Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

HIDEKI'S BLOG

blog archives

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • SGT Rd.2 FSW

    2016/05/06
    image1.JPG image2.JPG image3.JPG

    今回の15号車は、今まで試したことのないセットアップをいきなりレースウィークに持ち込むという、攻めの姿勢で臨んだ一戦でした。
    その攻めの姿勢は功を制し走り始めからマシンのバランスは良く(現状では)、予選もQ1を突破して6位で終える事ができました。これは、今持っているポテンシャルを全て引き出せたチームの頑張りによる結果だと思っています。

    そんな皆の頑張りを感じているからこそ、決勝は、何としてもポイントを持ち帰りたかった。

    去年までお世話になった、1番当たりたくない相手、リアルレーシングの広大と接触してレースを終えるなんて。広大は、凄く速くて尊敬しているドライバー。だからバックミラーに広大が映ってからは絶対にフェアに戦うと誓っていた。

    リアルレーシングがどれだけ頑張ってレースに打ち込んでいるかも分かるし、チームドラゴがどれだけ頑張っているかも分かる。

    それだけに心が痛すぎで、何がどうなったのかパニックに陥りました。

    レーシングアクシデントと言ってしまえばそれまでですが、自分にももっとやれる事はあったと思うし、絶対にあってはいけない事だと痛感しています。

    17号車を応援してくれているファンの皆さん、15号車のファンの皆さん、HONDAファンの皆さんに対して本当に申し訳ない事をしたと思っています。

    次戦の菅生で必ずリベンジしますので、また応援して下さい。

    もっと力を付けて次戦に臨みます。