武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round10 トロント決勝結果Result : 12位

2009年7月12日(sun)    天候 : 快晴 / 気温 : 21〜23℃

2007年までチャンプカー・ワールドシリーズの一戦として、カナダ最大の都市トロントのレースは大きな人気を博してきた。08年のシーズン開幕直前にインディカー・シリーズとチャンプカー・シリーズの統一がなされたために、昨年はトロントでのレースは行われなかったが、今季から再び開催される運びとなった。3日間のイベントは、ダウンタウンのすぐ南側に設定されたストリートコースで、今年も多くの観客を集める盛大なものとなった。

予選22位で最後列グリッドからのスタートだった武藤英紀(Andretti Green Racing)は、1回目のフルコースコーションでピットインしない作戦が功を奏し11位まで順位を上げたが、グリップが決定的に不足しているマシンであったため、アクシデントを起こさずに走り続けるのがやっとという状態。それでも武藤はミスなく走り続け、12位でゴールした。


武藤英紀 決勝後コメント

昨日までとは大きく違うセッティングを朝のウオームアップで試し、昨日よりはハンドリングがよくなっていることを確認できました。マシンが跳ねていた部分での挙動も安定し、縁石に乗ることもできるようになっていました。しかし、そこからさらにセッティングを進めたところ、決勝でのマシンはとんでもなくグリップしないマシンになっていました。毎ラップ、同じラインを走れないぐらいの状態で、昨年からインディカーで戦って来た中で、最もグリップしないマシンでした。