Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagFrench flagSpanish flag
Select Language

武藤英紀 | Hideki Mutoh Official Website

Round06 インディアナポリス ポールデイResult : 9

2010年5月22日(sat)    天候 : 晴れのち曇り / 気温 : 20~25℃

2010年5月22日(土)
ポールデイ
会場:インディアナポリス・モーター・スピードウェイ(全長2.5マイル)
開催地:インディアナ州インディアナポリス
気温:20~25℃
天候:晴れのち曇り


今年で94回目の開催を迎えるインディ500は、今年からの新ルールのもとで2段階の予選を行い、エリオ・カストロネベス(Team Penske)が4周の平均時速227.970マイルという驚くべきスピードを記録してポールポジションを獲得した。2001、02、09 年とインディ500ですでに3勝を挙げているカストロネベスは、伝統ある500マイルレースでの4度目のポールポジションを手に入れた。予選最速ドライバーには17万5000ドルの賞金が贈られた。

インディ500の予選は伝統的に2週末の合計4日間を使って行われてきたが、今年は1週末の2日で開催されることとなった。予選初日は午前11時にスタート。各ドライバーが4周連続のアタックを行い、夕方4時までの走行でトップから9位までのスピードをマークしたドライバーが予選の第2段階へと進んだ。

午後4時30分から午後6時までの1時間30分が予選の第2段階、最初にコースインしたのはカストロネベスで、彼は計測2周目に今年のインディでの最速となる平均時速228,213マイルをマーク。3ラップ目にも228マイル台を続けて叩き出したカストロネベスは、4周平均227.970マイルという見事な予選アタックを完成させ、結局この記録は最後まで誰にも打ち破られることはなかった。ウィル・パワー(Team Penske)が平均時速227.578マイルを出してチームメートに迫ったが、逆転はかなわずに2番手。3番手には07年ウイナーのダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)が平均時速226.990マイルで入り、4番手は時速226.554マイル平均を出したライアン・ブリスコー(Team Penske)のものとなった。フランキッティが意地を見せ、Team Penskeのフロントロー独占は阻まれた。


武藤英紀(Newman/Haas Racing)は、予選の第1段階で平均時速225.423マイルをマークし、目標通りに7番手で第2段階へと進んだ。武藤はフロントローかグリッド2列目へと食い込む6番手以上を目指して第2段階の予選を走ったが、マシンセッティングが4周続けてハイスピードを維持できるものとなっておらず、予選結果は08年と同じく9番手となった。



武藤英紀コメント

予選でトップ9に入るという1つ目の目標は達成できました。第2段階ではトップ6を目指し、スピードを追求したセットアップで走りましたが、1周、2周目はいいタイムが出せても、3周、4周目でどうしてもマシンが滑ってしまいラップタイムにつなげられませんでした。予選アタックはぎりぎりのところでマシンをコントロールします。今日は予選アタックを4回とそのための練習もやりましたから本当に疲れました。9番グリッドはアウト側ですから、スタート時の乱気流の影響を受けやすいイン側の7番グリッド、真ん中の8番グリッドよりもスタート位置としてはいいと私は考えています。明日は暑さの中での決勝用セッティングの仕上げをがんばります。