武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

RACE

Select Year :

» SUPER FORMULA TOP

Round2 オートポリス決勝Result : リタイア

2013年6月2日(sun)    天候 : 雨/曇り / 気温 : 14℃

巨大噴火によって形成された美しいカルデラで有名な阿蘇の山々に囲まれたオートポリス。昨日以来降り続いた雨は早朝にかけて霧雨へと変化。昨日中止となった予選は、ウェットコンデション下で行われた。開始早々にコースインした武藤選手は、昨日のセットアップを確認し、好感触を得た。
武藤選手は、タイヤ温度をコントロールしながら、ラスト3分でアタックに入ったが、ガス欠症状が発生してしまい13位、不完全燃焼で予選を終えた。
午後になっても霧雨は続き、路面も濡れた状態。ただし路面状況は好転することが予想され、各チームスリックタイヤかウエットタイヤかギリギリ判断を保留したが、デュバル選手を除く全車がレインタイヤを選択した。スタートの動き出しよく、武藤選手は2ポジションアップでオープニングラップを周回、路面状況を見ながらピットインのタイミングを探る。5周目ごろから路面状況は急速に好転、デュバル選手のペースから判断し、チームは7周目に武藤選手をピットに呼びミスなくコーへ戻した。武藤選手は淡々とベストラップを更新しながら武藤選手は淡々とベストラップを更新しながら武藤選手は淡々とベストラップを更新しながら武藤選手は淡々とベストラップを更新しながらポイント獲得まであと一歩の9位まで順位を上げた38周目、15コーナで痛恨のミス、単独スピンによりレースを終えることとなった。
武藤コメント
予選では手ごたえを感じながらも、十分に天候と路面の変化に的確に対応できず、決勝ではポイント圏内が見えながらもミスによりレースを終えることになりました。次戦富士はテストも行っており、チームと一緒に確実にプランを組み立て、悔いないレースをします。
(dandelion-racingより)