武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round05 カンザス決勝結果Result : 23

2010年5月1日(sat)    天候 : 曇りのち晴れ / 気温 : 18~20℃

2010年5月1日(土)
決勝
会場:カンザス・スピードウェイ
天候:曇りのち晴れ
気温:18~20℃

今シーズン初めてのオーバルレースで勝利を収めたのは、スコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)だった。予選2番手だった彼は1回目のピットストップを迎える前にトップに立つと、ライバル勢を一歩上回る速さを見せつけて200周のうちの167周をリード。悠々と今季初優勝のゴールを駆け抜けた。これにより、ディクソンはカンザス・スピードウェイでは2年連続優勝、そしてキャリア22勝目を飾った。2位でフィニッシュしたのは予選3番手だったダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)で、Chip Ganassi Racingは今シーズン初めての1-2フィニッシュを記録した。カンザス・スピードウェイでの彼らは07年から4年連続優勝と無敵を誇っている。

300マイルのレースは、曇り空の下でグリーンフラッグが振り下ろされた。ターン1方向から強く吹きつける風により、肌寒く感じるコンディションだった。27台のインディカーはクリーンなスタートを切り、時速210マイルでの高速バトルを繰り広げた。

ポールポジションからスタートしたライアン・ブリスコー(Team Penske)は、序盤こそトップを走ったもののピットアウト後の77周目に左フロントホイールが外れてしまうトラブルに見舞われ、11位まで大きく後退。激しく追い上げたものの、6位でのゴールが精一杯だった。ポイントリーダーのウィル・パワー(Team Penske)はカンザスでは苦戦。予選7番手から徐々に後退していき、トップから2周の周回遅れの12位でゴールした。

ディクソンの速さにはチームメートのフランキッティも歯が立たなかった。ゴールまで7周というところで切られた最後のリスタートでも、フランキッティはディクソンとの間に何台もの周回遅れを挟んでいたため、競るチャンスはなかった。ゴールでのディクソンとフランキッティの間には、実に3.0528秒という大きな差があった。

3位は最後のリスタート時点で4番手につけていたトニー・カナーン(Andretti Autosport)が、少年時代からのライバルであるエリオ・カストロネベス(Team Penske)をパスして手に入れた。

武藤英紀(Newman/Haas Racing)は、ダウンフォースを少なくするセッティングだったためにレース序盤は順位を落としたが、レースが安定してくるとスピードを上げ、ポジションを上げていった。レースの折り返し点を越えた後の122周目、フルコースコーション中にほぼ全車がピットストップを行うと、武藤のポジションは6位から4位へ上がった。その後、燃費のよかったカストロネベスが武藤の前へと出たため、武藤は5位につけて、表彰台を狙える位置でレース終盤を迎えた。

しかし、186周目のリスタートで武藤は佐藤琢磨(KV Racing Technology)と接触。2台はフロントストレートでクラッシュし、そろってリタイアとなった。それまでの佐藤は、初めてのオーバルレースとは思えない目覚しい走りを見せていた。スタート直後はタービュランスに戸惑い気味で17位までポジションダウンしたが、そこからはどんどんポジションを上げ、トップ5さえ狙える6位にまで浮上していた。アクシデントが起きたのは、武藤の前を走っていたルーキーのシモーナ・デ・シルベストロ(HVM Racing)が、武藤の側へとラインを寄せてきたからだった。武藤としては接触しないよう同じくアウトへラインを膨らませるしかなく、さらにアウト側にいた佐藤とぶつかってしまった。

2人の日本人ドライバーはカンザス・スピードウェイでともにすばらしい戦いぶりを見せていた。それだけにゴールまで20周を切ってからのアクシデントによるリタイアという残念な結果となった。


武藤英紀コメント
佐藤選手がアウト側にいましたが、イン側の周回遅れのオレンジ色のマシンが外側に膨らんできたために自分は行き場がなくなってしまい、佐藤選手とぶつかってしまいました。今日の我々はとてもいいレースを戦えていました。Ganassiの2台にはかないませんでしたが、終始、4、5番手を走り、カナーンやペンスキー勢と互角の戦いができ、トップグループで戦う力を持っていることを示すことができました。それだけにリタイアは本当に残念な結果です。残り14周でのリスタートで、自分としてはカナーンをパスすることは可能と考えていました。アクシデントという結果にはなりましたが、レースの内容はよかったので、次のインディ500に向けてチームの士気は大きく上がったと思います。