Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round15 シカゴランド予選結果Result : 13位

2009年8月28日(fri)    天候 : 曇り / 気温 : 22℃

2009年シーズンも残すところ3戦となったIRLインディカー・シリーズは、8月28日 イリノイ州シカゴ郊外のジョリエットにある全長1.52マイルのオーバル、シカゴランド・スピードウェイで第15戦の予選を開催した。

灰色の雲が空に覆い被さり今にも雨が降り出してきそうだったが、予選は午後2時前にスタートした。10台が走ったところで小雨のために一旦予選は中断されたが、幸いにも雨がそこから強くなることはなく予選は再開された。そして、時折日差しが雲の間から差し込む中、エントリーしている23台全員が予選アタックを完了して決勝のスターティンググリッドが決定した。

インディカー・シリーズのオーバルコースでの予選は、1台ずつが4周連続で走り、その合計タイムを競うタイムトライアル方式だ。

第14戦、第15戦のロードレース連戦で連続して5位フィニッシュを記録した武藤英紀(Andretti Green Racing)は、その勢いを保ってシカゴランドでも予選上位を目指していた。しかし、プラクティスの段階からマシンが本調子ではなく、予選順位は13位となった。武藤は走る距離を短くしてタイムを稼ごうと、予選の4周すべてでコース内側の白線ギリギリを走った。しかし武藤は、ハンドリングが良好でありながらも、スピードが伸びないマシンセッティングに悩まされた。


武藤英紀 予選後コメント

マシンの仕上がり自体はよくハンドリングには手応えを感じていますが、スピードが遅いという状態です。予選に向けてはダウンフォースを削ることでスピードを稼ごうと、チームメートよりダウンフォースを小さくしましたが、それでもスピードは伸びなかった。予選アタックではコースのイン側ギリギリを走ってみました。自分としてはもう少しアウト側を走りたかったのですが、我々のマシンがどういう部分で悪いのかを見つけようという考えもあってのことです。スピードが伸びない原因はまだ分かっていませんが、レースをあきらめたわけではないので、集団走行の中でもコンスタントに走れるマシンを作って決勝に臨みたいと思います。