武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

HIDEKI'S BLOG

blog archives

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • SUPER GT Rd.5 鈴鹿 決勝

    2013/08/20

    長い長い1000?レース、無事に完走しました。
     
     
    今回は、レース直前に決定した突然の性能調整で、今までのデータが使えない+貴重な練習走行でのトラブル発生で、決勝へ向けてのセットアップが思うように進められず苦しんでいました。
     
    そんな中でもレース前最後の8分間走行で、チームが何とかマシンを仕上げてくれました。正直、完璧ではなかったけどギリギリ間に合ったという安堵の気持ちで皆がスタートライン並んでいました。
    1376964922858_2.jpg

     
    スタートしてすぐに後続車に捕まってしまい、ストレートスピードが伸びない僕らのマシンはみるみる後退してしまいます。
     
    1376964957015_2.jpg
     
    待って待って自然と順位は上がっていき一時は2番手まで浮上していました。
    最後は、回りもピットストップ時間が短かったので、順位はおちましたが、無事に 6位でチェッカーを受けました。
     
    チェッカー後に他車の失格があり、結果5位。

     
    チャンピオンシップを考えると貴重な貴重なポイントが舞い込んできました。
     
    焦らずに待ちのレースができたこと、やはりチーム無限はシリーズの戦い方を知っているなと改めて感じました。
     
     
    まだまだシーズンは続きます。
     
    気を引き閉めて頑張ります!!
     
    1376965566031_2.jpg