武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round02 セント・ピーターズバーグ決勝結果Result : 14

2010年3月29日(mon)    天候 : 曇り後晴れ / 気温 : 18~21℃

2010年インディカー・シリーズの第2戦、Hondaグランプリ・オブ・セント・ピーターズバーグは、3月28日の午後に決勝レースのスタートが切られる予定だった。しかし、午後からの強い雷雨により、ファンの安全確保のためにレースは翌日へと延期された。

雨雲は月曜日の朝方までフロリダ半島の東側に居残り続けたが、ほぼ予定通りの午前10時半前、24台のインディカーの頭上にグリーンフラッグは振り下ろされた。

小さな美しいリゾート地のダウンタウンにレイアウトされた全長1.8マイルのストリートコースは、町の南側に位置するヨット・ハーバーの横を駆け抜け、空港の滑走路も利用するもの。低速から高速までバラエティに富む14個のコーナーが配され、抜きつ抜かれつの激しいバトルの舞台となる。

100周で争われたレースにおいて出場24台の作戦は、序盤のフルコース・コーションで早めにピットインするものと、燃料がなくなるギリギリまで走り続ける2パターンに分かれたが、最終的には1つの作戦に集約された。65周目に出されたフルコース・コーション中にほぼ全車がピットインし、残り35周をフルスロットルで戦い抜くというレース展開になったのである。

72周目にトップに躍り出たのは、予選9番手からスタートしたE.J.ヴィソ(KV Racing Technology)だった。ところがその次周、彼は不運にもギアボックスにトラブルが出てスローダウン。トップの座はポールポジションからスタートしたウィル・パワー(Team Penske)の手に戻った。彼は2位に浮上してきたジャスティン・ウィルソン(Dreyer & Reinbold Racing)から執拗なプレッシャーをかけられながらもミスなくゴールまで走りきり、開幕2連勝を飾った。3位には19番グリッドからスタートしたライアン・ブリスコー(Team Penske)が食い込み、4位はエリオ・カストロネベス(Team Penske)のものとなった。

武藤英紀(Newman/Haas/Lanigan Racing)は、フルコース・コーションでのピットインをできるだけ遅らせる作戦が的中し、レース中盤に2位までポジションを上げた。しかし、最後となるはずだったピットストップでクラッチにトラブルが発生。エンジンをストールさせて18位まで大きく後退。そこから4つのポジションアップを果たし、14位でゴールした。


武藤英紀 コメント

クラッチがなくなっていたためにピットストップで大きくポジションを落としてしまい、今日のレースは終わってしまった感じでした。実は、今週末にクラッチのトラブルは何度か出ていました。今日はレース中盤に上位を走りました。序盤は我慢の走行を続け、チームの作戦もよく2位へと上がることができました。その後のピットストップで大きくポジションを落とさなければ、そのまま上位でフィニッシュできていたレース内容でしたから、チームも自らのパフォーマンスに好感触を得ています。もちろん、もっと細かい部分までマシンをよくする必要はあります。今回の場合でいえば、ソフトのオルタネートタイヤでの走りが、ハードのプライマリータイヤと比べて苦しいものになっていました。