899を記録した。その後、1台のマシンがこのタイムを上回ったが、#16MUGEN CR-Z GTは予選2番手、フロントローを獲得した。