Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

R04.カンザス決勝結果Result : 6位

DATE : 2008年4月27日

ph_r4スタート直後のターン2でエンリケ・ベルノルディが壁にヒット。いきなりイエローとなる。さらに23周目にはウィル・パワーが同じ2ターンでアクシデントを起こして再びイエローとなる。この時点で武藤は14位。

レースはピットインによる数回のトップ交代はあるものの、基本的にスコット・ディクソンがリードし、それをチームメートのダン・ウェルドンが追走する展開となった。150周前後でトニー・カナーンが3位にあがり、虎視眈々とトップを狙っている。武藤も150周時点でトップと同一周回の9位とトップテン圏内に入り、さらに上位進出を狙っている。

レースも4分の3をすぎた153週目に、アーネスト・ビソと接触したバディ・ライスのクラッシュによりイエローとなる。このチャンスに各チームは最後のピットインを慣行。大混乱となったピット作業をうまくこなした武藤は、一気に順位を上げる。

終盤、ライアン・ブリスコーに行く手を阻まれ、その最中にチームメートのマルコ・アンドレッティに先を越され、さらにピットインで順位を落とし、鬼神の勢いで順位を上げるスコット・ディクソンに先行を許してしまう。<br/>しかしファイナルラップで、ついにライアン・ブリスコーをパス。最終的に6位に入った。

優勝は最後のピットインをうまくこなしたダン・ウェルドン、2位には武藤のチームメートのトニー・カナーンが入り、3位に追い上げたスコット・ディクソンが食い込んだ。

マルコ・アンドレッティは5位、ダニカ・パトリックは156週目にピットインした段階でマシントラブルが発生しリタイアとなった。