武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round06 テキサス決勝結果Result : 21位

2009年6月6日(sat)    天候 : 晴れ / 気温 : 29〜32℃

第6戦決勝は全長1.455マイルのテキサス・モーター・スピードウェイでナイトレースとして開催され、今年のインディ500ウイナーであるエリオ・カストロネベス(Team Penske)が今季2勝目、キャリア16勝目を飾った。<br/>
決勝日、サーキットにはエキサイティングなインディカーのバトルを目撃しようと大勢のファンが集まった。空が暗くなっていく中、228周のレースにグリーンフラッグは振り下ろされた。スタート時の気温はまだ32℃と高いままだったが、風が吹き、レース観戦と夕涼みを同時に楽しむのにぴったりのコンディションとなっていった。1周の平均スピードが時速340km以上にもなったレースは、終始、予選2番手だったライアン・ブリスコー(Team Penske)が独走。しかし終盤、土壇場でチームメートのエリオ・カストロネベスが最後のピットストップで逆転し、トップに躍り出た。カストロネベスは、先頭に立つやさらにスピードアップし、チームメートを振りきった。ブリスコーは0.3904秒差で2位となり、Team Penskeが今季初の1-2フィニッシュを達成した。3位はスコット・ディクソン(Target Chip Ganassi Racing)で、マルコ・アンドレッティ(Andretti Green Racing)が最終ラップにダリオ・フランキッティ(Target Chip Ganassi Racing)をパスして4位でゴールした。ダニカ・パトリック(Andretti Green Racing)は5戦連続のトップ5入りは惜しくも逃したが、6位となり、今回も上位でのフィニッシュを果たした。<br/>
武藤英紀(Andretti Green Racing)は11番グリッドからスタート。アクシデントを起こしそうになったマシンを避けたことで、スタート時に13位まで順位を下げたが、2回目のピットストップを終えるまでに着々とポジションアップ。9位まで大きくポジションを上げてレース終盤を迎えていた。ところが、3回目のピットのタイミングでギアチェンジを行う電気系統にトラブルが発生し、今季2回目のリタイアを喫した。<br/>
2009年のインディカー・シリーズは全17戦で争われているが、シーズン序盤の6戦を終えた時点でのポイントリーダーは、優勝1回、2位2回のブリスコーとなっている。3点差のランキング2位はディクソンで、さらに8点差の3位がフランキッティ。カストロネベスは今回の優勝によってトップと13点差の4位へ浮上し、パトリックはひとつ順位を下げたが、ランキング5位につけている。

photo_races_09_r6第6戦決勝は全長1.455マイルのテキサス・モーター・スピードウェイでナイトレースとして開催され、今年のインディ500ウイナーであるエリオ・カストロネベス(Team Penske)が今季2勝目、キャリア16勝目を飾った。

決勝日、サーキットにはエキサイティングなインディカーのバトルを目撃しようと大勢のファンが集まった。空が暗くなっていく中、228周のレースにグリーンフラッグは振り下ろされた。スタート時の気温はまだ32℃と高いままだったが、風が吹き、レース観戦と夕涼みを同時に楽しむのにぴったりのコンディションとなっていった。1周の平均スピードが時速340km以上にもなったレースは、終始、予選2番手だったライアン・ブリスコー(Team Penske)が独走。しかし終盤、土壇場でチームメートのエリオ・カストロネベスが最後のピットストップで逆転し、トップに躍り出た。カストロネベスは、先頭に立つやさらにスピードアップし、チームメートを振りきった。ブリスコーは0.3904秒差で2位となり、Team Penskeが今季初の1-2フィニッシュを達成した。3位はスコット・ディクソン(Target Chip Ganassi Racing)で、マルコ・アンドレッティ(Andretti Green Racing)が最終ラップにダリオ・フランキッティ(Target Chip Ganassi Racing)をパスして4位でゴールした。ダニカ・パトリック(Andretti Green Racing)は5戦連続のトップ5入りは惜しくも逃したが、6位となり、今回も上位でのフィニッシュを果たした。

武藤英紀(Andretti Green Racing)は11番グリッドからスタート。アクシデントを起こしそうになったマシンを避けたことで、スタート時に13位まで順位を下げたが、2回目のピットストップを終えるまでに着々とポジションアップ。9位まで大きくポジションを上げてレース終盤を迎えていた。ところが、3回目のピットのタイミングでギアチェンジを行う電気系統にトラブルが発生し、今季2回目のリタイアを喫した。

2009年のインディカー・シリーズは全17戦で争われているが、シーズン序盤の6戦を終えた時点でのポイントリーダーは、優勝1回、2位2回のブリスコーとなっている。3点差のランキング2位はディクソンで、さらに8点差の3位がフランキッティ。カストロネベスは今回の優勝によってトップと13点差の4位へ浮上し、パトリックはひとつ順位を下げたが、ランキング5位につけている。



武藤英紀 決勝後コメント

ユーズドタイヤ装着だった序盤は苦しい走行でしたが、タイヤを替えてから9位までポジションを上げることができました。しかし、3回目のピット作業を終えてコースに戻る時、ギアをセレクトする電気系統にトラブルが出て、1速から動かせなくなってしまいました。リタイアとはなりましたが、3回目のピットストップはとても速かった。2戦続けてミスがありましたが、その問題点をなくすようチームは努力し、ピットストップを向上させてきました。