Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round04 ロングビーチ予選結果Result : 11

2010年4月17日(sat)    天候 : 晴れ / 気温 : 23~25℃

2010年4月17日(土)
予選
会場:ストリート・オブ・ロングビーチ(全長1.968マイル)
開催地:カリフォルニア州ロングビーチ
天候:晴れ
気温:23~25℃

今シーズンのインディカー・シリーズは開幕から4戦連続でロードコースのレースとなるが、その締めくくりが伝統あるストリートイベント、ロングビーチ・グランプリである。F5000で始まり、F1グランプリとしても開催されたレースは今年で36回目となり、現在でも非常に人気が高い。海辺のダウンタウンに設定されるサーキットには金曜日から多くのファンが押し寄せた。

予選は南カリフォルニアらしいすがすがしい青空の下で開催された。気温や湿度が上がり過ぎることもなく、まさにサーキット日和と呼べるコンディションでの予選となった。

インディカーのロードレースでの予選は3段階で行われる。ファイナルへと進んだ6人に、10分間のポールポジション争いに加わる権利を与えられるのだ。ソフトタイヤとハードタイヤ、2種類のタイヤを使用しての戦いは1分9秒3185秒=平均時速102.206マイルのベストタイムをファイナルステージで記録したウィル・パワー(Team Penske)が制し、3戦連続のポールポジション獲得を決めた。キャリア5回目、ロングビーチでは2年連続のポールである。パワーの走りはすさまじく、2位に0.4321秒と、第3戦アラバマに続き、またも決定的な差をつけた。

武藤英紀(Newman/Haas/Lanigan Racing)は予選の第2ステージに進み、今シーズンの自己ベストとなる11番グリッドを確保した。予選の第1ステージは2グループに分かれて行われ、各6人が勝ち上がるシステムだが、どちらの組に入るかはくじ引きで決定する。今回、武藤が入っていたグループ2は明らかに競争がより厳しい組であった。3回のプラクティス総合で1、3、4、5番手につけたドライバーが一緒だったのだ。しかし、武藤はその中で5番手につけるタイムをマークし、第2戦セント・ピーターズバーグに続いて2回目の第2ステージ進出を果たした。


武藤英紀コメント

オーバーステアが強いセッティングでドライビングは大変でしたが、マシンにはスピードがあったと思います。前回のレースでアタックする前にフルコース・コーションが出たので、今回は第1ステージの最初からソフトタイヤでいきました。ソフト、ソフトと続けて投入しましたが、最初の1セットはハードでよかったのかもしれません。あそこでソフトを1セット温存できていれば、第2ステージで1セットしかソフトを使わずに済み、ファイナルの6台に入れていました。今回は2戦続けての第1ステージ敗退をチームとしても避けたかったので、仕方のない作戦だったとは思います。明日の決勝に向けてはマシンのセッティングを変更して、乗り易いものにするつもりです。