武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round11 エドモントン決勝結果Result : 14位

2009年7月26日(sun)    天候 : 晴れ / 気温 : 24〜26℃

今シーズン5戦目となるロードレースは、エドモントン市街の空港を使った全長1.973マイルの仮設サーキットで開催された。快晴に恵まれ、過ごしやすいコンディションで行われたレースには23台のインディカーが出場。多くの高速コーナーと高いグリップ、それに加えてバンピーな路面は、ドライバーたちの体力を消耗させたが、満員のグランドスタンドの前で繰り広げられた95周にわたる高速バトルはクリーンに戦われた。

コース幅が広く、ランオフエリアも広いコースとあって、決勝ではフルコースコーションがファイナルラップの1周だけしか出されなかった。これはインディカー・シリーズにおける新記録である。

予選で1、2、3位を独占したTeam Penskeは、決勝では、予選3位だったエリオ・カストロネベスが2位でゴールし、今シーズン2回目の1-2フィニッシュを記録した。カストロネベスは2回目のピットストップでスコット・ディクソン(Target Chip GanassiRacing)に先行を許したが、周回遅れにつまったディクソンの一瞬の隙を逃さずにオーバーテイクした。昨年度ウイナーのディクソンは3位でフィニッシュし、わずか3点の差ながらポイントリーダーの座へと返り咲いた。予選2位だったライアン・ブリスコー(Team Penske)は、レース終盤にハンドリングが悪化してペースダウンし、2位から4位まで順位を下げてゴール。ポイントリーダーとしてエドモントン入りしたダリオ・フランキッティ(Target Chip Ganassi Racing)が5位。そして、カナダの人気ドライバーであるポール・トレイシー(KV Racing Technology)がスタート直後にチームメートとの接触などもありながらも、第10戦トロントの時と同様にファンの歓声を浴びる活躍を見せ、予選順位から3つのポジションをアップさせる6位でゴールした。

武藤英紀(Andretti Green Racing)は、12番グリッドからスタートし、レース序盤はポジションを守っていたが、1回目のピットストップで16位まで順位を下げた。それでも武藤は粘り強く走り続け、14位でゴールした。


武藤英紀 決勝後コメント

予選までセッティングが決まっていなかったので、決勝日のウオームアップで新しいセッティングを試し、決勝でもさらに違うセッティングをトライしました。しかし、プライマリータイヤで走ったレース序盤は、グリップの低さから苦しい戦いになりました。1回目のピットストップで新品のオプショナルを装着したところ、今日はオプショナルタイヤの方がコンディションに合っていると感じたので、レース終盤も、使い古しのオプショナルタイヤで走りました。