武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round04 ロングビーチ決勝結果Result : 13

2010年4月18日(sun)    天候 : 曇りのち晴れ / 気温 : 20~22℃

開催地:カリフォルニア州ロングビーチ
会場:ストリート・オブ・ロングビーチ(全長1.968マイル)
天候:曇りのち晴れ
気温:20~22℃

ロングビーチ・グランプリはアメリカ中に名の知れわたったビッグイベントである。海沿いの公道を封鎖して行われるストリートレースは今年で36回目の開催と歴史も長く、ドライバーたちが一度は勝ちたいと考えるレースのひとつとなっている。

今年のロングビーチはレースウイークエンドを通してすばらしい天候に恵まれた。穏やかな海からの風が吹き寄せる最高のコンディションの下、大観衆を前に25台のインディカーがV8エンジンを轟かせてローリングスタートを切った。

3戦連続のポールポジションからスタートしたウィル・パワー(Team Penske)は快調にトップを走っていたが、18周目に突如失速し、今季3勝目をあきらめることとなった。タイトなヘアピンコーナーとなっている最終ターンからの立ち上がりでギアが1速から数秒間動かなくなったのだ。彼の横を予選2番手のライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)と予選3番手のジャスティン・ウィルソン(Dreyer & Reinbold Racing)がすり抜けていった。

ハンターレイはトップに立つと、1つのミスも犯さずにゴールまで走りきり、今季初優勝を飾った。この勝利は2008年のワトキンスグレン以来となるキャリア2勝目である。Andretti Green RacingからAndretti Autosportへと体制変更を行ったチームは4戦目にして初めて勝利を手にした。

ウィルソンは周回遅れとの接触でフロントウイングを破損したが、ピットで新しいノーズをつけるとハイペースでの走りを続けて2位でゴールした。パワーは3位で今季3度目の表彰台に上った。

武藤英紀(Newman/Haas/Lanigan Racing)は11番グリッドからのスタートだったが、2つポジションを落として13位でゴールした。スタートから装着したソフトコンパウンドのタイヤでハンドリングが悪く、2つポジションダウン。ハードタイヤを装着してからは奮闘を続けたが、ライバル勢をオーバーテイクしてポジションをばん回するまでには至らなかった。今週のロングビーチでは、相手が明らかなミスを犯さない限りオーバーテイクは難しかった。

次の第5戦カンザスからは、インディ500、テキサス、アイオワとオーバルでのレースが4戦続けて開催される。


武藤英紀コメント

ソフトコンパウンドのレッドタイヤで走ったレース序盤が厳しかったです。速いペースを保ち続けられず、苦しい展開になっていました。ハードコンパウンドのタイヤでは決して悪くないラップタイムを刻めていましたが、我々のチームはロードコース用のセッティングをもう一段レベルアップする必要があると感じました。次のレースからはオーバルになりますが、またロードコースを走る時がくるまでにセッティングのいい方向性を見つけなければなりません。今日はフルコースコーションも序盤から中盤に出なかったため、他のチームと違う作戦を採用してポジションを上げるということもできないレースになっていました。