武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

RACE

Select Year :

» SUPER GT GT300 CLASS TOP

Round3 セパンサーキット予選Result : 2位

2013年6月15日(sat)    天候 : 晴れ / 気温 : 32℃

スターティンググリッドは、全マシンが参加するQ1と、Q1の上位13台のみが出走できるQ2の、2段階制ノックアウト方式で決まる。

 チームはQ1に中山選手、Q2に武藤選手という組み合わせで公式予選に臨んだ。セッションは通常のそれぞれ15分間ではなく、Q1が15分、Q2が12分というタイムテーブルで行われた。16時30分、Q1セッション開始時点の気温は摂氏32度、湿度は50%と公式練習から変化はないが、太陽が薄い雲で陰ったためか、路面温度は摂氏5度近く低下し、タイムアタックの条件は好転した。

 中山選手は先頭でコースイン、2ラップをかけてタイヤを暖めると3周目にアタックし、2分04秒229を記録してクラス首位に立った。公式練習よりも2秒5速い好タイムである。その後1周してピットイン。#55 ARTA CR-Z GTが中山選手のタイムを上回ったため、#16 MUGEN CR-Z GTは、2番手でQ1を通過した。

 武藤選手も、Q2セッションが始まると先頭でコースイン、2周かけてタイヤを暖め、タイムアタックを行った。記録は2分03秒795。これで#16 MUGEN CR-Z GTは首位に立ったが、Q1同様、#55 ARTA CR-Z GTがそのタイムを上回ったため、順位は2番手へ後退した。

 武藤選手は走行を続け1周を置いて2周目に再びタイムアタック、タイムを2分03秒374と短縮するが首位には届かず、Q2セッションは終了し、#16 MUGEN CR-Z GTは予選2番手、フロントローを獲得した。

(無限 プレスリリースより)